2DRPGの作り方24 ゲームオーバー処理とゲームクリア処理を実装する

Unity C# 2DRPGゲームの作り方 ~ドラクエ風レトロRPGを作ろう!~


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
5種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

前回の記事でボス戦を実装し、いよいよRPGゲームとして欠かせない要素の大部分が仕上がってきました。

前回の記事:

2DRPGの作り方23 ボス戦イベントを作成してシンボルエンカウントさせよう
前回の記事でダンジョンマップにアイテム取得用の宝箱イベントを置けるようになりました。 前回の記事: 今回の記事では、RPGのクライマックスを飾るボス戦を作ります。まずはボス戦イベントをダンジョンマップに追加していきます。 通常のラ...

ですが、まだゲーム完成まではもう少しやることが残っています。ゲームの流れを制御する部分ですね。今回の記事ではゲームの終着地点であるゲームオーバーとゲームクリア処理を実装していきます。


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

ゲームオーバーの実装

この講座ではゲームオーバーになるタイミングは戦闘シーンでHPが0になった時にします。

ゲームオーバーになったら、フィールドマップの指定した場所に自動的に移動し、残金が0になるようにします。

それではゲームオーバー処理を作成していきましょう。

「RPGSceneManager」コンポーネントを次のように修正してください。

コンパイルができましたら、シーンにある「RPGScene」の「RPGSceneManager」コンポーネントに次の設定を行ってください。

それでは実際に再生して動作を確認してください。次の画像のようになったらOKです。

ゲームクリアーの作成

次はゲームクリアーの処理を作っていきましょう!

この講座ではボスに勝った時にゲームクリアーとします。

「BossEvent」クラスを次のように修正してください。

続きを読む

このコンテンツはパスワードで保護されています。 コンテンツを読みたい方はUnity入門の森ショップ(https://unityforest.stores.jp/)で講座閲覧権を取得してね。

まとめ

今回の記事ではゲームオーバーとゲームクリアーを作成していきました。

今回の内容を簡単にまとめると以下のようになります。

  • 「RPGSceneManager」コンポーネントにリスポーン時の情報を追加
  • プレイヤーの体力が0になった時ゲームオーバーになるようにした
  • ボスを倒した時にゲームクリアーになるようにした

それでは次の記事に行ってみましょう!

2DRPGの作り方25 PlayerPrefsとjsonを用いてセーブ機能を実装する
前回の記事でゲームオーバーとゲームクリア処理を作成しました。 前回の記事: 今回の記事ではUnityのPlayerPrefsとjsonデータ構造を用いてセーブシステムを作成していきます。 また、宝箱とボスの配置状況も記録し、前回の...

UnityとC#で作る2DRPGゲームの作り方講座に戻る>>



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
5種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました