2DRPGの作り方21 Unityでランダムエンカウントによる敵戦闘を実装しよう

Unity C# 2DRPGゲームの作り方 ~ドラクエ風レトロRPGを作ろう!~


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
5種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

前回の記事では戦闘終了後の経験値獲得・レベルアップ処理を実装しました。

前回の記事:

2DRPGの作り方20 RPGの経験値とレベルアップの処理を実装する
前回の記事では敵AIの作成を行い、行動パターンを増やしました。 前回の記事: 今回の記事では戦闘終了後に経験値が入るようにし、レベルアップできるようにしていきます。 ロールプレイングゲームには欠かせないプレイヤーの成長システムを作...

今回の記事ではランダムエンカウントを実装していきます。

ランダムエンカウントとはマップを移動すると敵と遭遇し戦闘シーンに入る機能になります。

この講座ではフィールドマップとダンジョンマップの両方にランダムエンカウントを実装していきます。


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

ランダムエンカウントに必要なスクリプトを実装

それではまず、ランダムエンカウントに必要なスクリプトを作成していきます。

次の「RandomEncount.cs」というスクリプトを新しく作成してください。保存先はお好みでOKですが、記事ではAssets > Scriptsフォルダーに保存しています。

「RandomEncount.cs」の内容は次のようにしてください。

実装できたら、メニューのAssets > Create > Enemy > RandomEncountをクリックして、「FIeldMapEncounter」と「DungeonMapEncounter」を作成してください。

設定内容は次のようにしてください。中で「EncounterEnemies」クラスを使用しています。このクラスは新しく作成してください。内容はお好みでOKです。(敵の数を増やしたり、「EncounterEnemies」アセットを増やすときに使います。)

Mapコンポーネントに組み込む

ランダムエンカウントに必要なデータを用意したので次は「Map」コンポーネントに「RandomEncount」クラスを設定できるようにします。

次のように「Map」コンポーネントを修正してください。

続きを読む

このコンテンツはパスワードで保護されています。 コンテンツを読みたい方はUnity入門の森ショップ(https://unityforest.stores.jp/)で講座閲覧権を取得してね。

まとめ

今回の記事ではランダムエンカウントを実装してきました。

プレイヤーの移動に合わせて敵が出現するようになったので、大分RPGゲームぽくなってきたのではないでしょうか?

今回の内容を簡単にまとめると以下のようになります。

  • ランダムエンカウントで出現する敵のリストを表す「RandomEncount」クラスの実装
  • フィールドマップとダンジョンマップに「RandomEncount」クラスを設定できるようにした。
  • プレイヤーが移動したとき戦闘シーンに入るか判定する処理を追加。

それでは次の記事に行ってみましょう。

2DRPGの作り方22 Unityでアイテムが手に入る宝箱の作り方をマスターしよう
前回までで敵との戦闘に関わるシステムを全て作り終えました。 ランダムエンカウントで敵と戦うドラクエ風のRPGに欠かせない処理が出来上がりましたね。 前回の記事: 今回の記事では、RPGでプレイヤーに喜びを与えるアイテム(宝箱)をダ...

UnityとC#で作る2DRPGゲームの作り方講座に戻る>>

 



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
5種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました