3Dテトリスのフィールドと1マス分のブロックを作る

Unity C# 落ち物ゲームの作り方


Unityの本格ゲーム制作講座はこちら
【30日間の全額返金保証付き】

今回から6記事構成で3次元テトリスの方を実装していきます。

解説はやや簡易的。ソースコードをコピペしながら開発手順をなぞるだけであなたも3Dテトリスが作れるようになる講座です。

できあがるゲームはUnityroomに投稿したこちらのゲームと同じです。


【Unity入門の森の最新ゲーム開発講座もお届け】

プロジェクトの作成

まずプロジェクトを作成します。

テンプレートを3Dに選択してプロジェクト名を「3DTetris」にして作成してください。

また、デフォルトで作成されているシーンの名前は「TetrisScene」に変更してください。

3Dテトリスフィールドとなるグリッドの作成

プロジェクトが作成できたら、まずブロックを配置するためのグリッドを作成していきましょう!

テトリス1ブロックを表すマスプレハブの作成

まず1マスを表す「Mass」プレハブを作成します。

次の手順を行ってください。

  • メニューのGameObject > 3DObject > Cubeをクリックし箱のGameObjectを作成

作成したGameObjectはプレハブ化し、名前を「Mass」に設定してください。プレハブの保存先はお好みの場所でOKですが、記事ではAssetsフォルダーに保存しています。

プレハブを作成した後はシーンにあるGameObjectの方は削除してください。

グリッド用のコンポーネントを作成

次にグリッド作成用のコンポーネントを作成します。

「Grid.cs」という新しいスクリプトを作成してください。保存先はお好みでOKですが、記事ではAssetsフォルダーに保存しています。

「Grid.cs」の内容は次のものにしてください。

カメラ用のコンポーネントを作成

次にカメラ用のコンポーネントも作成します。

新しく「Camera.cs」というスクリプトを作成してください。保存先はお好みでOKですが、記事ではAssetsフォルダーの中に保存しています。

「Camera.cs」の内容は次のものにしています。

グリッド用のGameObjectをシーンに配置

コンポーネントができたので、次はシーンにグリッド用のGameObjectを配置していきましょう!

次のGameObjectを作成してください。

  • Tetris : 空のGameObject
  • – Grid : 空のGameObject

作成したGameObjectには次の設定を行ってください。

また、シーンにある「Main Camera」にも次の設定を行ってください。

配置して設定までできたら、実際に再生して動作を確認してください。

次の画像のようにGridコンポーネントのに設定したものに合わせたグリッドが生成されていればOKです。

ちなみに、デフォルトのままだとマスGameObjectは非表示になっているので、「Grid」コンポーネントの次の箇所を変更しています。

確認用なので、確認が終わったら元の設定に戻してください。

指定したグリッドのサイズ分マスGameObjectが生成されていればOKです。

上の画像では全てのマスが表示されるので適当なマスを非表示にして確認するのもいいでしょう。

↑の結果は、

こんな風にすれば作れますね。他にもいろんな形が作れます。

また、実際には全てのマスが非表示な状態が正しいものなので、確認後は必ず元に戻してください。

まとめ

今回の記事では画像の取り込みとその設定について解説していきました。

まとめると以下のようになります。

  • 1マス用のプレハブの作成
  • グリッド管理用のコンポーネントの作成
  • シーンにグリッド用のGameObjectを配置

以上になります。それでは次の記事に行ってみましょう!

次の記事:

3Dテトリス用ブロックを作る ScriptableObjectでブロックデータを管理しよう
前回の記事では3Dテトリス用のフィールドと1マス分のブロックの生成までを実現し、好きな形でブロックフィールドを生成する基礎システムを作りました。 前回の記事: 今回の記事では本格的なテトリスブロックを作成していきます。 落ちてくる...

【Unity入門の森の最新ゲーム開発講座もお届け】

コメント

タイトルとURLをコピーしました