Unity デジタルカードゲームの作り方16 戦闘後のドロップアイテム獲得システムの実装 | Unity入門の森 ゲームの作り方

Unity デジタルカードゲームの作り方16 戦闘後のドロップアイテム獲得システムの実装

Unity 本格カードゲームの作り方 ハクスラローグライク×デッキ構築型カードバトルRPG「呪術迷宮」を作る


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

この記事はハクスラローグライク×デッキ構築型カードバトルRPG「呪術迷宮」の作り方講座の第16回です。

前回の記事ではデッキ管理・編集画面UIとそのロジックを実装しました。ここまででデッキを変更してダンジョンステージを攻略するゲームの流れが完成しています。

前回の記事:

Unity デジタルカードゲームの作り方15 デッキ編成・編集システムの実装
この講座はハクスラローグライク×デッキ構築型カードバトルRPG「呪術迷宮」の作り方講座の第15回です。 前回はタイトル画面を作成し、ゲーム開始→ステージ選択→カードバトル→ゲームオーバーorゲームクリアという一連のカードバトルゲームの流れを...

さて、今回は前回実装したデッキ編集のシステムを早速活用していきます。

今回実装する機能はハクスラ系のゲームやRPGに必須の戦闘後の敵がドロップするアイテム報酬の獲得システムを実装します。

敵を倒した時に報酬としてカードを新たに獲得できたり、経験値・お金を入手してタイトル画面からプレイヤーの強化および更なるカード獲得を行えるようにしていきます。

いくつかの選択肢が提示され、プレイヤーが自分の意思で得られる報酬を選択するシステムを採用します。毎回固定の報酬にせず選択権を与えることで自由度とゲーム性を高めます。プレイする度に最適な選択肢が変わり、ゲームを複数回プレイしても飽きずに楽しみやすくなります。

なお「敵から入手できるカード」はそれぞれの敵の設定ファイル(EnemyStatusSO)にて撃破ボーナスパラメータにて指定しています。


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

戦闘報酬ウィンドウの実装とコーディング

この章ではBattleシーンを編集していきます。まずは戦闘の報酬を表示するウィンドウを作成しましょう。

StageClearPanelオブジェクトなどをコピー&ペーストして背景オブジェクトを作成します。

  • オブジェクト名:RewardPanel
  • 親:Game Window
  • StageClearコンポーネント等コピー元の専用コンポーネントを削除
  • 子オブジェクトを削除

ウィンドウ画像オブジェクトを作成して報酬画面UIを構築

報酬表示用のUIパーツを表示するウィンドウです。UI > Imageで作成。

  • オブジェクト名:WindowImage
  • 親:RewardPanel
  • PosX:0 PosY:0
  • Width:830 Height:578
  • (Image)Source Image:Textures/GUIs/Title/window_B.png

報酬説明Text

倒した敵の名前および報酬を獲得できる個数を表示するTextを作成します。

  • オブジェクト名:RewardText
  • 親:WindowImage
  • PosX:0 PosY:130
  • Width:600 Height:160
  • (Text)Overflow設定:Overflow

Text欄にはスクリプトから以下のような形で設定させる予定です。Rich Textでサイズを変更させる事でTextオブジェクトを分割せずに異なる文字サイズの文章を実現しています。

ボーナスカード表示欄Image

戦闘の報酬は与えられた選択肢(敵のbonusOptionsパラメータで個数を決定)の中から複数個を選択(敵のbonusPointパラメータで選択可能数を決定)するとそれらをまとめて獲得できるという仕様にします。

この選択肢はカードオブジェクトを使って表示します。つまりプレイヤーが欲しいカードをタップして選んで獲得という流れになります。

ここでは選択肢カードオブジェクト(BonusCard)を並べて表示させるためのImageオブジェクトを用意しておきます。

  • オブジェクト名:BonusCards
  • 親:WindowImage
  • PosX:0 PosY:-34
  • Width:660 Height:168
  • (Image)Source Image:Textures/GUIs/deck_window_1.png
  • Horizontal Layout Groupをアタッチ(Child AlignmentをMiddle Centerに)

報酬獲得ボタン

選択したボーナスカードを獲得するボタンです。正しい個数が選択されている時のみボタンを押せるようにスクリプトで設定していきます。

ボタンオブジェクトはStageClearPanelのGoTitleButton等からコピーすると効率的です。

Textにはあと何個のカードを選択できるか表示します。(スクリプトで表示内容を変更するのでSimpleTranslationTextコンポーネントは不要です。アタッチされている場合は削除する必要があります。)

  • オブジェクト名:DecideButton
  • 親:WindowImage
  • PosX:0 PosY:-162
  • Width:260 Height:60
  • (Image)Source Image:Textures/GUIs/Title/button_2.png
  • (子オブジェクトのText)Simple Translation TextコンポーネントがあるならRemove

 

戦闘報酬画面処理クラスReward.csの作成

それではRewardPanelオブジェクトに取り付ける専用処理クラスRewardを作成していきましょう。

報酬システムを実現するために必要な機能は以下です。

  • 戦闘勝利後にウィンドウを開き、敵の名前と報酬選択肢数・選択可能数を表示
  • 報酬選択肢の数だけボーナスカードオブジェクトを生成
  • (Card.cs側)タップされたらRewardクラスに選択カード情報を渡す
  • DecideButton押下で報酬獲得&ステージを進行させる

上記の処理を実装したスクリプトがこちら。

続きを読む

このコンテンツはパスワードで保護されています。 コンテンツを読みたい方はUnity入門の森ショップ(https://unityforest.shop/)で講座閲覧権を取得してね。

InspectorからEXP、Gold、Healの順番にカードデータをセットしましょう。

 

これで経験値・お金の獲得と表示、および現在HP回復のボーナスまで実装完了しました。

まとめ

戦闘に勝利した時の報酬を実装し、ステージを攻略する楽しみを増やすことができました。

ボーナスによって新しいカードを入手したり、HPを回復させてよりステージの奥に進めるようになったりとプレイヤーによって遊び方に幅も生まれました。

 

今回実装した経験値・お金のシステムは次の記事で使い道を与えていきます。

次の記事:

Unity カードゲームの作り方17 プレイヤー強化・転職ジョブシステムの実装
この記事はUnityでハクスラローグライク×デッキ構築型カードバトルRPG「呪術迷宮」を作る講座の第17回です。 前回は敵撃破時に手に入るカード・経験値・お金を獲得できる戦闘終了後アイテムドロップシステムを実装しました。 前回の記事: 今回...

Unity ハクスラローグライク×デッキ構築型カードゲーム「呪術迷宮」の作り方講座に戻る>>



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました