ローグライクゲームの作り方7 プレイ中の行動履歴を表示する自動メッセージ機能を開発

Unity ローグライクゲームの作り方


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
5種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

前回の記事ではローグライクの戦闘システムを拡張し、レベルと経験値を導入し、プレイヤーが敵を倒すと成長していくシステムを実装しました。

前回の記事:

ローグライクゲームの作り方6 パラメータ表示用UI・経験値・レベルアップ処理を開発する
前回の記事ではUnityとC#を用いてローグライクRPGの戦闘システムを実装しました。 風来のシレン、トルネコの大冒険、チョコボの不思議なダンジョンのようなターン制戦闘システムを作成しましたね。 前回の記事: 今回の記事ではプレイ...

今回の記事ではプレイ中の情報を行動履歴として表示する自動メッセージウィンドウを追加していきます。


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

Unity GUIを用いたメッセージウィンドウの作成

先にメッセージ表示のためのUIをシーンUnityのGUI機能を活用してゲーム画面に組み込みます。

上の画像のGameObjectの階層は次のようになっています。

  • 「MessageCanvas」
  • – 「Root」
  • – – 「Message」:単体でプレハブ化する

この中の「Message」はプレハブ化しますので、一度パラメータなどの設定が終わりましたら、シーンから削除してください。

また各GameObjectの作成方法とパラメータの一例は次のものになります。

メッセージウインドウをC#スクリプトで制御していく

それではメッセージをC#スクリプトから表示するようにしていきます。

新しく「MessageWindow.cs」というスクリプトを作成してください。

作成したスクリプトの内容は次のものにしてください。

続きを読む

このコンテンツはパスワードで保護されています。 コンテンツを読みたい方はUnity入門の森ショップ(https://unityforest.stores.jp/)で講座閲覧権を取得してね。

まとめ

今回の記事ではメッセージウィンドウを作成し、以下の機能を与えました。

  • メッセージウィンドウの作成
  • メッセージが一定行数溜まったら自然にスクロールして古いメッセージを非表示
  • 戦闘時の行動に合わせてメッセージを表示

また、今回はプレイヤー側から見た行動についてのみMessage機能を呼び出していますが、敵に特別な処理を付けてメッセージを表示させたい場合、Enemy.cs側で実装すればOKです。

メッセージに限らず、C#のオブジェクト指向の継承を用いることで、MapObjectBase.csで共通の処理を作成しておき、PlayerとEnemyで異なる行動を作成していくといったことができるようになります。

今回でローグライクゲームの基本となる戦闘システムの作成は終了です。

敵を増やしたり、レベルデザインを行ったりして、ここからはあなたオリジナルのワクワクする戦闘システムに拡張していってください。

また、ローグライクゲームを構成するのは戦闘システムだけではありません。

ダンジョンを無計画に移動しているとお腹が空いて歩くごとに体力がなくなっていく。そして食べ物を見つけられずに無念のゲームオーバー・・・

これもローグライクゲームの醍醐味ですよね。

ということで、次の記事では食料システムを実装します。それでは次の記事に行ってみましょう!

ローグライクゲームの作り方8 腹ペコ状態でHPが減る食料システムを実装
前回の記事ではローグライクゲームのプレイ内容に応じて行動内容を表示し、古いものから自動スクロールで消していくメッセージシステムを作成しました。 また、戦闘システムとの連動を実現しました。 前回の記事: 今回の記事ではローグライクを...

Unity ローグライクゲームの作り方講座へ戻る>>



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
5種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました