【入門】Oculus Quest用のアプリをUnityで作成する方法

オキュラス統合アセット VRゲームの作り方

この記事では、Oculus Quest用のアプリをUnityで作成するための必要最低限のプロジェクトの作成方法について解説していきます。

【事前準備】開発者モードにする方法

まず、Oculus Questの開発をするためにはOculus Questを開発者モードにする必要があります。設定方法は、スマートフォンのOculusアプリから行います。

設定画面から接続済みのOculus Questを選択して、その他の設定→開発者設定→開発者モードをONにしてください。

Oculus Quest用のプラグインの導入

まず、Unity上でOculus Questを扱えるようにするために、Oculus Integrationというプラグインを追加します。まずは、プロジェクトを適当な名前で作成してください。

起動画面は以下のように何もない状態です。

screenshots000000

次に、Window→Asset Storeを選択してアセットストアを起動しましょう。

screenshots000001

アセットストアウインドウが開いたら、上部の検索ボックスをクリックして「Oculus Integration」と入力して検索してみてください。

screenshots000002

すると、アセットストアウインドウの左上にOculus Integrationが見つかります。こちらをクリックしてください。

screenshots000003

詳細のウインドウが出てくるので、DownLoadをクリックしてプロジェクトに追加しましょう。(下の画面はすでに追加したことがある状態のため「DownLoad」ではなく「Import」に代わっています。

screenshots000004

追加の途中で、下のウインドウが表示されて、どのファイルを追加するかを要求されます。ひとまずカスタムする必要はないため、AllをクリックしてImportですべてのファイルを追加してください。

screenshots000005

次に、OVRRlugin関するウインドウが表示されるため、Yesを選択してください。

screenshots000006

次のウインドウでは、OVRPluginのアップデートのために再起動が必要であるといわれます。ここでもRestartを選択して、一度Unityを再起動します。

screenshots000007

無事に再起動を終えると、ProjectウインドウにOculusのフォルダが追加されていることが確認できます。これで、Oculus Quest用のプラグインの追加は完了です。

screenshots000008

VR用アセットの設定

次に、VR用のアセットの設定方法について説明します。

まず、Oculus→VR→OVRCameraRigをヒエラルキーに追加してください。

screenshots000009

すると、下の画面のように新しいカメラが追加されると思います。

screenshots000010

ここで、元のカメラ(Main Camera)はVR用アセットのカメラと競合してしまうため、Main Cameraは削除してください。

screenshots000011

次に、AndroidManifestと呼ばれるファイルをOculus Quest用に更新します。この処理をしないと、Oculus Questで実行した際に正常に起動しないのでご注意ください。

更新をする前に、Oculus→Tools→Remove androidManifest.xmlで元のAndroidManifestを削除しましょう。

screenshots000012

次に、Oculus→Tools→Create store-compatible androidManifest.xmlでOculus Quest用のAndroidManifestを作成してください。

screenshots000014

次に、ビルド設定を行います。File→Build Settingsを選択してください。

screenshots000015

Oculus QuestはAndroid OSで作られたVR装置のため、PlatformをAndroidに選択してSwitchPlatformをクリックしてください。この時、Android用に最適化されるため少し時間がかかることがあります。

screenshots000016

最適化が終わったら、PCとOculus QuestをUSBで繋げておきましょう付属のUSBで接続しても問題ありません。

IMG_20200417_203314

また、接続後にOculus Questを被るとデバッグの許可を問われるので許可しておいてください。

ではUnityの画面に戻ってください。Run DeviceでOculus QuestのIDを選択してください(固有のIDなので赤字で伏せています)。選択肢が出ないときはRefreshボタンを押して選択肢が出るようにしましょう。

Inkedscreenshots000017_L

一旦、Build Settingは閉じましょう。


追記:ここで以下のようにRun Deviceの選択肢が出てこない場合は、unityにインストールすべきAndroid Build Support、Android SDK & NDK Tools、OpenJDKが入っていない可能性が高いです。

unity hubから「インストール」→自分が使っているunityのバージョンで「モジュールを加える」を選び、足りないモジュールを追加してください。

モジュール追加に成功すれば、以下のようにRun Deviceに選択肢が表示されます。


次に、Androidの最低APIバージョンを設定します。Oculus Quest向けに開発するために必要な最低スペックはAndroid6.0なので、Player Setting→Identification→Minimum API LevelをAndroid 6.0に設定してください。

最後の設定をするため、Edit→Player Settingsを開いて下さい。

screenshots000019

そこで、Player→Settings for Android→Graphics APIsのVulkanを削除しておいてください。

screenshots000020

さらに、Player→XR Settings→Virtual Reality Settings→Virtual Reality SDKsにOculusを追加してください。これで設定は完了です。

screenshots000021

この状態で、Build SettingからBuild and Runを選択するCtrl+Bボタンでビルドしましょう。

 

ビルド完了後にOculus Questを被ると、ライブラリ→提供元不明のアプリからプロジェクト名と同じファイルが追加されていることが分かります。こちらを選択してください。

com.oculus.vrshell-20200417-204154

起動すると、下の画面のようにUnityの初期画面を見ることができます。

play

これで、Oculus Quest用のアプリをUnityで作成するための必要最低限のプロジェクトの作成方法の説明は以上です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました