Apexプレイにおすすめの10万以下ゲーミングPC一式プラン

ゲーム実況者になりたい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

「PC版のApexをプレイしたい」

TwitchやYouTubeなどの動画、生放送で頻繁に配信されていて、とても人気の高いゲームですよね。

しかし、PC版をプレイするには一般的なのパソコンでは処理が追い付かないため、Apexならではの世界観やスリルが楽しめません。

あなたがApexにチャレンジするのであれば、3Ⅾゲームでも問題なく動くパソコン「ゲーミングPC」が必要不可欠です。

そこで今回は、Apex Legendsをプレイするのにおすすめな10万円以下のゲーミングPCを紹介していきます。

ひつりん
ひつりん

BTO(Build To Order)を中心にご紹介します。

中古PC一覧はこちら

Apex Legendsは3人1組のチームで挑むバトルロワイヤルゲーム

Apex Legendsについて改めて解説します。

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)は基本料金が無料で、2019年2月4日より配信を開始したバトルロワイヤル系のゲーム。

美しい3D映像やキャラクターたちの鬼気迫るバトルシーンがすごいので、今でも多く人たちに愛されています。

自分でこだわりのチームを作り上げ、マップ上で20チームがぶつかりあう映像はスリルがあって興奮します。

ただ、これだけの動きをするのに負荷が重く、普通のパソコンではApex Legendsを十分に楽しむことができません

Apex Legendsをプレイする場合は推奨動作環境以上のスペックを購入するようにしましょう。

Apex Legendsの推奨動作環境

Apex Legendsの公式サイトより、推奨動作環境を紹介します。

OS

Windows 7 64ビット版

CPU

Intel i5 3570Tおよび同等品

GPU

Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290

メモリ

8GB

HDD/SSD

22GB以上の空き容量

必要動作環境も記載されていますが、それでは処理が必要なタイミングでカクついたりしてしまいます。

推奨動作環境を満たしたPCを選んでおくと安心ですね。

予算10万以下ですべて揃えたいなら中古PCがオススメ

2022年2月現座の検索結果

まず、予算10万円でPC一式揃えるのはなかなか難しいのが現状。

CPUやGPUはPCの中でも高額なパーツ。

特にGPUは値段の幅が大きく、「GeForce GTX  3080 Ti」などは単体で20万円ほどします。

しかも新しいものが頻繁に出るので、2〜3年前のものは型落ちになり、サイトなどで売られているPCにはなかなか組み込まれていません。

そこでオススメなのが中古PC。

中古と言ってもきちんと販売サイトの方で動作確認を行っているため、安心して使用できます。

7〜8万円で推奨スペックを満たすPCが購入できるので、余った予算をモニターやマウスなどの周辺機器に回すことが可能。また中古ゲーミングノートも取り扱っているのでライフスタイルに合わせて購入できるのも魅力。

モニターやマウスを含めて10万円の予算の方はこちらをおすすめします。

パソコン工房で中古PCを見る

予算10万円以下 おすすめゲーミングPC

ここではPC本体のみで10万円以下のものを紹介します。

Lightning AC5(ドスパラ)

Lightning AH5(ドスパラ)

引用:Lightning AC5特設サイト

OS

Windows 10 Home 64ビット

CPU

AMD Ryzen 5 3500 (3.6GHz-4.1GHz/6コア/6スレッド)

GPU

NVIDIA GeForce GT 1030

メモリ

8GB DDR4 SDRAM

HDD/SSD

500GB NVMe SSD

光学ドライブ

DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)

電源

450W 静音電源 (80PLUS BRONZE)

ドスパラのLightning AC5はエントリモデルのゲーミングPC。

ミニタワーでゲーミングに見えない外見から、仕事で使用したい方にも購入しやすい外見です。

CPUのRyzen 5 3500はintel Core i5-9400Fと同程度のモノなので、スペック的には十分必要動作環境を満たしています。

もし、Apex以外のゲームをやることを視野に入れている場合は、メモリを16GBにすることをおすすめします。

デスクトップPC パソコン デスクトップ Lightning ライトニング AC5 Ryzen5 3500/GT1030/8GBメモリ/500GB SSD/Windows 10 Home 10161-3403

STYLE-M05M-101-RFX(パソコン工房)

STYLE-M05M-101-RFX(パソコン工房)

引用:STYLE-M05M-101-RFX特設サイト

OS

Windows 10 Home 64ビット

CPU

Core i3-10105

GPU

GeForce GTX 1650 4GB GDDR6

メモリ

DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 16GB(8GB×2)

HDD/SSD

500GB NVMe対応 M.2 SSD

光学ドライブ

DVDスーパーマルチ

電源

500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

STYLE-M05M-101-RFXはパソコン工房のBTOパソコン。

CPUはi5-3570Tと同程度の性能であるCore i3-10105を搭載。

ただ、4コア8スレッドのCPUの性能的にApexをやりながら配信、動画作成にはあまり向いていません

Apexプレイのみと切り分けて使うのがおすすめです。

LEVEL-M05M-114-RFX-L(パソコン工房)

LEVEL-M05M-114-RFX-L(パソコン工房)

引用:LEVEL-M05M-114-RFX-L特設サイト

OS

Windows 10 Home 64ビット

CPU

Core i5-11400

GPU

GeForce GTX 1650 4GB GDDR6

メモリ

DDR4-2933 DIMM (PC4-23400) 8GB(8GB×1)

HDD/SSD

500GB NVMe対応 M.2 SSD

光学ドライブ

DVDスーパーマルチ

電源

500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

こちらもパソコン工房のBTOパソコン。

CPU、GPU共に高性能で、Apex以外のゲームもある程度プレイすることが可能です。

こちらのPCも、メモリを8GB追加することで、さらに安定して色々なゲームをプレイできます。

SENSE-M05M-114-RFX(パソコン工房)

SENSE-M05M-114-RFX(パソコン工房)

引用:SENSE-M05M-114-RFX設サイト

OS

Windows 10 Home 64ビット

CPU

Core i5-11400

GPU

GeForce GTX 1650 4GB GDDR6

メモリ

DDR4-2933 DIMM (PC4-23400) 16GB(8GB×2)

HDD/SSD

500GB NVMe対応 M.2 SSD

光学ドライブ

DVDスーパーマルチ

電源

500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

LEVEL-M05M-114-RFX-Lにメモリが8GB追加されたものですが、そこまで金額に違いが無いので、こちらをおすすめします。

配信などをしながらでもサクサクプレイできるスペックなので、配信を考えている方も検討してみてはいかがでしょうか。

ゲーミングPCが無くても遊べる!? GeForce NOW

どうしてもゲーミングPC購入予算がないけど、APEXをやりたい・・・という方におすすめのサービスをGeForce NOWというクラウドサービスをご紹介します。

GeForce NOWを利用することでゲーミングPCを持っていなくても、いつでもどこでもAPEXなどのゲームが遊べるサービスなんです。

簡単に説明すると、

  • GeForce NOWにやりたいゲームを登録・インストール
  • GeForce NOW側で用意した高性能PCを遠隔操作してゲームをプレイ
  • その様子がリアルタイムで配信される

という感じです。

要するに、ゲーミングPCがなくても手持ちのスマホやパソコンを使ってインターネット経由でゲームプレイができるということです。

わかりにくいかもしれませんが、一番重要なのはゲーミングPCを買わなくても無料でApexなどのゲームがサクサクプレイできるということ。

ただし、無料プランは連続プレイ時間が1時間の制限付きなので、約1試合ごとにソフトの再起動が必要

1回ごとにGeForce NOWを再起動するのは手間ですが、お金がかからないことに比べれば許容範囲だと思いませんか?

しかし、GeForce NOWが混雑している場合は接続に時間がかかる可能性があります。

その場合、月額1,980円を払ってプレミアムプランに加入することで、6時間までの連続プレイや、優先的なプレイが可能。

また、おすすめはできませんが、スマホなどでもプレイ可能です。

まとめ

今回は、Apexプレイにおすすめの10万以下ゲーミングPC一式プランを紹介、解説しました。

今回の記事についてまとめると、

  • ApexをプレイできるPCは10万円以下で買える
  • モニターなども含めて予算10万円なら中古PCがオススメ
  • GeForce NOWでゲーミングPCを買わずにプレイ可能

という3点です。

こう見ると、GeForce NOWで十分じゃないか?と思うかもしれませんが、友人とプレイを行う場合などにテンポが遅くなるなどデメリットもあります。

自分のプレイスタイルに合わせてゲーミングPCの購入も視野に、新品や中古、幅広くチェックして予算にあったPCをチェックしていきましょう。

中古PC一覧はこちら


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました