プロゲーマーとゲーム実況者の違いとは

ゲーム実況者になりたい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

ゲームに対する情熱なら誰にも負けない。

ゲームをプレイすることが大好きだから、ゲームを仕事にしたい。

そう思って調べているうちに、プロゲーマーとゲーム実況者という職業を見つけた。

しかし、

  • どちらもゲームでお金を稼いでいるみたいだけど、違いはあるの?
  • どっちを目指せばいいかわからない

という疑問を持つ方もいるのでは?

そこで今回お伝えするトピックス次の2点。
  • プロゲーマーとゲーム実況者の違い
  • どういう人がプロゲーマーやゲーム実況者に向いているのか

プロゲーマーとゲーム実況者、2つの違いを理解していきましょう。

ひつりん
ひつりん

そして自分がどちらが向いているかをチェックしてみてくださいね。

最短1年!短期間でプロ!
世界で活躍するプロから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジ公式を確認する

無料で資料請求!

プロゲーマーとゲーム実況者の違い

プロゲーマーとゲーム配信者では様々な部分で違いがあります。

主な違いは次の2点。

  • 収益方法
  • 配信方法
プロゲーマーとゲーム実況者の違いを細かく説明していきます。

プロゲーマーの場合

プロゲーマーの活動は、特定のゲームをプレイすること。

その中でトップを競い合うことがメインになります。

簡単に言えば、プロスポーツ選手のような働き方です。

収入に関しては、まだ確立された雇用形態はありません。

ですが、多くの場合は所属しているチームからお給料が支払われます。

その他でも配信内での投げ銭や、サブスクライブ、広告収入などを得ることができます。

配信などは全員が全員行っているわけではありません。

ファンとの交流を目的とする人、チームから決められた配信時間のみを配信する人など人それぞれ。

また、とても強いチームがよく実施しているのが、ゲーミングハウスによる共同生活です。

複数人でチームを組むゲームなどでは、お互いをよく知るため、チームが選手の健康管理を行うためなどの理由で採用しています。

ゲーム実況者の場合

ゲーム実況者は色々なゲームを遊んで視聴者を楽しませる職業です。

プロゲーマーと違い、必ずしもゲームが上手である必要はありません。

その代わり、動画や配信を見る人に楽しんで貰えることが必須となります。

収入は、投げ銭やサブスクライブ、広告収入がメインです

事務所に所属している場合は、時給報酬やボーナスによる収入が別途発生することも。

収益の上げ方としてプロゲーマーに似通った部分がありますが、ゲーム実況者は情報発信の自由度が高めです。

自分の好きなゲーム、流行りのゲーム、コラボするためのゲームなど、様々な選択肢を取れるので、1つのゲームに縛られたくない場合にオススメです。

最短1年!短期間でプロ!
世界で活躍するプロから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジ公式を確認する

無料で資料請求!

プロゲーマーやゲーム実況者に向いている人は?

プロゲーマー、ゲーム実況者、それぞれゲームで収益を得ることに変わりはありません。

しかし、それぞれの道を目指すにおいて、どちらの方が自分に向いているかを知っておいたほうがいいでしょう。

プロゲーマーに向いている人の特徴

プロゲーマーに向いている人の特徴は以下の3点。

  • とにかくゲームがうまい
  • 1つのゲームをプレイし続けても飽きない
  • 試合などのプレッシャーのかかる場面が得意

プロゲーマーは試合で勝つことが仕事なので、ゲームが上手でないとなりたくてもなれません。

また、プロになる場合は1つのゲームをやり続けることになります。

1年、2年とやっていくうちにゲームに飽きてしまって活動が続けられなくなっては、本末転倒です

自分が絶対にこのゲームでやっていくんだ、という強い意志が必要になります。

もしプロゲーマーになり、トーナメントを勝ち進んだ場合、大きな会場の中で観客が見守る中で勝負することもあるでしょう。

その際にプレッシャーや緊張に押しつぶされて本来のパフォーマンスが出ないようでは、勝つことができません。

プレッシャーや緊張を適度に持ち、パフォーマンスを上げることができる人は、チームで重宝される存在になること間違いなしです。

ゲーム実況者に向いている人の特徴

ゲーム実況者に向いている人の特徴は、以下の3点。

  • 毎日ゲームをプレイしても平気
  • 流行りのゲームなどの情報に敏感
  • 人と喋ることが大好き

ゲーム実況者としてやっていくにあたり、ゲームをやることが義務のように感じてしまっては長く続きません。

本当にゲームで遊ぶことが好きで、とにかくゲームがしたい、配信がしたい、というくらいの方が向いています。

しかし、いくらプレイするゲームを選べると言っても、流行りに乗って視聴者を集めることも重要。

流行りを見極めて新規の視聴者を集め、そこから視聴者を徐々に増やしていくことが必要です

また、視聴者とのチャット越しの会話や、コラボで他の配信者との会話や掛け合いを行うこともあります。

喋るのが得意なら、このような場面でスキルを活かして動画作成や放送ができ、人気アップにつながるでしょう。

最短1年!短期間でプロ!
世界で活躍するプロから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジ公式を確認する

無料で資料請求!

プロゲーマー・ゲーム実況者になるために

プロゲーマーやゲーム実況者になるにあたり、自分1人の力で最初からやっていくのはとても大変。

プロゲーマー、ゲーム実況者として成功するためにも、その道のプロから学ぶことができるスクールに通うのがオススメです

プロゲーマーやゲーム実況者としての技術や知識を学べるスクールを紹介します。

MOOV SCHOOL

YouTubeで動画投稿を行いたいと思っている方は、MOOV SCHOOLがオススメです。

YouTuberデビューコースは2週間7回で39,800円と業界最低価格。

かといって講師のレベルが低いわけではなく、現役のプロクリエイター70名が講座を持っています。

また、コースの長さも最短2週間、最長2ヵ月と目的に合わせたカリキュラムを組むことができます。

ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジ

ヒューマンアカデミーは、プロプレイヤーとストリーマーの専攻が存在します。

e-Sportsのトップリーグで戦っているプロチームのCrest Gamingによる全面バックアップ。

実際にストリーマーを仕事にしているプロからの指導など、プロゲーマー、ゲーム実況者どちらを目指すにあたってもオススメです。

ストリーマー専攻は、ライブ配信の技術だけでなく、動画編集技術を学ぶこともできるので、動画配信でゲーム実況者を目指す人でも多くのことを学べます。

また、中学生の方がプロゲーマーを目指しているなら、ユースコースに入ることで、プロへの道に一気に近づくことが可能。

通信制高校の課程も同時に行えるので、高卒の資格を取りつつプロを目指せます。

また、Crest Gamingのトライアウトに合格した場合は、プロ直結の環境で学ぶことが可能です。

最短1年!短期間でプロ!
世界で活躍するプロから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジ公式を確認する

無料で資料請求!

まとめ

今回は、プロゲーマーとゲーム実況者の違いについて解説しました。

今回の記事についてまとめると、

  • 1つのゲームを極めるならプロゲーマー
  • いろんなゲームを遊ぶ、ファンと交流する目的ならゲーム実況者
  • スクールで学習すればアドバンテージが得られる

という3点です。

それぞれの道を歩むにあたって、向き不向きが存在します。

自分の長所や短所と向き合って、目指す道をきめていきましょう。

最短1年!短期間でプロ!
世界で活躍するプロから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジ公式を確認する

無料で資料請求!



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました