高単価unity案件を受注できるサイト10選 単価・条件・福利厚生もチェック

高単価unity案件を受注できるサイト10選 単価・条件・福利厚生もチェック ゲーム業界で転職・就職したい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

Unityとはゲームエンジンのことを指しており、ソーシャルゲームからパチンコまで幅広いプラットフォーム向けのゲーム開発に利用されています。

Unityは、ゲーム開発を主としたフリーランス向けの案件の中でも人気が高く、かつ人材不足なのでフリーランスが参画するにはぜひ狙いたい市場と言えます。

ひつりん
ひつりん

これからUnityの勉強を始めたい!

Unityエンジニアとしてフリーランスで働きたい!

上記のように考えているフリーランスエンジニアの方も、多いでしょう。

そんなUnity市場に加入して稼いでいくためには、高単価な案件を獲得する必要がありますよね。

Unityの単価相場はいくらぐらいなのか?

Unity案件で単価を上げるためには何をしたらいいのか?

この記事では、Unityの単価相場についてや、単価を上げる方法だけではなくUnityで高単価な案件を獲得するためにおすすめな10サイトご紹介します。

Geekly公式サイト
【まずは無料相談】

【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

Unityの案件には2つの種類がある

Unitytの案件には2つの種類があります。

  • ソーシャルゲーム開発Unity
  • スマホアプリ開発Unity

ソーシャルゲーム開発Unity

ソーシャルゲーム開発は、元々ゲーム開発メインの会社が社内でシステムを開発することが多いと考えられています。

そのため、案件数としてはあまり市場には出回っていません。

Unityは「iOS」「Anroid」など様々な開発環境に適しており、さまざまな媒体のあるソーシャルゲームを開発するのに、適したプラットフォームです。

さらに現在日本では、ソーシャルゲームを開発するのに予算が1億円必要だといわれています。

上記のことから、Unityの案件で募集するソーシャルゲーム開発企業の大多数は大手企業です。

ソーシャルゲームは国内でも需要が高まっており、今後ゲームエンジニアの成長は必要不可欠であると考えられています。

加えて、Unityが使用できるエンジニアは不足しているので、Unityが使えるというだけで引く手数多でしょう。

しかし、ソーシャルゲームは深夜対応やアップデート前の更新など、体力的にきつい現場が多く、働いている人の年齢も若いことが多いです。

そのため、単価はスマホアプリ開発に比べると下がる傾向にあります。

<ソーシャルゲーム開発Unityの特徴まとめ>

  • 今後需要が高まる傾向にある
  • 単価はスマホアプリに比べると低い可能性がある

スマホアプリ開発Unity

スマホアプリは、ベンチャー企業などが事業内にて開発することが多いです。

そのため、スピード感を求められることがあります。

自分のペースで仕事をしたいと考えている方には、少し不向きな現場かもしれませんね。

しかしながら、最近はVRやAR関連の高度なサービスも増えている傾向にあるので、よりUnityの需要は高まっていきスキルを求められる可能性が高いです。

フリーランスエンジニアの中でも、Unityが使用できるエンジニアは希少なので、スマホアプリ開発での案件を獲得すれば、年収が増えていくことも期待できるでしょう。

<スマホアプリ開発Unityの特徴まとめ>

  • スピード感重視の案件が多い
  • VRやARなど高度な技術も必要となる
ひつりん
ひつりん

ソーシャルゲーム開発よりはスマホアプリ開発の仕事のほうが単価が高い!

フリーランス向けのUnityの案件の特徴

フリーランスのUnityエンジニアとして働くために、Unityの案件の特徴を把握しておきましょう。

Unityのフリーランス向けの案件の特徴は、以下3つです。

  • 未経験者向けのUnity求人は少ない
  • Unityフリーランス案件の単価相場は30万円から
  • Unityフリーランス案件の単価は経験年数によって変わっていく

未経験者向けのUnity求人は少ない

ゲーム会社のほとんどは経験者を求めています

そのため、未経験でUnity案件に応募できる案件数はほぼ無いでしょう。

しかし、Unityは原則誰でも使用できる簡単なゲームエンジンでもあるので、独学でも使いこなすことはできます

ただ、基本的に現場で使用するのは有料版のUnityなので、独学で全てを網羅するのは難しいかもしれません。

ひつりん
ひつりん

Unityは、ほぼほぼ未経験者では加入しにくい市場。

フリーランスエンジニア向けUnity案件の単価相場は30万円から

Unity案件の単価相場は幅広いですが、経験年数が短い初心者フリーランスエンジニアでも、単価の相場は30万円程度あります。

しかし、後述するように経験年数で単価相場は変わっていきます

そのため、Unity案件の単価相場は確定できるわけではなく、「経験年数が浅いUnityエンジニアで30万円から」と言えるでしょう。

Unityフリーランス案件の単価は経験年数によって変わっていく

フリーランススタートの調査によると、Unity経験年数によって以下のように単価の相場がかわることが分かりました。

下記に書かれているのは、週5で常駐する案件の場合の単価相場です。

経験1年未満(初心者) 30万円~40万円/月
経験1年 40万円~50万円/月
経験2年 50万円~60万円/月
経験3年 60万円~70万円/月
経験4年 70万円~80万円/月
経験5年以上 80万円~100+万円/月

上記の表から、Unityの経験が5年以上あると年収1000万円も難しくないことが分かります。

さらに、経験年数1年未満から1年程度という、初心者に近い場合でも年収500万円は目指すことができます

上記のことから、フリーランスエンジニアとしてUnityはぜひ参画しておきたい市場だということがわかりますね。

Unityは今後も伸びていく市場ですので、年収1000万円を目指したいのであれば今のうちに取得しておきたい技術のひとつです。

さらに、経験年数が1年未満でも月に40万円はもらえる可能性が高いので、他のプログラミング言語と比較してもコスパの良いジャンルだと言えるでしょう。

ひつりん
ひつりん

沢山の言語やスキルを覚えることが、単価アップにつながる!

Unityの高単価な案件を獲得するには案件数の多いサイトに登録しよう!

Unityは経験年数が高ければ高いほど、単価が高くなる市場ではありますが、経験年数が短くても単価の高い案件を獲得することはできます

そのためには、まずは案件数が多く掲載されているサイトに登録しましょう。

なぜなら、ソーシャルゲームやスマホアプリは急激に成長を遂げており、需要が高まっているのにも関わらず、Unityエンジニアは常に人材不足だからです。

そのため、希少であるUnityを使用できる時点で、市場での価値は十分に高いといえます。

人材不足の市場では、比較的簡単に希望の単価で交渉することが可能なので、登録するならぜひ求人数の多いサイトに登録することをおすすめします。

Geekly公式サイト
【まずは無料相談】

高単価のUnity案件を受注できるおすすめのサイト

高単価のUnity案件を受注できる、おすすめのサイトは以下10個あります。

  • MidWorks
  • Geekly
  • レバテックキャリア
  • DODA
  • Hiraku agent
  • G-JOBエージェント
  • Tech Stock
  • フリーランススタート
  • マイナビクリエイター
  • at-engineer

MidWorks

MidWorks 高単価のUnity案件を受注できるおすすめのサイト

サービス形態 フリーランス向けエージェント
案件数 常時200件以上/未経験者用案件数は0
単価 高くて月に100万円程度
サービスについて フリーランス賠償保障がついている。(仕事が途切れたときに保障してくれる制度)

MidWorksはフリーランスエンジニア向けのエージェントサービスの一つです。

常時3000件以上の案件を保有している大手の会社であり、3年連続「エンジニアが選ぶエージェントサービス」1位を獲得しています。

MiworksはUnityの案件を200件以上持っており、それ以外にも非公開求人を多く持っています。

案件の内容としてはスマホゲーム向けの案件数が多く、中には月の報酬が100万円の案件もあります

保障も手厚く、「確定申告のサポートや社会保険の半額負担」「フリーランス賠償責任保障」などもついており、フリーランスデビューをした方も安心できる制度がたくさんあります。

フリーランスデビューをする方にはぜひおすすめのサイトなので、登録してみましょう!

登録は無料ですが、登録後に面接があります。

しかし、面談をすることで専属のエージェントがひとり付き、最後までしっかりとサポートしてくれるので、面倒だと思わずに入念に面談をおこなってください。

エージェントサイトはいくつ登録しても良いと思うので、ぜひ一度は確認してみましょう!

100万円以上の高単価あり!
ITエンジニアのためのフリーランスエージェント
Midworks公式を確認する

無料で相談、登録カンタン30秒!

Geekly

Geekly 高単価のUnity案件を受注できるおすすめのサイト

サービス形態 転職エージェント
案件数 常時400件以上/未経験者用案件数は0
単価 平均70万円程度
サービスについて 入社後も徹底フォロー

Geeklyはエージェント型の転職サイトです。

フリーランス向けではなく、正社員として働きたいUnityエンジニア向けのサイトなので、フリーランスエンジニアには向いていないサイトです。

しかし、ITやエンジニア二向けの転職サイトの中でも、特にゲーム業界に特化した転職サイトのためUnityエンジニアとして働きたい方にはおすすめの転職サイトです。

求人数は、非公開求人も含めて常時18,000件以上あり、Unityエンジニア向けの求人も常に400件以上掲載されています。

年収は400万円後半からの求人が殆どで、実際にGeeklyに登録した75%以上の方が年収アップにつながっている実績もあります。

ユーザー満足度は80%以上と高い数値を出しており、内定までのスピードは平均して1カ月と、他社と比べても早いです。

入社後のフォローも行ってくれるので、転職を考えている方はぜひ一度確認してみましょう。

しかしながら、正社員として転職したい方向けのサイトなので、フリーランスとして働きたい方には向いていません。

Geekly公式サイト
【まずは無料相談】

レバテックキャリア

レバテックキャリア 高単価のUnity案件を受注できるおすすめのサイト

サービス形態 転職エージェント
案件数 常時700件以上/未経験者用案件数は0
単価 平均70万円程度。年収1000万円を目指せる求人が多い。
サービスについて キャリアアドバイザーのアドバイスが的確

レバテックは、IT業界で働きたい方向けの求人を多く掲載しているサイトです。

とくに他のサイトと異なる点は、「フリーランス向け」や「正社員として転職したい方向け」にサイトを細かく区別している点でしょう。

レバテックキャリアはそのサイトのなかの一つで、転職を考えている方向けのサイトです。

求人数は7000件以上あり、Unityエンジニアの求人も常時700件以上掲載されています。

掲載されている求人の8割以上が年収600万円であり、年収をあげたい方にはおすすめのサイトです。

また、レバテックキャリアはエージェントのアドバイスが的確で、転職を考えている方に寄り添ってくれると評価が高いです。

ひとりで転職するのは不安だと感じている方は、登録してみるのも良いでしょう。

また、登録は無料なので情報収集をしたい方にもおすすめです。

しかし、公開している案件のほとんどが、業界やプログラミング言語などがある程度絞られており、万人向けのサイトではないとの言葉もあります。

いずれにせよ、年収の相場や求人の情報などを知るには有益なサイトと言えるので、登録して損はないでしょう。

レバテックキャリア公式サイトはこちら

doda

doda 高単価のUnity案件を受注できるおすすめのサイト

サービス形態 転職サイト(エージェント/スカウト)
案件数 常時800件以上/未経験者用求人数は1割未満
単価 平均年収は320万円程度
サービスについて 自分で探す以外にスカウトサービスがある

dodaは大手の転職サイトのうちの一つです。

フリーランス向けの転職サイトではないのですが、求人数はとても多く、IT企業の求人にも特化しています。

dodaで掲載されているUnityの求人は800件程度あり、その中でも未経験者歓迎の求人は1割未満です。

未経験者でも応募可能なUnityの求人内容は、Web動画の撮影やデザインなどが多く、月給も20万円程度と低めでした。

やはり未経験者歓迎と書かれていても、経験を積んでいる人のほうが高い報酬をもらえる傾向にはあるでしょう。

dodaの最大の魅力は、エージェントに登録せずとも自身のスキルシートや履歴書を登録することで、企業からスカウトがきます

その点は、転職したい方にとっても便利なサービスの一つだと言えるでしょう。

一方でエージェントに登録し求人を紹介してもらうためには、担当との面談が必須となります。

しかしながら、面談は平日しか受け付けてくれないことも多く、正社員として働いている方にとって不便な点もあるでしょう。

一方でスカウトサービスは履歴書や自己アピールを登録しておくだけで、求人を出している企業がスカウトしてくれます。

スカウト経由の応募だと書類選考が通りやすいなど、メリットも多々あるので、ぜひdodaには登録することをおすすめします。

dodaはIT以外の企業や業種の求人も多く、IT企業だけではなく他の業界のエンジニアの求人なども見つけられるので、一度確認してみてはいかがでしょうか。

doda公式サイト

Hiraku agent

Hiraku agent 高単価のUnity案件を受注できるおすすめのサイト

サービス形態 転職エージェント
案件数 非公開
単価 非公開
サービスについて ゲーム業界に特化している

Hiraku agentはゲーム業界専門の転職エージェントサイトです。

他のサイトのようにIT系という大きなくくりではなく、『ゲーム業界』のみの求人を公開しています。

公開している求人やUnityエンジニア向けの求人があるかどうかを確認するためには、登録する必要があり、確認することはできませんでした。

しかし、サイト内には「3Dの求人」「プランナーの求人」「プログラマーの求人」「コンシューマーの求人」「在宅勤務の求人」「経験1年未満の求人」など、求人が細かく種類わけされています。

Unityは未経験者での応募は難しいといわれていますが、もしかしたらHiraku agentに登録すると、見つけることができるかもしれません。

平均年収は300万円からと比較的単価相場は低めですが、細かく種類わけされた求人の紹介のおかげで応募できる求人がみつけやすいでしょう。

ゲーム業界のみに特化している転職サイトは少ないので、無料面談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

Hiraku agent公式サイト
【まずは無料エントリー】

G-JOBエージェント

G-JOBエージェント 高単価のUnity案件を受注できるおすすめのサイト

サービス形態 転職エージェント(フリーランスも可)
案件数 160件/未経験者用案件数は0
単価 年収は要相談がほとんどだが、最高年収は600万円程度
サービスについて キャリアアドバイザーは、ゲーム業界経験者や国家資格コンサルタント所有者など、優秀な人材が多い。

G-JOBエージェントは、ゲーム業界に特化したエンジニア向けの求人を紹介する、転職エージェントのサイトです。

Unityの求人は160件と若干少ないですが、年収の交渉などは要相談が多く、希望の年収よりも高い求人に応募できる可能性が高いです。

G-JOBエージェントに在籍しているアドバイザーは、「国家資格コンサルタントの所有者」「ゲーム業界経験年数3年以上」「ゲーム開発現場でのマネジメント経験者」のみ、という特徴があります。

そのためエージェントは皆、知識や経験が豊富なのでゲーム業界に転職したい方に寄り添った求人の紹介ができるでしょう。

ちなみに公開している求人は、東京のみではなく全国にわたっている傾向にあります。

また、募集している雇用形態は「正社員」「契約社員」「業務委託」の3つの種類があり、フリーランスとして働きたい方にもおすすめできるサイトです。

Unityエンジニア向けの求人は少し少ないですが、心強いエージェントがいるので希望の年収で応募することができます。

登録は無料なので、ぜひ一度確認してみましょう!

ゲーム企業の求人数No.1
高額案件取り扱い
G-JOBエージェント公式を確認する

無料で登録30秒!

Tech Stock

Tech Stock 高単価のUnity案件を受注できるおすすめのサイト

サービス形態 フリーランス向けエージェント
案件数 20件程度/未経験者用案件数は0
単価 50万~90万円程度
サービスについて キャリアパスまで親身に考えてくれる

TechStockはフリーランスエンジニア向けのエージェントサイトです。

17年の歴史がある老舗の会社であり、大きな特徴は「好待遇の案件が多いこと」です。

フリーランス向けのUnity案件の単価は、30万円からが相場です。

しかし、TechStockで公開されている案件の殆どが、50万円以上の高単価な案件が多く見受けられます

フリーランスのように、下請けの業務は報酬は低くなる傾向です。

しかし、TechStockはそういった低単価になりがちな状況を打破し、フリーランスエンジニアが高単価で働けるような求人のみを公開しています。

他のサイトよりも案件数は少ないですが、高単価な案件が多いので一度確認してみるのも必要かもしれません。

また、在籍しているエージェントの多くも親切であり、一つの案件が終わるごとにキャリアパスや次の仕事について一緒に考えてくれる特徴があります。

フリーランスは孤独になりがちな働き方ですが、TechStockに登録すれば二人三脚でともに働いている感覚を味わうことができます。

ひとりで働いていることが辛いと考えはじめた方や、誰かと働いている感覚が欲しいと感じている方には、とてもおすすめなエージェントサイトです。

Tech Stock公式サイト
【まずは無料エントリー】

フリーランススタート

フリーランススタート 高単価のUnity案件を受注できるおすすめのサイト

サービス形態 フリーランス向け求人サイト
案件数 常時4000件以上/未経験者用案件数は0
単価 平均30万円から
サービスについて 圧倒的な案件数。在宅型が多いので全国から応募可能。

フリーランススタートはフリーランスエンジニア向けの求人サイトです。

特徴は、なんといっても圧倒的な案件数を誇っている点です。

Unityの案件数は、比較的ほかのサイトでは少ない傾向にあるのですが、フリーランススタートは常に4000件以上の案件を公開しています。

主に東京がメインではありますが、募集形態も「在宅型」が主なので、東京以外に住んでいる方も安心して応募することが可能です。

フリーランススタートのサイト内には記事も豊富にあり、フリーランスエンジニアに必要な知識、またはフリーランスとして働いている方にも重要な情報などを、丁寧に解説しています。

有益なものばかりですので、サイトを訪れることも大切かもしれません。

さらに、案件数が多いので単価の相場を確認することも可能です。

他のエージェントサイトに登録しながら、フリーランススタートも確認することで、絶え間なく仕事を見つけることができるでしょう。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター 高単価のUnity案件を受注できるおすすめのサイト

サービス形態 転職エージェント
案件数 300件以上/未経験者用案件数は0
単価 平均年収450万円以上
サービスについて ゲーム業界経験のキャリアアドバイザーが在籍

マイナビクリエイターは大手求人サイトであるマイナビの中で、ゲーム業界やIT業界に特化した求人を公開している転職エージェントサイトです。

マイナビ転職というサイトとは異なり、マイナビクリエイターはエージェントが在籍しています。

そのため、報酬の交渉や求人の紹介などを行ってくれる点においてメリットがあるでしょう。

マイナビクリエイターは、とくにゲーム業界に特化している求人サイトです。

しかしながら、全体の求人数は多いですが、Unityの求人数は300件以上と若干少ない傾向にあります。

また、フリーランス向けの求人はほぼ無いので、フリーランスとして働きたい方は注意しましょう。

しかしマイナビクリエイターは、大手の求人サイトであるマイナビグループなのでセミナーが多く、未経験者や初心者向けの情報も沢山公開しています。

自身のスキルアップにも繋がるので、情報収集のためにサイトを確認することも良いでしょう。

書類添削!ポートフォリオ作成サービスあり!
転職のプロが全力サポート!
マイナビクリエイター公式を確認する

登録無料、カンタン1分!

at-engineer

at-engineer 高単価のUnity案件を受注できるおすすめのサイト

サービス形態 フリーランス向けエージェント
案件数 135件程度/未経験者用案件数は0
単価 平均70万円程度
サービスについて 7割がエンド直なので高単価な案件が多い/前日払いをしてくれるサービスもある。

at-engineerはフリーランスエンジニア向けのエージェントサイトです。

業界の中でも特に高単価な案件を豊富に揃えている求人サイトで、フリーランスエンジニアに親身に寄り添う点が特徴的です。

公開されている案件の7割がエンド直または元請直なので、高単価かつ好待遇な案件が多いです。

低単価の案件が多い他のサイトよりも、希望にあった案件がすぐに見つかりやすいでしょう。

また、at-engineerでは頻繁に勉強会を開いており、フリーランスエンジニアの情報収集にも便利です。

また、フリーランス向けサイトの中でも珍しい、報酬を前日払いしてくれるサービスもあります。

フリーランス向けの求人サイトは後日の支払いがメインであり、月末締めの翌月末支払いが殆どです。

そのため、報酬を獲得するのに2カ月かかることもあり、非常に利便性に欠けているところがあります。

しかしat-engineerでは、その支払いが契約時点で支払われることも可能にできるので、フリーランスエンジニアのやる気にも繋がりますし、非常に便利な点があると考えられます。

勉強会やセミナー、さらには情報提供のコラムも豊富なので、ぜひ一度確認してみましょう。

at-engineer公式サイト
【まずは無料相談】

フリーランスで単価の高いUnity案件を獲得する4つの方法

フリーランスで単価の高いUnity案件を獲得するには、以下4つの方法があります。

  • レビュー経験など開発リーダーのスキルを培う
  • 要件定義や基本設計などを完成させる設計スキルがある
  • デザインスキルが高い
  • ARやVRを駆使したバーチャルYoutuberの案件を獲得する

レビュー経験など開発リーダーのスキルをつちかう

Unity開発経験の他にも、プログラミング能力やディレクションスキルなどがあったり、コードレビュー経験などがあったりすると、高単価なUnityの案件を獲得しやすいです。

なぜなら、信頼度が高く仕事を任されていたと考えられるので、それだけで能力値のアピールになります。

そのような経験があるフリーランスエンジニアは、単価の相場が10万円高くなることもあります。

単価の相場が10万円あがるだけで、年収も100万円高くなります。

積極的にアピールし、報酬を上げていきましょう。

要件定義や基本設計などを完成させる設計スキルがある

要件定義や基本設計が書けるエンジニアは、サービスや製品についての理解があるというアピールに繋がります

仕事の理解が早く、一般的にエンジニアスキルも高いだろうと推測されるので、単価の相場も高くなるでしょう。

さらに、エンジニアスキルが高いと任される仕事の難易度もあがり、報酬が高くなることもあります。

経験したことがある場合は、積極的にアピールしたい点です。

デザインスキルが高い

Unityエンジニアは、実装画面などエンドユーザーが触れる画面の設計に携わることが多いです。

そのため、UIデザインやビジュアルエフェクトを考慮した設計が求められます。

デザイナーの意図をくみとった設計や、ユーザー視点の実装などを設計することで、他の開発メンバーからも信頼されることが増えるでしょう。

信頼が増えれば、仕事がスピーディに進むという結果にもつながります

上記のことから、信頼を得ることは次の仕事を紹介してもらえる可能性が高くなるので、報酬アップや単価アップが見込めます。

ARやVRを駆使したバーチャルYoutuberの案件を獲得する

「AR」「VR」「バーチャルYoutuber」の案件は、比較的単価が高い傾向にあります。

Unityの経験があれば獲得しやすい案件なので、ゲーム開発だけではなくこのような案件に携わることでも、単価アップに繋がるでしょう。

特にバーチャルYoutuberは近年勢いを増している市場ですし、今後も成長していく可能性が高いです。

今のうちに獲得することも必要かもしれません。

ひつりん
ひつりん

単価を上げてUnityエンジニアとしてスキルアップしていこう!

まとめ:フリーランス向けの高単価なUnity案件はある!しかし未経験者には厳しい世界

プロを目指す近道 スクールを利用して効率よく学ぶ

フリーランス向けのUnityの案件は、経験年数が高ければ高単価になっていきます。

しかし、経験や能力のアピールによっては単価が高くなることもありますし、逆にUnityの経験が別の案件に繋がることもあります。

Unity経験者のフリーランスエンジニアは、ぜひUnity案件を確認することをおすすめします。

一方で、Unityは未経験者にとっては参画しづらい市場でもあり、未経験者が仕事を見つけるのは非常に難しいです。

本記事で紹介した求人サイトでは、ほぼ未経験者用の案件・求人はありませんでした。

未経験者がUnityエンジニアとして働けるようになるには、やはりエージェントサイトに登録し、未経験者でも可能な仕事を紹介してもらう必要があるでしょう。

仕事を獲得するためにも、未経験者こそフリーランスエンジニア向けのエージェントに登録し、お手軽に仕事を見つけましょう!

 

Unityは現在、世界中で注目されているジャンルと言えます。

今のうちにスキルを学び、Unityエンジニアになることも良いかもしれませんね。

Geekly公式サイト
【まずは無料相談】


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました