20代がゲーム業界に未経験転職するための方法

20代がゲーム業界に未経験転職するための方法 ゲーム業界で転職・就職したい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

ゲーム業界は、幼少期からゲームに触れていれば憧れる人も多いでしょう。

「ゲーム業界に転職したいけど未経験でもなれるのかな?」

「20代でゲーム業界に転職できる?」

このように考えている方も多いはず。

しかし実際のところ、未経験だとしても、20代という若さがあれば転職活動は優位に働きます

優位に働きますが、必須なスキルもあるので努力は大切です。

そこでこの記事では、20代の未経験者がゲーム業界に転職するためのポイントや、必要なことについて述べています。

転職したいと思った今がチャンスです

1つひとつ確認し、新しい一歩を踏み出してください。

ひつりん
ひつりん

若いうちに動き出そう!

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

【ポイント】20代でゲーム業界に転職するために!

20代でゲーム業界に転職するためには、以下4つのポイントが大切になります。

  • 動機に一貫性を!
  • ゲーム業界ならアプリ開発がおすすめ
  • 大手よりも中小企業を狙って!
  • 未経験で開発職は難易度が高い
ひつりん
ひつりん

採用されるにはコツがあるよ!

動機に一貫性を!

転職をするために一番重要なことが、転職する動機

動機は、面接や履歴書に応募するときに大切になります。

特に異業種は今までおこなっていたこととは異なるので、動機はより厳しい目で見られることがほとんど。

そのため、応募する際は志望動機を入念に確認するようにしましょう。

矛盾のある志望動機は面接官へ悪い印象を与えます

終始一貫している志望動機を書けるよう、なんども試行錯誤を繰り返してくださいね。

ひつりん
ひつりん

志望動機は時間をかけて!

ゲーム業界ならスマートフォン向けアプリがおすすめ

ゲーム業界へ未経験者が転職するのであれば、スマートフォン向けのアプリを開発している企業がおすすめです。

ゲーム業界の中で大手と呼ばれる企業の多くは、コンシューマーのゲーム開発を手掛けています。

そのような企業の特徴は、即戦力を求めているため、未経験者は採用されにくい傾向です。

一方アプリ開発などを手掛けているソーシャル系の企業は、人材不足のため第二新卒を中心とした求人が多くあります。

ソーシャル系のアプリはすぐに収益をあげることができるため資金力も高く、採用活動を積極的におこなっている点も特徴です。

そのため求人も多く、未経験でも採用を狙えるでしょう。

ひつりん
ひつりん

アプリ開発からコンシューマーに転職もできるよ!

大手よりも中小企業を狙って!

大手企業はコンシューマーの開発が多く、未経験者は採用されにくいです。

しかし、スマートフォン向けアプリを開発している企業は、近年ベンチャー企業も多くなってきており、多数存在しています。

近年はアプリの数もたくさんあり、名前の知らない企業だとしても大ヒットのアプリを開発している傾向です。

中小企業やベンチャー企業であれば、第二新卒を中心とした未経験者の採用も多く、かつヒットできるアプリに携われることもできるためおすすめです。

ひつりん
ひつりん

中小企業から大手企業へのキャリアアップもいいかも!

未経験で開発職は難易度が高い

スキルがない全くの未経験の場合、開発職への転職は難しいかもしれません。

一方、前職がエンジニアで、プログラミング言語などが分かる方であれば、採用されやすいです。

開発職は即戦力になれる人材を募集するため、スキルのない未経験の場合は採用が難しいでしょう。

しかし、全く採用されないわけではありません。

少しでもポートフォリオを多く作成し、自分のスキルのアピールを欠かさずおこなえば、採用される可能性は高くなります

ひつりん
ひつりん

未経験にはそれなりのハンデがあるよ!

未経験でも採用されやすい職種は?

未経験でも採用されやすい職種は、以下のとおりです。

もちろん、自己アピールやスキルを身に着ければ他の職種でも採用されやすくなるでしょう。

  • デバッガー
  • ゲームプランナー
  • プログラマー
  • 営業職

デバッガー

デバッガーはゲームを実際にプレイして、バグや不備がないかを見極める仕事です。

プログラミングスキルを必要とせず、ゲームをプレイする能力があれば誰でもできます。

そのため、未経験でも採用されやすい職種です。

デバッガーは普段プレイするゲームと同様にプレイするわけではなく、条件を決めて動いたり、隅々まで確認する作業が多いため、ゲームが好きな方には苦痛に感じるかもしれません。

しかし、リリース前のゲームに触れることができるので貴重な職種であるとも言えます。

デバッガーはアルバイトや派遣での採用も多く、広い採用口がメリットです。

一方、正社員としての採用は少ないこともあるので、注意しましょう。

ひつりん
ひつりん

アルバイトから入るのでも良いならデバッガーはおすすめ!

ゲームプランナー

ゲームプランナーは、ゲームのストーリーや世界観、キャラクターの設定などを考える企画職です。

ユーザーを増やすための戦略を練るマーケティング能力も必要になる、重要なポジションと言えます。

ゲームプランナーは、リリース後のイベントなども考える必要があり、開発だけではなく幅広くゲームに携わることができる職種です。

ゲームプランナーに必要なのは、マーケティング能力やリサーチ能力といったユーザーの期待に応えるためのスキルです。

前職がそういったスキルを必要とする職業であれば、ゲームプランナーへの採用もされやすいでしょう。

ひつりん
ひつりん

ゲームプランナーになるためのスクールもあるよ!

プログラマー

プログラマーは、企画書や仕様書を読みながらプログラムする職種です。

プログラミング言語が使えて、実際にゲームを作成した経験があれば、未経験者でも採用されやすい職種だと言えます。

主に、以下のようなプログラミング言語を習得していれば、即戦力となります。

  • C++
  • C#
  • Kotlin
  • Swift

ただし、会社により求められる言語が違ってきます。

目指している会社がどんなスキルを求めているかはチェックしておきましょう。

ひつりん
ひつりん

プログラミング言語を覚えておけばゲーム業界以外でも働ける!

営業職

営業職であれば、未経験の業界でも採用されやすいです。

さらに前職が営業職の場合は即戦力として見られるので、確率は倍増します。

営業職がいなければ折角開発したゲームも販売されず、損害を被ることがあります。

営業職はそういった点において非常に大切なポジションとなり、常に優秀な人材を求めている可能性が高いです。

営業職未経験だとしても、採用口は広いため採用されやすいでしょう。

ひつりん
ひつりん

営業はどの業界でも採用されやすい貴重なポジション!

その他エフェクトデザイナー、CGデザイナーなどがあります。

実務経験はなくとも採用時にアピールできるようなスキルを持っておけば採用されることも。

ただし狭き門であることを覚えておきましょう。

未経験で転職するために最低限必要なもの

未経験で転職するためには、最低限習得しておきたいスキルをまとめます。

  • プログラミングスキル・ゲームエンジンの知識
  • ポートフォリオの作成

プログラミングスキル・ゲームエンジンの知識

プログラミングスキルを身に着けた上で、転職活動をおこなってください。

またゲーム制作には欠かせないゲームエンジンについても押さえておきましょう。

覚えておきたいプログラミング言語

ゲーム業界で使われる頻度の高いプログラミング言語は、以下の通り。

  • C++
  • C#
  • Java
  • JavaScript
  • Go
  • Objective-C
  • Kotlin
  • Swift
  • PHP
  • Ruby
  • Python

特にC#は、多くのゲーム開発会社で使われているゲームエンジン「Unity」で利用される言語です。

ゲーム業界で働きたいのであれば、C#は覚えておきましょう。

また、近年はiOS製品も充実するようになり、Appleユーザー向けのアプリも増えてきました。

iOS向けのアプリを開発する際に欠かせないのが「Swift」です。

もしもiOS向けのゲーム業界へ転職を目指すのであれば、こちらも習得しておきましょう。

しかしそうでない場合、優先順位は低いので、他のプログラミング言語を覚えるようにしましょう。

ひつりん
ひつりん

オンラインスクールに通ったりして習得しよう!

プログラミングする上で必要となるスキル

  • GitHub(ギットハブ)やBitbucket(ビットバケット)ソースコード管理の知識。
  • データを扱う上で必要になるデーターベースの知識

なども覚えておいたほうがいいでしょう。

しかし、すべてを覚えるのは難しいので、行きたい会社がどんなスキルを求めているかをしっかりリサーチ、勉強する優先順位をつけましょう。

ゲームエンジン

ゲームを制作する上で欠かせなくなっているゲームエンジン。

中でも以下の2つは押さえておきましょう。

  • Unity(ユニティ)
  • Unreal Engine(アンリアルエンジン)

UnityはポケモンGOやスーパーマリオRUNなどスマホゲームに開発に、Unreal EngineはドラゴンクエストXIなどのコンシューマーゲームでの開発に利用されています。

ゲームエンジンを使ってのゲーム作成はポートフォリオにもなります。

実際にゲームを作って勉強してきましょう。

Cocos2d-xなど他のゲームエンジンについても知っておくといいでしょう。

ひつりん
ひつりん

Unityは当サイトでも解説しています。

ポートフォリオの作成

ポートフォリオの作成は必須となります。

ゲーム業界へ転職するのであれば、自身で手掛けたゲームアプリをいくつか紹介できるようにしておきましょう。

未経験者の場合、面接官もスキルを把握するのが難しいです。

しかし、ポートフォリオがあれば手っ取り早く自分のスキルを見せることができますし、アピールにもつながります。

未経験でも実力があると分かってもらえれば採用もされやすくなるので、必ず作成しておきましょう。

ひつりん
ひつりん

転職活動を始める前に作るのがベスト!

未経験者が採用されるためにはどうやって就職・転職活動をする?

未経験者が採用されるためには、転職活動にも工夫が必要です。

主に以下3つの方法があるでしょう。

  • 転職エージェントに相談する
  • 未経験募集の求人にひたすら応募する
  • スクール・専門学校でスキルアップする

転職エージェントに相談する

未経験でも転職のサポートをしてくれる転職エージェントのサービスを利用しましょう。

エージェントは、非公開求人を紹介してくれるだけではなく、側に寄り添った転職活動をサポートしてくれます。

未経験でも採用されやすい求人や、自分の理想に見合った求人を見つけてもらえるので、自分一人で転職活動をしているときよりも簡単に求人が見つかるでしょう。

エージェントは基本的に無料で登録可能なので、求人を探す時間を節約し、ポートフォリオや志望動機の作成に時間を回すこともできます。

ただし、未経験での転職は、転職エージェントを利用してもかなり狭き門ということを覚えておきましょう。

ひつりん
ひつりん

エージェントと転職活動すれば心細くないよ!

以下の記事も参考にしてください。
未経験でUnity開発案件を受注・転職する方法とは

未経験募集の求人にひたすら応募する

未経験の応募も可能な求人にひたすら応募するのも、方法のひとつです。

求人には未経験でも可能と書かれてあるのに、結局は経験者を優遇する企業は多くあります。

未経験者の場合、経験者に比べると実務経験がないため採用候補から外れやすいです。

「数うちゃ当たる」わけではありませんが、少しでも面接に進めるように、沢山の求人に応募をすることで採用につながることもゼロではありません。

ひつりん
ひつりん

書類選考を通らないと何も始まらない!

スクール・専門学校でスキルアップする

未経験でゲーム業界は狭き門。

未経験での就職を目指すならなおさらです。

なので、まずはスクールに通ってスキルアップすることがオススメ!

例えばヒューマンアカデミーなら、初心者でもゲーム作りの基礎からしっかり手助け。

また長期インターンシップなどゲーム業界に就職するためのサポートも万全です。

ゲーム業界に就職したい!と思うなら専門学校を活用するのがいいでしょう。

ひつりん
ひつりん

サポートが手厚いところはたくさん!

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント

未経験でもゲーム業界に転職は出来る!20代のうちに動こう!

未経験でもゲーム業界に転職することはできます

しかしゲーム業界に関わらず、異業種への転職は簡単ではありません

ですが、20代は若いため、「若さ」という点で非常に有利。

新しくプログラミング言語を覚えることも、若いうちであれば身に着けやすいでしょう。

転職したいと思ったときが一番若い時です。

後悔しないよう、今のうちに動き出しましょう!

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました