MidworksにUnity案件はある? 案件の充実度・マージン・福利厚生を解説

Midworksの 口コミ・評判 ゲーム業界で転職・就職したい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

Midworksは、フリーランスエンジニア向けの「フリーランスエージェント」のサイトです。

フリーランスは、案件を獲得しなければ報酬を稼ぐことができません。

しかし、未経験の場合や実務経験がない場合契約を結ぶことも困難です。

一方フリーランスエージェントに登録すると、経験が浅くても仕事を獲得することが可能となります。

中でもMidworksは、フリーランスエージェントやクラウドソーシングサイトにおいて、特にフリーランスの味方となってくれるエージェントサイトです。

この記事では、Midworksの特徴やメリット、デメリット、Unityの案件の種類について説明しています。

フリーランスとして仕事がほしい方、どのエージェントに登録するか迷っている方は、ぜひ確認してみてください。

ひつりん
ひつりん

Midworksはフリーランスデビューの方にもおすすめ!

100万円以上の高単価あり!
ITエンジニアのためのフリーランスエージェント
Midworks公式を確認する

無料で相談、登録カンタン30秒!


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

Midworksは実務経験1年以上ないと使用できない!

Mdworksに登録できる人は、実務経験が1年以上ある人限定です。

そのため、実務経験のない未経験の人は登録ができません。

フリーランスエージェントの中には、実務経験がなくても登録可能なサイトがいくつかあります。

実務経験の少ないフリーランスエンジニアはMidworksに登録できませんが、別のサイトに登録することができるのでそちらを確認しましょう。

まだフリーランスになっていない方は、まずは経験を積み、実務経験を増やすことを考えてください。

Midworksは後述するように、フリーランスにとってとてもメリットが高いエージェントサイトです。

まずは1年実務経験を得てから、フリーランスデビューするのも良いでしょう。

ひつりん
ひつりん

未経験や初心者には少し厳しいサイトかも…

Midworksのメリット

Miworksには以下3つのメリットがあります。

  • 保障や福利厚生が正社員並みに手厚い
  • マージン率を公開しておりミスマッチが少ない
  • 非公開案件が豊富

Midworksは他のフリーランスエージェントよりも、フリーランスの味方になってくれるサイトです。

一つひとつ確認していきましょう。

保障や福利厚生が正社員並みに手厚い

Midworksの最大の強みは、正社員並みに手厚い保障が受けられることです。

保障には主に以下4つの種類があり、正社員のように安定的ではないフリーランスにとって、とても安心できる点となっています。

  • 給与保障制度がある
  • フリーランス協会に入れる
  • 会計ソフトfreeeの会員になれる
  • 月1万円のキャリアアップ支援代が支払われる

Midworksでは、万が一仕事がとれなくなってしまった場合に、月額契約単価の約80%が給与として支払われる給与制度があります。

フリーランスは、仕事が不安定。

1つの仕事が終わったからといって、次の仕事がすぐに獲得できるわけではありません。

その場合、収入も不安定になるので、生活するのも困りますよね。

しかし、Midworksではこのような給与保障制度をとることによって、フリーランスエンジニアに安定的な収入を与えることができるため、フリーランスでも安心して過ごすことが可能になります。

Midworksに登録すると、フリーランス協会のベネフィットプランを無料で使うことができます

フリーランス協会とは、情報漏洩や納期遅延によって賠償責任が生じてしまった場合にフリーランスを守ってくれる社団法人です。

Midworksに登録すると、無料でフリーランス協会に入会できるため、そのような事態に陥っても安心して仕事をすることができます。

さらに、会計ソフトとして広く知られている「freee」を無料で使用することができます

フリーランスは自分で確定申告をする必要があるため、毎月の収入や経費の整理が必要となってきます。

しかしながら、収入の整理や経費の仕分けというのは、初めてやる人にとってはとても難しい行為でもあります。

そのため、「freee」のような会計ソフトが利用できるのは、フリーランスにとってもとても有益なことだと言えるでしょう。

月に1万円の書籍代以外にも、交通費の支給や保険料の負担など、フリーランスにとって得となる支給が多いです。

特にフリーランスエンジニアはスキルアップが必要となる職業であるため、オンライン講座やテキストで勉強することも多いでしょう。

そういった場合に、この支給制度はとてもメリットとなります。

webのオンライン講座は10万円近くなることも珍しくはありません。

そのため1万円でも支給されると、フリーランスの負担が少なくなりますよね。

このように、Midworksに登録するとフリーランスにとってはメリットだらけの保障や、福利厚生の恩恵を受けることが可能になります。

これだけでも、登録できるのであればMiworksに登録した方が良いと思ってしまいますね。

ひつりん
ひつりん

フリーランスなのにこれだけ手厚いサービスを受けられるのはMidworksだけ!

100万円以上の高単価あり!
ITエンジニアのためのフリーランスエージェント
Midworks公式を確認する

無料で相談、登録カンタン30秒!

マージン率を公開しておりミスマッチが少ない

Midworksは他のサイトとは異なり、マージンを公開しています。

マージンを公開しなかったことにより、「この仕事量でこれぐらいしか報酬がないの?」とフリーランス側が思うことや、「これだけ支払っているのにこれぐらいの仕事量?」とクライアント側がおもってしまうなど、双方のミスマッチが起きてしまう場合も考えられます。

しかし、マージンを公開することで「どれぐらい報酬が支払われるのか」「どれぐらいの報酬を支払うことになるのか」を、お互いに知ることができるので、そのようなミスマッチを防ぐことができます

Midworksのマージン率は15〜20%であると明言されており、業界においても低いマージン率であることが分かっています。

それにより、案件によっては高単価な案件を獲得することが可能ですし、年収1000万円も夢ではないでしょう。

ひつりん
ひつりん

ミスマッチをなくしてストレスなく働ける!

非公開案件が豊富

Midworksが実際に公開している案件数は、全体のおおよそ20%程度です。

非公開の案件は、全体の80%程度あると言われています。

非公開の案件の中には、大手企業や外資系企業といった比較的高単価な案件が多く存在しており、さらには世の中に広まっていない新規のプロジェクトの案件も存在します。

新しい分野に参画できるチャンスもめぐってくるため、フリーランスエンジニアにはとてもメリットのある案件が多くあります。

一方、好条件で高単価な案件というのは、すぐに締め切られます

公開案件の場合はスキルが高い人が順番に採用されていく案件ばかりなので、まだ経験が浅い人や契約数が少ない人には、めぐってくるチャンスもありません。

しかし、Midworksのようにエージェントが間に入ってくれることで、非公開の案件を獲得できるチャンスもめぐってきますし、誰とも競争せずにマッチできたクライアントの仕事を獲得できるようになるので、おすすめです。

ひつりん
ひつりん

公開案件数より非公開案件数を見た方が良い!

Midworksのデメリット

Midworksのメリットについて説明してきましたが、デメリットもあります。

主に以下2つの点において、デメリットと言えるでしょう。

  • 東京周辺・大阪近辺の案件ばかり
  • 在宅ワーク案件は少ない

東京周辺・大阪近辺の案件ばかり

Midworksは東京や大阪などの都市付近の案件が多いです。

対応エリアは関東と関西がメインですが、その中でも特に東京と大阪が半分以上を占めています。

もともとIT企業やエンジニアの仕事は、東京一極集中と言われるほど東京に集中していました。

近年では大阪を中心とする関西エリアに、IT系のベンチャー企業が増加しており、その結果Midworksでの仕事も二つの土地に集中するようになりました。

さらに、Midworksはサポート開始が2015年からだったため、昔から存在する老舗のエージェントサイトに比べると地方の案件数が少ないです。

関東や関西以外に在住している方は、他のエージェントに登録した方が良いかもしれませんね。

しかし、Midworksよりも手厚い福利厚生や保障が充実したエージェントサイトは少なく、さらにそれを強みに今後Midworksは成長していくとも考えられます。

今のうちに登録しておいて損はないと言えるでしょう。

ひつりん
ひつりん

逆に関西、関東に住んでいる人はMidworksに登録しよう!

在宅ワーク案件は少ない

Midworksに登録されている案件の多くは、常駐型の仕事ばかりです。

そのため、リモートワークで働きたいと考えている方にとっては、案件が少ないと感じるかもしれません。

そもそも、フリーランスエンジニアは常駐型の案件がほとんどです。

理由としては、リモートワークメインの仕事はスキルが高い人に対応してもらいたいと、クライアント側が考えるからでしょう。

そういった面から、在宅ワークの仕事が少ないのが現状です。

家で仕事をしたいと考えている方には、Miworksで仕事を探すのは難しい可能性も。

しかし、少ないとは言え全くないわけではありませんし、近年フリーランスでの働き方やリモートワークの働き方が注目されています。

今は在宅型が少なくても、今後増えていく可能性は充分にあり得るので、登録して損することはないでしょう。

ひつりん
ひつりん

今後フルリモートワークは増える可能性大!

Midworksに多い案件の種類は?プログラミング言語は?

Midworksに登録されている案件のほとんどが「サーバーサイドエンジニア」向けの案件ばかりです。

2022年4月時点で、Midworksで募集している公開案件は約5000件あり、そのうちの600件近い案件が「サーバーサイドエンジニア」向けの案件です。

その次に、フロントエンジニアやwebディレクターとなっています。

サーバーエンジニア含むインフラエンジニアの案件は少なく、インフラエンジニア向けの案件を探している方にとっては、Midworksは向いていないかもしれません。

また、Midworksでもっとも募集が多いプログラミング言語は「Java」で、2022年4月時点では1400件以上の案件があります。

その次に案件の多い言語は「PHP」であり、この結果はMidworksだけではなく他のエージェントやクラウドソーシングサイトでも同様となります。

 

やはり、ほぼ全てのエンジニアにとって必要とされるプログラミング言語が扱えるほうが、応募できる仕事が多いでしょう。

しかし、公開している案件ではそのような結果になっただけであり、非公開案件がどのような結果になるかはわかりません。

Mioworksは全案件中約80%が非公開案件なので、もっと多くの案件があると考えても良いでしょう。

ひつりん
ひつりん

少ないと思っていても諦めることはない!

100万円以上の高単価あり!
ITエンジニアのためのフリーランスエージェント
Midworks公式を確認する

無料で相談、登録カンタン30秒!

MidworksでもUnity案件を受注できる!

Midworksには「サーバーサイドエンジニア」向けの案件が多いとお伝えしましたが、Unity案件ももちろん存在します。

2022年4月現在、Midworksで募集されているUnityの案件は200件あります。

ここでは、以下2つの観点から、Midworksに登録されているUnity案件について説明します。

  • Unity案件の種類
  • Unity案件の単価相場

Unity案件の種類

Midworksで応募されているUnityの案件には以下のような種類があります。

  • 3Dゲーム開発
  • スマートフォン向けアクションゲーム揮発
  • コンシューマー向けゲーム開発
  • PCゲーム開発
  • スマートフォン向けゲーム/開発サポートツール開発および運用案件

Unity案件は、主にゲーム開発の案件が多め

特にゲームの中でも、スマートフォン向けのゲーム開発は豊富にあります。

近年、スマートフォン向けアプリやゲームの市場は急激に成長しており、Unityの案件は増加傾向です。

しかし一方で、Unityを扱えるエンジニアは不足しています。

そのため、Unity案件の需要は比較的高いと言えるでしょう。

さらに、Unityは今後様々な分野で成長する分野だと言われています。

主に、以下4つの分野においてUnityの需要は高まっていくでしょう。

  • 自動車産業
  • 医療現場
  • 建築業界
  • 宇宙開発

このことから、Unityは需要が高くニーズのある分野であるため、どのようなサイトでも今後Unityの案件は増えると言えます。

Midworksでは現在、Unity案件はまだ少ないほうではありますが、今後増えていく可能性は高いでしょう。

ひつりん
ひつりん

Unityは今急成長している分野!今のうちに勉強しておこう!

Unity案件の単価相場

Midworksで募集されているunity案件の単価相場は、高くて65万円です。

Unityは経験年数によって単価が変わりやすい分野であり、経験年数が5年以上あれば単価100万円もありえるでしょう。

また、UnityだけではなくC#も扱えると単価相場が上がる傾向にあります。

実際にMidworksのUnity案件を調べると、C#も使用する案件の単価は85万円のものもありました

このことから、Unityの案件は65万円以内と少し低い案件が多いですが、使用できる言語や経験年数が高いと、単価相場が高くなる傾向にあります。

ひつりん
ひつりん

経験年数が高いほどUnity案件の単価相場は高くなる!

Midworksの良い口コミと悪い口コミ

Midworksを実際利用した方はどのような感想をもったのでしょうか?

口コミをチェックしていきましょう。

Midworksの悪い口コミ

Midworksの悪い口コミは以下のような物があります。

Midworksの悪い口コミで、一番多かったものが「押し売りが強すぎる営業が不愉快」といった内容でした。

また、人によっては営業担当の態度が悪いこともあり、不愉快に感じる方もいたそうです。

営業の電話は平日ではなく、日曜日や土曜日の夜に突然かかってくることもあるそうで、営業の電話が苦手な人には不向きのサイトかもしれません。

また、経験年数が1年程度だとしても、紹介される案件数は少ない可能性があります。

少なくとも2年は実務経験がないと単価相場は低く、他サイトのエージェントやクラウドソーシングに登録する方が、単価相場は高くなるかもしれません。

Miworksは経験年数や実務経験を重きに置いており、他のサイトのようにスキルで案件を獲得するのは難しいでしょう。

そのため、経験年数が低い方や未経験の方は、Mdworksではなく他のエージェントに登録した方が良いかもしれませんね。

ひつりん
ひつりん

未経験には厳しいサイトの可能性大

未経験からUnityエンジニアになって授業料全額免除を狙うという手も!
テックスタジアム Unityコースの評判・料金・カリキュラム・転職サポートまとめ

Midworksの良い口コミ

一方、Twitterなどで調べてみると、Midworksには以下のような良い口コミがありました。

https://twitter.com/higusyunn/status/1133320544663801856?s=20&t=aPfzjnmT2SbQPof6qUDdZg

マージンを公開しているエージェントは数が少ないため、Midworksのようにマージンを公開しているエージェントは安全性が高く見られるようです。

また、一番の強みである給与保障やキャリアアップ支援費用の支給も、フリーランスエンジニアにとってはありがたい体制であるとの声も多かったです。

なかにはエージェントやクラウドソーシングに登録している数が10個以上の方もおり、Midworksだけではなく他のサイトも使用すると、より案件が見つかりやすくなるそうです。

まとめ|Midworksは保障が手厚い!フリーランス初心者こそおすすめのエージェント

Midworksは他のエージェントサイトと比べても手厚い保障制度、さらに福利厚生が整えられており、正社員なみに働くことができます

フリーランスは不安定な働き方になるため、Midworksのように次の仕事を獲得するまでの間に給与が支給されるのは、フリーランスにとって安心できる体制だと言えるでしょう。

しかし、Midworksに登録できるのは実務経験が1年以上である人限定なので、未経験の方は使用できないエージェントサイトです。

中には1年以上の経験年数があったとしても、2年は経験していないと案件の紹介をさせてもらえないなど、ほかのサイトに比べて実務経験のスキルが特に求められます

そのため、登録できたとしても案件を紹介してもらえないこともあり、ある程度実務経験を積んでからMidworksに登録した方が良いでしょう。

 

フリーランスにとって大切なのは、仕事の獲得や安定した収入、さらにスキルアップなどの自己錬磨です。

Midworksはスキルアップ支援の費用支給や、給与制度、賠償保障制度などフリーランスエンジニアの味方になってくれる体制が充実しています。

フリーランスデビューを決めた方こそMidworksに登録し、安定的に仕事を獲得していきましょう!

100万円以上の高単価あり!
ITエンジニアのためのフリーランスエージェント
Midworks公式を確認する

無料で相談、登録カンタン30秒!



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました