モーションデザイナーにおすすめの資格一覧 | Unity入門の森 ゲームの作り方

モーションデザイナーにおすすめの資格一覧

ゲーム業界で転職・就職したい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

モーションデザイナーになるため、スキルを効率よく学びたいと思うかもしれません。

でも何から手をつけたらいいかわからない…という方は、資格を取ることをおすすめします。
それによって自分のスキルレベルを冷静に評価でき、就職の際に自信を持って自分をアピールできるでしょう。

この記事では、モーションデザイナーにおすすめの資格、モーションデザイナーのなり方について取り上げます。

この記事はおすすめの人は・・・

  • 3DCGのスキルを上げたい
  • モーションデザイナーに有利な資格が知りたい
  • モーションデザイナーになりたい

オススメ!高評価のゲーム専門学校・オンラインスクールをチェックしよう!

オススメNo1:総合学園ヒューマンアカデミー

担任制・少人数制で丁寧な指導!ゲーム業界への近道はココ!

詳細はこちら

オススメNo2:代々木アニメーション学院

幅広い学科が魅力!40年以上の歴史あり!

詳細はこちら

オススメNo3:テックアカデミーUnityコース

完全オンラインでゲーム制作スキルを習得!パーソナルメンター付きでオリジナルアプリをリリース!

詳細はこちら

 


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

モーションデザイナーとは

モーションデザイナーとは、ゲーム、アニメなどのキャラクターを3DCGツールを使って動かし、命を吹き込む仕事です。
モーションを加えることによってキャラクターの性格や感情、場面をより魅力的に表現します。

モーションデザイナーに必要なスキル

モーションデザイナーに必要なスキルはいくつかあります。

  • 3DCGツール
  • 観察力
  • 造形力
  • コミュニケーション能力

特に3DCGの知識や技術は、資格を取ることによってスキル習得が見込めます。

資格を取るメリット

実は、モーションデザイナーになるための必須の資格はなく、資格を取ったからといってモーションデザイナーが確約されるわけでもありません。

しかし、メリットがあります。

  • 学習することによってスキルアップにつながる
  • 自分のスキルレベルを知ることができる
  • 就職の時に自分のスキルをアピールできる

まず、資格取得に向けた学習は、モーションデザイナーに必要なスキル向上につながります。
また、採点してもらうことによって自分のレベルを評価ができ、自信を持って企業にアピールできるでしょう。

自分のスキルをアップを後押しするために資格取得はおすすめです。


ゲームクリエイター専門学校の資料請求はこちら
【学歴不問・高卒、元ニートでも挑戦できる】

モーションデザイナーにおすすめの資格

それではモーションデザイナーのおすすめの資格を見ていきましょう。

  • CGクリエイター検定
  • Photoshop®クリエイター能力認定試験
  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • 色彩検定

詳しく解説していきます。

CGクリエイター検定

CGをデザインする仕事として、一番おすすめするのはCGクリエイター検定です。

CGクリエイター検定とは、2DCG、3DCGの映像制作に関する知識や技術を測定する検定試験のことです。

デザインや2DCGに関する基礎から、モデリングやアニメーションの3DCGの手法までさまざまな知識が問われます。

レベルはベーシックとエキスパートに分かれています。

  ベーシック エキスパート
受験資格 誰でも可能
受験料 5,600円 6,700円
形式 マークシート
問題数 10問
試験時間 60分 80分
合格基準点 70点(100点満点中)※難易度によって多少変動
出題範囲 CGとは
表現の基礎
2DCGと写真撮影
3DCGの制作
技術の基礎
知的財産権
実写撮影
映像編集
モデリング
リギング
CGアニメーション
シーン構築
プロダクションワーク
知的財産権
ファイル形式・規格
数理造形

Photoshop®クリエイター能力認定試験

Adobe Photoshop® は世界基準で使われているグラフィックツール。
クリエイターであれば、必ず持っておきたいスキルです。

Photoshop®クリエイター能力認定試験とは、グラフィックツール「Adobe Photoshop®」のスキルや能力を評価する検定試験のことです。
画像ファイルの作成、問題の指示に従った作品作りなどコンテンツ制作のスキルを問われます。

レベルはスタンダードとエキスパートに分かれています。

  スタンダード エキスパート
受験資格 誰でも可能
受験料 7,600円 8,600円
試験時間 第1部:40分第2部:90分 第1部:50分第2部:90分
合格基準点 実技問題の得点率65% 以上

実践問題の得点率70% 以上
知識問題・実技問題の得点率65% 以上

実践問題の得点率70% 以上
出題範囲
・問題数
【第1部】
実技:​​​​Adobe Photoshop®の基本操作による画像の作成
(テーマ別大問7~9問程度)
【第2部】
実践:Adobe Photoshop®の操作による作品制作
(1テーマ)
【第1部】
知識:Adobe Photoshop®および画像処理に関する知識
(テーマ別大問4~6問程度)
実技:Adobe Photoshop®の操作による画像ファイルの作成
(テーマ別大問4~6問程度)
【第2部】
実践:Adobe Photoshop®の操作による作品制作
(1テーマ)

Illustrator®クリエイター能力認定試験

もう一つ持っておきたいスキルは、Adobe Illustrator®です。

Illustrator®クリエイター能力認定試験とは、グラフィックツール「​​Adobe Illustrator®」のスキルや能力を評価する検定試験のことです。

Webデザインパーツの作成、またPhotoshopの試験と同様、問題の指示に従った作品作りなどコンテンツ制作のスキルを問われます。

レベルはスタンダードとエキスパートに分かれています。

  スタンダード エキスパート
受験資格 誰でも可能
受験料 7,600円 8,600円
試験時間 第1部:40分
第2部:90分
第1部:50分
第2部:90分
合格基準点 実技問題の得点率65% 以上

実践問題の得点率70% 以上
知識問題・実技問題の得点率65% 以上

践問題の得点率70% 以上
出題範囲
・問題数
【第1部】
実技:​​​​Adobe Photoshop®の基本操作による画像の作成
(テーマ別大問7~9問程度)【第2部】
実践:Adobe Photoshop®の操作による作品制作
(1テーマ)
【第1部】
知識:Adobe Illustrator®およびDTP、Webデザインに関する知識
(テーマ別大問4~6問程度)
実技:Adobe Illustrator®の操作によるDTPファイル、及びWebデザインパーツの作成
(テーマ別大問4~6問程度)【第2部】
実践:Adobe Illustrator®の操作による作品制作
(1テーマ)

色彩検定

クリエィティブな仕事をするなら、色彩の感覚が大切。
センスの良い配色はキャラクターをより魅力的にします。

色彩検定とは、文部科学省公認で、色に関するさまざまな知識と技能について評価する検定試験のことです。
3級〜1級、UC級(ユニバーサル級)に分かれています。

  3級 2級 1級 UC級
受験資格 誰でも可能
実施時期 夏期(6月)
冬期(11月)
夏期(6月)
冬期(11月)
冬期のみ
1次試験(11月)
2次試験(12月)
夏期(6月)
冬期(11月)
受験料 7,000円 10,000円 15,000円 6,000円
形式 マークシート マークシート
(一部記述)
1次:マークシート
2次:記述(一部実技)
マークシート
(一部記述)
試験時間 60分 70分 1次:80分
2次:90分
60分
合格基準点 満点の70%前後。問題の難易度により多少変動。

モーションデザイナーになるには

最後に、モーションデザイナーになる方法について取り上げます。

  • 専門学校や美術系大学で学ぶ
  • スキルを磨く
  • 制作会社で経験を積む

専門学校や美術系大学で学ぶ

独学も可能ですが、モーションデザイナーは高いスキルが求められる職種のため、ゲームやCG・デザイン系の専門学校や美術系大学でプロから学ぶ方が効率的です。

学校によっては、資格取得のバックアップに力を入れているところもあります。
学校を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

スキルを磨く

3DCGのツールにたくさん触れて、知識やスキルを習得しましょう。

常日ごろから色々なものを吸収し、観察力を養うことも大切です。
作品作りのヒントやアイデアは、ゲームだけではなく映画、アニメ、演劇などからも得られます。

また造形力を養うために、作品をたくさん作りましょう。
できた作品はポートフォリオとして就職活動の際に役立てることができます。

制作会社で経験を積む

さまざまな業種でモーションデザイナーの人材を募集しています。

  • ゲーム制作会社
  • アプリ開発会社
  • 映像制作会社
  • アニメ制作会社
  • 映画制作会社 

特にゲーム業界の成長は止まることを知らず、モーションデザイナーが必要とされています。

これまで学んで得たスキルや資格を活かしながら、制作会社でさらにスキルを磨き、実績を積むことができるでしょう。
現場で働くことによってコミュニケーション能力も鍛えられます。

キャリアパスとして、モーションデザイナーのスペシャリストになるか、新しいスキルを身につけてキャリアチェンジする方法があります。

未経験からゲームクリエイターになれるおすすめ専門学校・オンラインスクール3選

ゲームクリエイター・ストリーマーになるためのゲームの学校・スクールはたくさんあるけど、結局どこがいいんだよー!!

ばこ
ばこ

そんなあなたに当サイトおすすめのゲーム専門学校を3つご紹介します!

ヒューマンアカデミー【ゲーム企業と連携多数!有名ゲーム会社に就職実績あり】

  • スクエニなどゲーム関連協力企業数はなんと300以上!
  • リアルタイムの業界の最先端教育を受けられる
  • 現場で求められている技術の習得が可能
  • プロによる授業を受けられる
  • 専門校には珍しい2年・3年の選択制可能

ヒューマンアカデミーは、全国19カ所に校舎があるので通いやすいのがポイント。

どこの校舎にもプロの講師がいるので質の高い授業を受けられます。

業界セミナーや企業課題への協力やインターンシップなど現場の知識や経験を積む環境が整っているので即戦力となることができます。

また、業界からの評価や知名度も高いので大企業・有名企業からの求人も多く、全国に校舎があるので、地方にいても大都市情報を常に共有し、希望の企業に就職できるチャンスが多いです。

2024年から3年制が開講。

もっとゲームについて学びたい!という方におすすめです。

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント

プロゲーマーを目指すかたはこちらeスポーツカレッジをチェック!

最短1年でプロになれる!
世界で活躍するプロゲーマーから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジの詳細を見てみる

無料で資料請求して夢を叶える

代々木アニメーション学院【知名度抜群!40年以上の実績は間違いなし!】

  • 未経験からゲームクリエイターになれるカリキュラム
  • ゲーム企画・Unity開発・CG制作などクリエイターになるためのスキルを習得
  • CyGame・サイバーエージェント・グリー・バンダイナムコなどゲーム会社への就職実績多数
  • 全国に学校があり、地方から大都市への就職も有利

代々木アニメーション学院は数多くのゲーム開発者を輩出してきた学校です。

全国に学校があるので上京や一人暮らしをする必要がありません。

全国的にネットワークがあり、有名企業とも連携しているので地方に住んでいても大都市への就職が有利なのもポイント。

講師は全員プロのゲームクリエイター。開発力を身に付けた2年目からはインターンシップも盛んに行われており有名ゲーム会社への就職チャンス多数。

ゲーム会社に就職できる実践力を身に付けて
未経験からプロのゲームクリエイターに
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ資料請求してゲームクリエイターへの一歩を踏み出そう

テックアカデミー【講師の質が高い】

テックアカデミー

  • 現役エンジニアから現場を学ぶ
  • 挫折せずやる気が続く
  • メンタリングは1回30分程度ビデオチャットでなんでも相談OK
  • メンターの通過率はたった10%なので講師の質は高め

TechAcademy(テックアカデミー)は、確かな指導力を持つ現役エンジニアから学べる、オンライン型のプログラミングスクール。

決まった時間にレッスンがあるわけではなく、メンター(講師)のフォローのもとまずは自主学習→疑問点はすぐメンターに質問という流れ。レッスンがない代わりにメンタリングがあるのが特徴です。

ほかのスクールとの違いは、講師の「質」。
メンターになるための選考は、通過率なんと10%の狭き門

ITスキルのみならず「講師」としての適性を持つエンジニアが指導にあたってくれるため安心です。

\専属メンターが徹底サポート/
オンラインでプロになる
テックアカデミーUnityコースを見てみる

気軽にメンターに相談

まとめ

モーションデザイナーにおすすめの資格は以下のとおりです。

  • CGクリエイター検定
  • Photoshop®クリエイター能力認定試験
  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • 色彩検定

資格を取ることによって自分のスキルレベルを冷静に評価でき、就職の際に自信を持って自分をアピールできます。
また学習して得た知識やスキルは、キャリアアップ・キャリアパスにも有利に働くでしょう。

資格取得を目指すメリットはたくさんあります。
モーションデザイナーにおすすめの資格にぜひトライしてみてくださいね。



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました