モーションデザイナーの仕事内容と求人情報 | Unity入門の森 ゲームの作り方

モーションデザイナーの仕事内容と求人情報

ゲーム業界で転職・就職したい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

ゲームキャラクターがいきいきと動く姿を見ると、ストーリーに惹き込まれますね。
キャラクターを自由に動かしているのは、モーションデザイナーです。

モーションデザイナーはどのような仕事をしているのでしょうか。
モーションデザイナーは、3DCGツールを用いてキャラクターたちの個性や感情を「動き」で表現します。

この記事では、モーションデザイナーの仕事の内容と必要なスキル、求人情報について取り上げます。

この記事はこんな人におすすめです。

  • 「キャラクターを動かしてみたい」
  • 「観察することが好き」
  • 「チームで作品を作ってみたい」

オススメ!高評価のゲーム専門学校・オンラインスクールをチェックしよう!

オススメNo1:総合学園ヒューマンアカデミー

担任制・少人数制で丁寧な指導!ゲーム業界への近道はココ!

詳細はこちら

オススメNo2:代々木アニメーション学院

幅広い学科が魅力!40年以上の歴史あり!

詳細はこちら

オススメNo3:テックアカデミーUnityコース

完全オンラインでゲーム制作スキルを習得!パーソナルメンター付きでオリジナルアプリをリリース!

詳細はこちら

 


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

モーションデザイナーの仕事内容

今回は特にゲームのモーションデザイナーについて取り上げます。
魅力的なモーションはどのように作られるのでしょうか。
さっそく仕事の内容について見ていきましょう。

  • 入念な打ち合わせ
  • リギングの作成
  • モーションの作成
  • 実装

では一つずつ見ていきます。

入念な打ち合わせ

まず、モーションのリストアップのために、プランナーたちと詳細の打ち合わせを行います。
キャラクターの性格や背景、感情などをよく理解し、モーションに活かすためです。
これによって、モーションとキャラクターの特徴の差異をなくすことができます。

また、プログラマーとも打ち合わせをしっかりします。
モーションデザイナーのデザインしたものが、実際のプログラミングに不具合なく反映できるかどうか確認するためです。

このように、キャラクターたちをより魅力的にするため、またスムーズにデータのやり取りをするために入念な打合せがとても大切。

リギングの作成

リギングとは、3DCGツールを使ってキャラクターをなめらかに動かす仕組み(リグ)を作ることです。
キャラクターをわかりやすく直感的に、動かしやすくするためにとても大切な工程です。

モーションの作成

モーション作成は、人物だけではなく動物・背景などゲーム内の動く物が含まれ、それぞれの特性や役割に合わせたモーションをデザインします。

キャラクターの場合、性格や感情に合わせた動きをつけていきます。
活発なキャラクターなら大きなモーション、控えめなら小さなモーションといった具合です。
前もって入念な打ち合わせをしていることで、より明確にキャラクターを表現できます。

実装

モーションデザイナーの仕事は、動きのデザインを専門とする仕事。
そのため、プログラマーやエフェクトデザイナーと連携して、モーションデータをゲームシステムに実装する必要があります。

スムーズなやり取りをするためにコミュニーケーションがとても大切です。


ゲームクリエイター専門学校の資料請求はこちら
【学歴不問・高卒、元ニートでも挑戦できる】

モーションデザイナーに必要なスキル

続いて、モーションデザイナーに必要なスキルを取り上げます。

以下のスキルが大切です。

  • コミュニケーション能力
  • 観察力、造形力
  • 3DCGツールのスキル

スキルを証明するおすすめの資格もありますので、さっそく見ていきましょう。

コミュニケーション能力

モーションデザイナーは、ディレクターやプランナー、プログラマー、エフェクトデザイナーなど、さまざまな専門分野の人たちと連携して制作します。

そのため相手の要望を正確にくみ取り、自分の意見も上手に伝えるためにコミュニケーション能力が必要です。

観察力、造形力

魅力的なシーンにするには「絵になる」モーションが求められます。

違和感のない自然な動きをさせるためには、人体や動物の構造、筋肉の動きの知識が不可欠です。
時には自分で演技してみることもあるでしょう。
日ごろから様々なものの造形や仕草をよく観察し、センスを磨くならスキル向上に役立ちます。

そして造形力も不可欠です。
作りたい動きを実際に表現できるようになるため、知識と訓練を積みましょう。

3DCGツールのスキル

3DCGツールを使えるようになりましょう。

ゲームのモーションに使われるツールは以下のとおりです。

  • Maya
  • 3dsMAX
  • MotionBuilder
  • SoftImage

会社によって用いるツールは異なりますが、一般的なツールの使い方をマスターしておくと良いでしょう。
ツールにさわれる程度ではなく、使いこなす必要があります。

また、新しいテクニックやツールの習得を日ごろから目指すなら、スキルアップに役立つでしょう。

スキルを証明する資格

特別な資格は求められていませんが、モーションデザイナーにおすすめの資格があります。

  • CGクリエイター検定
  • Photoshop®クリエイター能力試験
  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • 色彩検定2・3級

これらを持っておくことで、自分のスキルを正確にはかり、就職の時のアピールとして役立つでしょう。

モーションデザイナーの求人情報


独学・未経験からのチャレンジは難易度高め。
3DCGツールやモーションのスキルを取得して実践に活かせるようになるまで相当の努力が必要でしょう。

効率的にスキルを習得したいのなら、ゲームやCG・デザイン系の専門学校などでプロ講師から直接学び、制作会社で経験を積む方法がおすすめです。

モーションデザイナーの求人、就職先

さまざまな業種で、モーションデザイナーの求人は募集されています。

  • ゲーム制作会社
  • アプリ開発会社
  • 映像制作会社
  • アニメ制作会社
  • 映画制作会社

モーションデザイナーはさまざまな業種で需要のある仕事です。

特にゲーム業界の成長は衰えておらず、ますます拡大すると見られることからモーションデザイナーの将来性が見込まれます。
専門的なスキルを身につけ、モーションデザイナーを目指す価値が十分にあるでしょう。

モーションデザイナーの年収

モーションデザイナーの平均年収は、求人ボックスによると正社員で500万円ほどです。
日本の平均年収は458万円ですから、平均よりも高い年収。

ただし勤務先、経験などによって収入の幅は異なります。
経験が浅い場合は300万円程度、経験を積むことで700万円を目指せる場合もあります。

モーションデザイナーのキャリアパス

キャリアパスに関しては、2パターン考えられます。

  • スペシャリストとしてさらに専門性を磨く
  • 新たなスキルをプラスしてキャリアチェンジ

キャリアチェンジとして目指せる職種は、アートディレクター、モーションアクター、キャラクターデザイナーなどがあります。

未経験からゲームクリエイターになれるおすすめ専門学校・オンラインスクール3選

ゲームクリエイター・ストリーマーになるためのゲームの学校・スクールはたくさんあるけど、結局どこがいいんだよー!!

ばこ
ばこ

そんなあなたに当サイトおすすめのゲーム専門学校を3つご紹介します!

ヒューマンアカデミー【ゲーム企業と連携多数!有名ゲーム会社に就職実績あり】

  • スクエニなどゲーム関連協力企業数はなんと300以上!
  • リアルタイムの業界の最先端教育を受けられる
  • 現場で求められている技術の習得が可能
  • プロによる授業を受けられる
  • 専門校には珍しい2年・3年の選択制可能

ヒューマンアカデミーは、全国19カ所に校舎があるので通いやすいのがポイント。

どこの校舎にもプロの講師がいるので質の高い授業を受けられます。

業界セミナーや企業課題への協力やインターンシップなど現場の知識や経験を積む環境が整っているので即戦力となることができます。

また、業界からの評価や知名度も高いので大企業・有名企業からの求人も多く、全国に校舎があるので、地方にいても大都市情報を常に共有し、希望の企業に就職できるチャンスが多いです。

2024年から3年制が開講。

もっとゲームについて学びたい!という方におすすめです。

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント

プロゲーマーを目指すかたはこちらeスポーツカレッジをチェック!

最短1年でプロになれる!
世界で活躍するプロゲーマーから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジの詳細を見てみる

無料で資料請求して夢を叶える

代々木アニメーション学院【知名度抜群!40年以上の実績は間違いなし!】

  • 未経験からゲームクリエイターになれるカリキュラム
  • ゲーム企画・Unity開発・CG制作などクリエイターになるためのスキルを習得
  • CyGame・サイバーエージェント・グリー・バンダイナムコなどゲーム会社への就職実績多数
  • 全国に学校があり、地方から大都市への就職も有利

代々木アニメーション学院は数多くのゲーム開発者を輩出してきた学校です。

全国に学校があるので上京や一人暮らしをする必要がありません。

全国的にネットワークがあり、有名企業とも連携しているので地方に住んでいても大都市への就職が有利なのもポイント。

講師は全員プロのゲームクリエイター。開発力を身に付けた2年目からはインターンシップも盛んに行われており有名ゲーム会社への就職チャンス多数。

ゲーム会社に就職できる実践力を身に付けて
未経験からプロのゲームクリエイターに
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ資料請求してゲームクリエイターへの一歩を踏み出そう

テックアカデミー【講師の質が高い】

テックアカデミー

  • 現役エンジニアから現場を学ぶ
  • 挫折せずやる気が続く
  • メンタリングは1回30分程度ビデオチャットでなんでも相談OK
  • メンターの通過率はたった10%なので講師の質は高め

TechAcademy(テックアカデミー)は、確かな指導力を持つ現役エンジニアから学べる、オンライン型のプログラミングスクール。

決まった時間にレッスンがあるわけではなく、メンター(講師)のフォローのもとまずは自主学習→疑問点はすぐメンターに質問という流れ。レッスンがない代わりにメンタリングがあるのが特徴です。

ほかのスクールとの違いは、講師の「質」。
メンターになるための選考は、通過率なんと10%の狭き門

ITスキルのみならず「講師」としての適性を持つエンジニアが指導にあたってくれるため安心です。

\専属メンターが徹底サポート/
オンラインでプロになる
テックアカデミーUnityコースを見てみる

気軽にメンターに相談

まとめ

モーションデザイナーとは、キャラクターなどに「動き」をつけ、性格や感情、場面を表現する仕事です。

入念な打ち合わせの後に、リギング・モーションの作成、実装へと進んでいきます。
それにはコミュニケーション能力、観察力・造形力、3DCGツールといった専門のスキルが求められるでしょう。

モーションデザイナーはさまざまな業種で求められており、成長を続けているゲーム業界も例外ではありません。
ストーリーやキャラクターにぴったりのモーションを表現できた時は達成感を感じ、とてもやりがいを感じるでしょう。

自分もキャラクターを動かしてみたい!という方はモーションデザイナーを目指してみてはいかがでしょうか。



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました