ゲーム業界に入って後悔?過酷な現場の特徴5選

ゲーム業界に入って後悔? 過酷な現場の特徴5選 ゲーム業界で転職・就職したい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

ゲーム市場は日々拡大しています。

幼少期からゲームが好きで、将来はゲーム業界に入りたいと思っている方もいるでしょう。

一方、ゲーム業界=ブラックというイメージがあり、就職に悩んでいる方もいるはずです。

「ゲーム業界は辛いって聞くけど、どこが辛いの?」

「ブラック企業には入りたくない!」

このように考えている方向けに、この記事ではゲーム業界の辛いところやブラック企業の特徴について説明しています。

一つひとつ確認し、あこがれのゲーム業界に入るかどうかを考えてください!

ひつりん
ひつりん

人によって辛いと感じるところは様々!自分のボーダーラインを見つけよう!


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

ゲーム業界の現場のつらいところ

ゲーム業界には以下5つの点において、辛いと感じる箇所があります。

  • 労働時間が長すぎる
  • 給料が低い
  • 納期が短い
  • 最新技術を追いかける必要がある
  • 作品が売れないことも普通にある
ひつりん
ひつりん

絶対に嫌だと感じるのはどれか探すのも手!

労働時間が長すぎる

ゲーム業界は労働時間が長いです。

新作ゲームのリリース前や、ゲームアプリの配信日前など、ゲーム業界は忙しい時期が頻繁にあります。

他業界のように年度末だけが繁忙期ではないので、常に忙しさと向き合う必要があるでしょう。

また残業時間もながく、休日出勤も当たり前な現場が中にはあります。

こういった労働時間が長い点が、辛いと感じる方もいます。

しかしながら、新型コロナウイルスの感染流行もあり、最近では家で作業する方もいるそうです。

企業によっては、働き方に改善の兆しが見られることもあります。

ひつりん
ひつりん

最近は残業時間20時間のところも増えてきたよ!

給料が低い

ゲーム業界は、相場的に給料水準が低い傾向にあります。

ゲーム会社の求人によっては、給料が高く提示されている場合がありますが、あれは現場以外の給料も入っているため高く提示されているだけです。

一般的に現場の給料は低く、中々昇給しないのも事実です。

ひつりん
ひつりん

入社したてのころは給料が低いよ!

納期が短い

納期が短く、厳しい環境で労働している現場も多いです。

スマートフォン向けアプリが多くリリースされるようになった近年、毎日のように何かがアップデートされたり開発されるようになりました。

早く出さないと他の企業に取られる競争社会でもあるため、納期が短い現場が多いです。

必然的に残業時間もながくなり、過酷な労働をするしかない状況になっている方もいるでしょう。

こういった点が向いていない・辛いと感じている方もいます。

ひつりん
ひつりん

忙しいのが辛い人は大変に感じるかも…!

最新技術を追いかける必要がある

ゲーム業界は、日々新しい技術を取り入れていく必要があります。

売れていくためにはそのような技術を勉強する必要もあり、大変に感じる方もいるでしょう。

さらに、ゲーム業界の現場はただでさえ納期が短く労働時間も長いので、勉強する時間がありません。

そういった所で、辛いと感じてしまう方もいます。

ひつりん
ひつりん

常に勉強しないといけないから大変かも!

作品が売れないことも普通にある

折角手掛けた作品でも、売れないことは普通にあります

頑張って作ったものが売れないと、士気がさがりますよね。

さらには、もしも非正規社員でなかった場合は、リストラされる恐れもあります。

そういったプレッシャーが辛いと感じ、やめてしまう方もいるでしょう。

ひつりん
ひつりん

頑張ったのに即配信停止になることもしばしば…

転職・入社するならこんな会社はやめとけ!

それでもゲーム業界に転職したい、働きたいと思っている方もいるはずです。

ゲーム業界に入りたいのであれば、以下3つについて確認し、求人を見極めるようにしてください。

  • 相場よりも高い給与を提示している会社
  • 開発タイトルが書かれていない会社
  • 求人数が多すぎる会社

折角入った会社が所謂「ブラック企業」と呼ばれている会社だったら、辛いですよね。

求人を確認し、是非参考にしてください。

ひつりん
ひつりん

ブラック企業でなければ頑張れるかも!

相場よりも高い給与を提示している会社

ゲーム業界の平均年収は300万円といわれています。

たとえば、求人にかかれてある年収が500万円~800万円など高い給料を提示していた場合は気を付けましょう

無理難題を押し付けてくる会社の可能性が、非常に高いです。

ひつりん
ひつりん

大手なら給料が高い可能性はありますが、良い会社かどうか見極めが必要!

開発タイトルが書かれていない会社

開発タイトルが書かれていない会社は、下請け会社の場合が多いです。

下請け会社の場合は、自社オリジナルのものではないためやる気が削がれる方が多くいます

また、取引先の会社が急な無茶ぶりをしてくることもあり、協力して開発することが難しく感じる方もいるでしょう。

自社オリジナルで、忙しくてもやる気に満ちた現場で仕事がしたい方は、このような求人は避けるようにしてください。

ひつりん
ひつりん

自社オリジナルがやりたいならここは確認しよう!

求人数が多すぎる会社

従業員の人数に対して、求人数が多すぎる会社はやめましょう。

入っても人がすぐにやめてしまう、典型的なブラック企業です。

ゲーム業界は求人数が多いので、すぐに就職先がみつかるかもしれません。

しかし、会社を見極めるためにも求人数がどれくらいあるのか確認は怠らないようにしましょう。

ひつりん
ひつりん

ゲーム業界に限らず求人数が多いところは気を付けて!

転職先を探したいなら転職エージェントを利用するのもアリ!

転職先を探したいなら転職エージェントを利用するのもアリ!

自分で就職先、転職先を探すのはとても大変・・・

探しても結局またブラックだった・・・

というケースも珍しくありません。

そういうときは転職のプロ、転職エージェントを利用するのもあり!

高単価案件を取り扱っているエージェントも珍しくありません。

大手からの案件もあるのでモチベーションもアップ!

またフリーランスに特化したサイトもあるので、自分がやりたい働き方が選べます。

ゲーム業界で働き続けたい!と考えるなら一度チェックしてみてくださいね。

フリーランスを目指すならフリーランスエージェントのMidworksをチェックしてみてくださいね。

100万円以上の高単価あり!
ITエンジニアのためのフリーランスエージェント
Midworks公式を確認する

無料で相談、登録カンタン30秒!

ゲーム業界が辛いと感じるまで頑張りすぎないように気を付けて!

ゲーム業界には、以下5つにおいて辛い箇所があります。

  • 労働時間が長すぎる
  • 給料が低い
  • 納期が短い
  • 最新技術を追いかける必要がある
  • 作品が売れないことも普通にある

しかしながら、昔からゲームをすることが好きだった人は、ゲーム業界で働くことを目標にしている方もいるでしょう。

そのような方は、ブラック企業に入らないように気を付ければ、楽しく仕事ができるかもしれません。

ブラック企業の見極め方は以下3つです。

  • 相場よりも高い給与を提示している会社
  • 開発タイトルが書かれていない会社
  • 求人数が多すぎる会社

いくらホワイト企業に入れたといっても、辛いと感じる方はいます。

個人によってどこが辛いと感じるのかは千差万別です。

見切りラインを決めて、辛いと感じてしまったら別の会社や別の業界に転職するのも手ですよ。

100万円以上の高単価あり!
ITエンジニアのためのフリーランスエージェント
Midworks公式を確認する

無料で相談、登録カンタン30秒!



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました