女性のためのクリエイター転職Creative Villageの評判は? ゲーム業界への未経験転職は可能?

ゲーム業界で転職・就職したい

クリエイターとして転職したいけど、ライフ・ワークバランスを重視した職場にはなかなか出会えない…。家庭も大切だし、業界を変えるしかないの?

ただの転職情報サイトで失敗した経験があって、しっかりサポートしてくれる転職エージェントを探しているんだけど…。

というお悩みはありませんか?

ゲーム業界やWEB業界、広告業界などのメディアに関わる業界は、日進月歩で変化しており、そこで活躍するクリエイターも常に知識や技能のアップデートが求められます。

1つの案件で活躍しても、次の案件も同じようなスキルで乗り切れるとは限りません。

日々勉強が求められる業界での転職活動は、なかなか大変ですよね。

そこで悩めるクリエイターの皆さんにおすすめなのが、Creative Village

会員登録することで、公開・非公開の求人に応募できるほか、専任のエージェントが転職活動のサポートをしてくれたり、実践的なセミナーでスキルアップできるチャンスが得られたりしますよ!

女性向けの情報も多く、女性クリエイターでも利用しやすいのが嬉しいですね。

今回は、そんなCreative Villageについて紹介していきます!

Creative Village公式サイト
  1. Creative Villageでは女性向けのゲーム転職案件がたくさん!
    1. クリエイティブな情報やツールを常に提供してくれる転職サイト!
    2. 掲載されている案件の給与帯は?
    3. Creative Villageではどんな案件を取り扱っているの?
      1. 在宅案件の選択肢は多いの?
      2. ツールやミドルウェア、メジャーな開発言語はどんなスキルが求められる?
      3. まったくの未経験でも応募できる案件は?
    4. reative Villageを利用するメリット・デメリット
  2. Creative Villageを利用した方の口コミ・評判
    1. Creative Villageのいい口コミ
    2. Creative Villageの悪い口コミ
    3. 口コミからわかる、Creative Villageのおすすめ利用方法は?
  3. Creative Villageの利用方法を紹介 まずは登録してみよう!
    1. 会員登録はすぐに完了!
    2. 登録後に受けられるサービスは?
    3. 派遣・紹介予定派遣として紹介してもらうことも可能!
  4. Creative Villageは結局ゲーム業界未経験利用OKなの? こんな人におススメ
    1. クリエイターとして順調に経験を積んできた方
    2. 子育て中の女性クリエイター
    3. ブランクがあるクリエイター
    4. ゲーム業界自体、まったく未経験の方
  5. Creative VillageについてのQ&A よくある疑問を解説!
    1. クリエイターは若い人が多いけど、Creative Villageの利用には年齢制限はあるの?
    2. 他の転職サイトと併用していて、そっちからの案件に決まる可能性もあるけど利用していい?
    3. Creative Villageの派遣社員として勤務する際には、社会保険に加入は可能?
  6. 女性向けゲーム業界転職エージェントまとめ

Creative Villageでは女性向けのゲーム転職案件がたくさん!

Creative Villageは、「ゲーム業界」「WEB業界」「映像業界」「広告・出版業界」に特化した転職エージェントです。

これらの求人が得意なだけでなく、クリエイターや求職者のみなさんを生涯サポートしてくれる、強い味方でもあります。

クリエイティブな情報やツールを常に提供してくれる転職サイト!

Creative Villageは、企業の求人広告を掲載していて、そこに求職者が応募するだけの求人サイトではありません。

会員未登録でも求人情報を検索して、求人内容一覧を確認することはできるものの、応募するためには会員登録が必須です。

Creative Villageは、会員登録することで求人に応募できるようになることに加えて、専任のエージェントが職探しのサポートをしてくれます。

しかも、ただ希望を聞いてよい職場を紹介するだけではないのも魅力です。

求職者のスキルや今までの経験を加味して職探しを行ってくれるのは、エージェントが業界知識のあるCreative Villageならではと言えます。

また、クリエイターにとって身に着けておいたほうが良いスキルのセミナーがあったり、クリエイターの転職活動の際には必須といえるポートフォリオ作成のサポートがあったりなど、会員限定のサービスを受けることもできますよ。

「こんなスキルを活かしたい!」「今よりもっとスキルアップがしたい!」という強い希望がある場合、ぜひ担当のエージェントに相談してみてくださいね。

Creative Village公式サイト

掲載されている案件の給与帯は?

Creative Villageに掲載されている求人の給与帯はさまざまで、有名企業の場合は年収1,000万円に届く場合も!

ただ、多くの案件は以下のように、280万円~400万円代の年収が多いようです。

また、正社員の募集ばかりではなく、時給制のアルバイトやパートの募集も多々ありました。

実際の勤務をイメージして、どのような勤務形態にするのかエージェントと相談してみるのがおすすめ。

給与は、転職を決めるにあたって重要な要素です。

たくさん働けば働くほど給与は増えるかもしれませんが、給与よりもプライベートの充実を優先したいと思う方も多いでしょう。

思うように生きていく上で必要になるお金のことも含めて、しっかり吟味して転職先を選びたいですね。

Creative Villageではどんな案件を取り扱っているの?

Creative Villageでは、メディアに関わる業界の中で、さまざまな求人が掲載されています。

選択肢が広いため、すでにお持ちのスキルや希望の勤務形態にマッチする案件も多く存在するでしょう。

どんな求人があるのか、実際にCreative Villageの公開求人を検索してみましょう。

在宅案件の選択肢は多いの?

情勢やライフスタイルによっては、常駐案件よりも在宅案件のほうが望ましい場合もありますよね。

Creative Villageで検索すると、在宅案件では以下のようなものがあります。

このように、情勢によって在宅案件になっているものや、コンスタントに在宅で取り組む業務など、企業のニーズによってさまざま。

また、以下のような特集が組まれている場合もあります。

ここでアドバイスしているように、応募欄に「リモートワーク・テレワーク希望」のように記入しておくとスムーズかもしれません。

ツールやミドルウェア、メジャーな開発言語はどんなスキルが求められる?

プログラマなどの募集では、具体的にどんなスキルがあれば望ましいか、実際に現場で利用されている言語や環境を求人に掲載していることが多いです。

紹介できるのはほんの一部ですが、Unityを使った開発やPhotoshopの使用、開発言語ではJavaScriptやC#など、メジャーどころは多くの企業が採用しているようでした。

複数のスキルを持っていたり、前職で経験していたりするクリエイターの方はより多くの選択肢がありそうですね。

まったくの未経験でも応募できる案件は?

「未経験」で検索してみたところ、スキルが求められがちなゲーム業界でも未経験での転職可能な案件がありました。

こちらの求人はプログラマなどの開発担当ではなく、ゲーム開発のプランナーとしての募集です。

プログラマなどの特殊な技術が必要な職種では、Creative Villageでの未経験での募集は少ないようでした。

ただ、このようにゲーム業界への未経験転職自体は不可能ではないため、業界未経験での転職を考えている場合はエージェントに相談してみましょう。

ゲーム開発以外のWEB業界などの場合は、以下のように未経験歓迎の職場が多く確認できました。

WEB業界もゲーム業界と同じく、専門的なスキルを求められる場合が多いですが、ゲーム業界と比較するとかなり広く募集しているようです。

reative Villageを利用するメリット・デメリット

Creative Villageを利用するにあたって、覚えておきたいメリット・デメリットを紹介していきます。

メリット

  • エージェントが転職活動のマネジメントを行ってくれる
  • 転職情報サイトを利用するより希望の職場にマッチングする確率が高い
  • ある程度幅広い業界をターゲットにしている方にとって便利
  • 直接の転職活動につながらないセミナーへの参加やコラムの閲覧などコンテンツが多い

デメリット

  • エージェントが合わない方だと転職活動自体を失敗しやすい
  • 転職成立・継続でCreative Village側にマージンが発生するので転職する方向へ勧めがち
  • 業種によっては希望する勤務地で仕事ができない可能性も

Creative Villageでは担当のエージェントがついてくれますので、個別で求人を探すよりは簡単に紹介してもらうことができます。

求人情報サイトでは自ら探しに行く必要がありますが、Creative Villageではエージェントのほうから紹介してくれるためです。

エージェントは求人に掲載している情報以上のことを知っている場合も多いので、ご自身で検索するよりぴったりの求人を見つけ出してくれるかもしれません。

エージェントがついてくれることのメリットは大きいですが、もしエージェントと合わない場合や理解してもらえない場合は、転職活動が難しいものとなるでしょう。

転職活動の成否にかかわることですので、合わないと思ったら交代してもらうのがおすすめですよ。

ノルマ達成のために転職をごり押しするような担当者の場合も、急ぐあまり紹介先の精査が不十分なおそれもありますので、ぜひエージェントの交代を申し出ましょう。

さらに、Creative Villageはゲーム・WEB業界をはじめとしたメディアに関わる幅広い業界をカバーしている転職サイトですので、志望業界が複数ある方にはとてもおすすめです。

転職以外にも、スキルアップするためのセミナー受講などの特典が多いため、転職をする期間以外でも活用できそうですよね。

Creative Village公式サイト

Creative Villageを利用した方の口コミ・評判

ここまで紹介してきたように、ゲーム・WEB業界で転職するならCreative Villageはとても有用な転職サイトです。

とはいえ、やはり使用感は実際に利用してみなければわからないものですよね。

ここでは、Creative Villageを実際に利用された方の口コミを紹介していきます。

Creative Villageのいい口コミ

まずは満足度の高い口コミから紹介していきます。

女性に優しい

評価:★★★★★

プログラマです。前職もそうだったんですが、やはり業界全体的に男性社会だからか、他の転職サイトだと結婚・出産の事情などを汲みにくいみたいでした。ピンとこない感じの反応が多々。Creative Villageは女性プログラマの転職ケースを多く取り扱っているらしく、産休や育休の制度だけでなく女性社員の取得率まで考えて探してくれました。慣れている感じで頼りになりましたね。

紹介先も多すぎず少なすぎず、在職しつつ子どもの面倒を見ながら面接に行ける程度にしてくれて助かりました。今は残業ほぼなしで勤務しています。結婚や出産でライフスタイルが変わりやすい女性にはおすすめの転職サイトです。

親身になって相談に乗ってくれました。

評価:★★★★★

あまり期待していなかった…というか、クリエイターのフィールドってブラックが多いですよね。実際勤めていたところはブラックだったし、転職したってそうそうホワイト企業なんてないと思っていました。でも、そんな最初から諦めぎみの私を見て悔しかったのかわかりませんが、担当者様が労働環境の良いところに絞って探すように。そのおかげか、今は嘘みたいにホワイトな環境で仕事しています。

担当者様や転職サイトの質が良かったのはもちろんだけど、業界へのグチとかも言ってみるもんだなあとしみじみと思いました。

満足しています

評価:★★★★★

結構バリバリ働いてきたつもりで、残業や深夜勤務、泊まり込みだってへっちゃらでした。その分お給料ももらえていたし、特に文句はなかった…のですが。

ついに結婚することになって、妻の生活と全く時間が合わないことに愕然としました。新婚なのに一緒にいられないのは辛いというのもありますが、何より自分がこんなに他人と違う環境に身を置いてきたことがちょっとショックで。

今後子どもができたときに、肝心なタイミングでいないパパになるのは嫌だなあと思ったところでCreative Villageに登録。

ここに書いたようなことを全部担当者さんに吐き出しました。

僕みたいなライフ・ワークバランスを重視したい人は多いみたいで、文句をつけても嫌な顔1つせずに紹介してくれた担当者さんには感謝しかありません。

女性が利用しやすいこともあって、男性の中でも特にライフ・ワークバランスを重視したい方のニーズにも、しっかり応えられているようですね。

Creative Village公式サイト

Creative Villageの悪い口コミ

次に、微妙だった口コミも紹介していきます。

希望を汲んでくれなかった

評価:★☆☆☆☆

エージェント自体はよかったです。担当者の方の物腰も柔らかいし、とても親身になって話を聞いてくれたし、履歴書やポートフォリオの添削も的確で、そのおかげでいくつか内定をもらうことができました。

そこまではよかったんですが、最後にどの内定先にするかで悩んだとき、担当者の方に背中を押してもらった転職先がとんでもなくブラックで…。

しかも休日とかの条件も提示していたものと全然違って、そもそも見当違いのところに応募していたんだ…と気付いたときは後の祭り。

また転職活動をするはめになってしまいました。

うーん

評価:★★☆☆☆

今後、親の介護とかも視野に入れなければならない状況だったけど、急を要するわけではないという境遇。いつかは転職しなければいけないから、Uターンも視野に入れつつ情報収集のためにCreative Villageに登録。

そんな状況だってことも担当者に伝えたんだけど、なぜかすぐに求人を紹介された。「どう?」って聞かれても、すぐに転職するつもりもなかったし、話半分に聞きながら過ごしてた。

でも、懲りないのか何なのか、どんどん紹介してくるんだよね…。さすがに文句言ったんだけど。

一言でいえば担当者が微妙だった、に尽きるのかな。

悪い口コミはそこまで多くありませんでしたが、担当者が「ハズレ」だったという声が比較的多かったです。

口コミからわかる、Creative Villageのおすすめ利用方法は?

これらの口コミから考えると、Creative Villageの利用での注意点は以下のようなことではないでしょうか。

  • 転職先について重視する条件を順位づけてエージェントに提示しておく
  • 境遇や考えなどもできる限り話しておいて理解してもらう
  • 万一エージェントと合わないと感じたら担当を交代してもらうのがベター

担当者は入力情報からクリエイターの経歴やスキルはわかりますが、どんな環境で仕事をしていきたいのか、どんな家庭環境なのかなどの踏み込んだ状況はわかりません。

そこを加味して転職先を選びたい場合は、エージェントに詳しく伝えておくのがおすすめ。

転職成功例を見ても、今までの職場や業界へのグチなども伝えるといいかもしれません。

エージェントは求人票に載らない職場環境についてもよく知っています。

転職させると同時に、離職するクリエイターのグチも多く聞いてきたからです。

「この人はこんな環境だとすぐやめてしまいそうだな」と思わせれば、グチがあった職場には紹介されにくくなるでしょう。

Creative Village公式サイト

Creative Villageの利用方法を紹介 まずは登録してみよう!

Creative Villageをフル活用するためには、まず会員登録するのが重要です。

会員登録をすることで、公開されている求人に応募することができたり、正社員・派遣社員希望の方は担当エージェントから非公開求人を含む求人情報の紹介を受けることができたりします。

もちろん会員向けのセミナーなどを利用するのにも、会員登録は必須ですよ。

会員登録はすぐに完了!

会員登録といっても、そこまで難しいことはありません。

公式サイト上で必要事項を入力していくのみですので、Web上で完結させることができますよ。

まず、TOPページの「会員登録する」をクリックして、登録画面へ進みます。

すると、入力フォームが現れますので必要な情報を入力していきます。

なお、ここからはCreative Villageを提供している「クリーク・アンド・リバー社」のマイページとなりますが、特に支障はありませんので安心してくださいね。

入力を進めていくと、簡単に現在の就業状況などをお伺いする欄があります。

現状を含めて、特に希望がある場合はこの欄に書き込んでおくことで、エージェントが状況を把握した上でさっそくお手伝いをしてくれるため、要点を書きこんでおくのがおすすめ。

入力が終わったら「会員規約に同意して確認画面へ」をクリックしてください。

入力内容の確認画面へ進みますので、入力内容に誤りがないか確認してください。

問題なければ登録を行います。

すぐに登録したメールアドレスに案内が届き、マイページにログインできるようになりますよ。

こちらのページからマイページにログインすることができます。

マイページでは、登録の際に簡単に記入した希望より、さらに詳しい内容の登録が可能です。

エージェントと相談する前に、できるだけ詳しく入力しておくのがおすすめですよ。

Creative Village公式サイト

登録後に受けられるサービスは?

Creative Villageに登録後、掲載されている求人への応募、エージェントからの紹介などで企業への転職活動が進められるようになります。

その他、会員向けコンテンツの利用ができます。

転職活動の際、ご自身で公開されている求人から選んでもいいですが、正社員・派遣社員希望の方はエージェントに紹介してもらうのが断然おすすめ。

なぜなら、エージェントはマイページで登録した情報や、求職者からヒアリングした情報をもとに適切な求人を紹介してくれるからです。

求人を探す手間が省けるだけでなく、面接日程のスケジューリングや、複数社から内定をもらった後の辞退や条件交渉など、個人が企業相手に行うのでは難しいやりとりを行ってくれるため、とてもありがたい存在。

特に給与交渉などは苦手な方も多いでしょう。プロにお任せできるのは心強いですよね。

その他、新卒のときにしか行わなかった自己分析をキャリアを積んだ状態で行ったり、履歴書・ポートフォリオ作成サポートなども魅力的ですよね。

派遣・紹介予定派遣として紹介してもらうことも可能!

先ほども少しだけ話題に出した通り、Creative Villageでの転職活動には派遣社員という選択肢もあります。

その場合はCreative Villageが派遣元となり、派遣社員としてクライアントのもとを訪れ、業務を行うことになります。

派遣社員を選択した場合、初日の出勤時に就業先へエージェントが同行してくれるほか、業務の進捗を共有したり、その他就業するうえで困ったことを相談したりと総合的なサポートを受けられますよ。

また、契約期間が満了して次の派遣先を選ぶ際には、その都度希望を聞いてくれるため、どんどん新しいことにチャレンジしていくことも可能。

さらに、派遣社員のもう1つの形として、「紹介予定派遣」というものが存在します。

当初は派遣社員として勤務して、求職者側と企業側が合意すれば正社員などの直接雇用へ切り替えていく方法です。

転職の際のミスマッチを防ぐ画期的な方法ですので、いきなり見ず知らずの業界へ転職する際など、不安があるときにはぜひ利用したい制度ですね!

Creative Village公式サイト

Creative Villageは結局ゲーム業界未経験利用OKなの? こんな人におススメ

Creative Villageは、さまざまな業界への転職の足掛かりとなる転職サイトです。

ゲーム業界への転職に絞って、どんな方におすすめかまとめていきます。

クリエイターとして順調に経験を積んできた方

Creative Villageでのゲーム業界求人のメインターゲットは、すでにある程度同業他社でキャリアを積んでいる方と考えて間違いはありません。

中途入社の場合、多くの企業が即戦力を望んでいます。

ゲーム業界と一言で言っても、シナリオライター、プログラマとさまざまな専門職の方がいますよね。

新たなフィールドに踏み出すことも可能ですが、やはりスムーズな転職を望むなら今まで経験してきた職種や、スキルがある分野で探していくのがベターでしょう。

過去に大きなプロジェクトに関わったり、大手企業などでの開発経験があったりすればより強みになりますよ!

子育て中の女性クリエイター

Creative Villageでは、多くの女性クリエイターの転職サポートを行っていることから、他の転職サイトよりも女性の転職が得意なのが強みです。

女性が転職活動をする上で重視することが多い、産休・育休の制度や取得率、ライフ・ワークバランスなどをしっかり考慮してくれるエージェントが多いのが特徴。

転職活動をする上で重視することは人それぞれですので、優先順位をつけてエージェントに提示しておくのがいいでしょう。

ブランクがあるクリエイター

ブランクがあっても、Creative Villageを利用することはできます。

転職活動をする上でもっとも大切なのは、今までどのような経験を積んできているかです。

何年かブランクがあっても、たとえばメジャーな言語での開発経験があれば、転職先の選択肢は多く存在するでしょう。

以前の職種や経験、そして今後どのように仕事を行っていきたいかを含め、まずは担当となったエージェントに相談するのがおすすめですよ。

ゲーム業界自体、まったく未経験の方

Creative Villageは、基本的に実務経験がある方向けの転職サイトです。

まったくの未経験でも登録することはできますが、経験者と比べると選択肢がグッと狭まるでしょう。

Creative Villageの公式サイトでも、以上のような記載があります。

ただし、ここにも記載してあるように未経験でも紹介できる案件は存在していますので、未経験だったとしても諦めず、まずは登録してエージェントとよく話すようにするのがおすすめです。

自分では注視していなかった、意外なスキルや経験が転職活動のカギとなる場合も多いですよ。

Creative Village公式サイト

Creative VillageについてのQ&A よくある疑問を解説!

最後に、Creative Villageを利用するにあたって気になる疑問を、Q&A形式で解決していきます!

クリエイターは若い人が多いけど、Creative Villageの利用には年齢制限はあるの?

Creative Villageの登録・利用には特に年齢制限はありません。

ただ、クリエイターに限らずどの業界でも、年齢を重ねていくにつれて求められるスキルや経験のハードルが上がっていくものです。

実際に求人情報の欄にはなくても、採用担当者は年齢と経験のバランスを見て採用を決めるでしょう。

そういう意味では、年齢が上がっての転職活動のほうが不利と言えるかもしれません。

スキルと年齢については、エージェントとすり合わせていくことになりますので、ご自身の経歴などをしっかり相談していきましょう。

他の転職サイトと併用していて、そっちからの案件に決まる可能性もあるけど利用していい?

もちろん可能です。

オンラインで転職活動を行っていく場合、複数の転職サイトを利用する方のほうが多いのではないでしょうか。

面接なども並行して進めることができますので、気にせずご利用ください。

ただ、他の転職サイトと併用していることをあらかじめエージェントに伝えておくと、面接のスケジューリングや内定辞退などの際に話が早くなります。

どちらにも誠実でスピーディな対応をするために、隠さずに伝えておくことをおすすめしますよ!

Creative Villageの派遣社員として勤務する際には、社会保険に加入は可能?

Creative Villageが派遣元となる派遣社員になった場合、社会保険・厚生年金・雇用保険への加入が可能です。

しかし、これらの社会保障制度に加入するためには、労働時間などの一定の条件を満たす必要があります。

社会保険に加入したい場合は、エージェントとの相談時に「社会保険に入りたい」と伝えておくのがおすすめ。

そうすれば、社会保険加入の条件を満たすことができる就業先を紹介してもらうことができるでしょう。

また、一定の条件(6か月以上の勤務、所定日数の8割以上の勤務)で有給休暇を付与されます。

6か月勤務した時点で付与され、その後もコンスタントに利用可能なので、派遣社員として勤務するならぜひ活用していきたいですね。

Creative Village公式サイト

女性向けゲーム業界転職エージェントまとめ

今回は、Creative Villageについて紹介しました。

女性クリエイターだけに特化している転職サイトというわけではありませんが、女性の転職活動サポートが得意なので、メディアに関わる業界で転職したい女性はぜひ利用していただきたいサービスです。

もちろん、ライフ・ワークバランスを重視したい男性の方にもおすすめですよ。

エージェントと二人三脚で転職活動をしていくことになりますので、転職活動が初めての方でも安心です。

Creative Villageは転職活動の際だけでなく、クリエイターの生涯学習に役立つコンテンツを多数揃えています。

「すぐに転職したい!」という方はもちろん、「今すぐじゃなくても、いつか転職したい」「スキルアップや情報収集のために利用したい」という方でも、利用価値は十分あると言えるでしょう。

Creative Villageを利用して、理想の職場に出会えるといいですね!

Creative Village公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました