デジタルハリウッド専門スクールの評判 就職できないって本当?

デジタルハリウッド専門スクールの評判 就職できないって本当? Unityスクール・ゲーム専門学校おすすめ一覧


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
8種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

初めて3DCGについて学びたいと思っても、すでに社会人として働いていると、時間的な制約などが多く難しいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回ご紹介するデジタルハリウッド専門スクールは、社会人向けのスクール。

1年間で3DCGなどの知識を得られるよう、カリキュラムなどが工夫されています。

スクール選びに苦戦しているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

オススメ!高評価の専門学校をチェックしよう!

オススメNo1:総合学園ヒューマンアカデミー

夜間・週末コース

担任制・少人数制で丁寧な指導。社会人も通いやすい夜間・休日コースもあり!ゲーム業界への近道はココ!

詳細はこちら

オススメNo2:代々木アニメーション学院

幅広い学科が魅力!40年以上の歴史あり!

詳細はこちら

オススメNo3:アミューズメントメディア総合学院

実践主義でプロを目指す!現場のスキルを学ぶなら!

詳細はこちら

デジタルハリウッド専門スクールとは

デジタルハリウッド専門スクールは、社会人向けのプロ養成スクール。

社会人向けだからこそ、学び方への配慮が細やかなのも特徴の一つです。

まずは学び方やコースなど、デジタルハリウッド専門スクールの概要を解説していきます。

デジタルハリウッド専門スクールの学び方

デジタルハリウッド専門スクールでは、全てのコースがクラス授業+オンライン授業+個別指導が併用されたハイブリッド型。

社会人向けの学校だからこそ、自分のペースで学習できるスタイルが取り入れられていています。

また、仕事をしながら、子育てをしながら通う人は急な欠席もあり得ますよね。

欠席してしまった授業は、ストリーミングで補講学習ができるようになっているので、後から巻き返すことができるようになっています。

さらに、育児をしながら学びたい人のためのシッターサービスも。

コースによっては、「主婦・ママクラス」が設定されているものもあり、産休中、育休中にスキルアップを目指す人が通っています。

デジタルハリウッド専門スクールのコース

デジタルハリウッド専門スクールには以下のようなコースがあります。

デザイン Webデザイナー専攻(専科)
ネット動画クリエイター専攻(専科)
UI/UXD専攻(本科)
グラフィックデザイン講座(エクステンション)
3DCG 3DCGデザイナー専攻(専科)
CG/VFX専攻(本科)
CGGYM(エクステンション)
CGGYMEゲームエフェクトパック(アドバンスプログラム)
その他 NFT/メタバース(アドバンスプログラム)
CGヒーローズ(アドバンスプログラム)
ドローン専攻(アドバンスプログラム)
アニメモデリング講座(アドバンスプログラム)

それぞれコースによって、「専科」「本科」「エクステンション(スキルアップ短期コース)」「アドバンスプログラム」に分かれています。

「専科」は選抜試験がないため、手続きをして受講料を入金することで誰でも受講することができます。

「本科」は書類審査があり、合格することで受講が可能になり、受講でき校舎も限られているのが特徴です。

「本科」を受講できるのは、東京本校と大阪校(STUDIO梅田)のみ。

「専科」はその他の校舎でも受講できます。

大まかなコースは上記の通りですが、コース内で更に細かくプランが分かれているコースもあるので、詳しくはデジタルハリウッド専門学校のホームページをご確認ください。

専科と本科で学べることの違い:3DCGの場合

具体的に専科と本科にどんな違いがあるのか、3DCGに関するコースを例に比較してみましょう。

専科3DCGデザイナーコース 本科CG/VFX専攻
<学習内容>
Mayaの基礎から応用まで
AfterEffects
Premiere
Illustrator
Photoshop
映像演出概論・映像表現研究
<学習内容>
MayaとAfterEffectsを使用し実写と実写の合成
ZBrush
Houdini
3dsMAX
Unreal EngineUnity
NUKE
Adobe各種

<授業回数>
週1回
<授業回数>
週2回

本科の方が学ぶ範囲が広いため、授業数が専科より多くなっています。

その分費用も高くなりますが、本科でしか学べない内容もあるため、費用だけで選ぶと学びたいことが学べなかった、ということもあるので注意しましょう。

デジタルハリウッド専門スクールの校舎

デジタルハリウッド専門スクールは、東京にある10校をはじめ、全国に校舎があります。

東京 10校(本校を含む)
東京以外の関東地区 6校
北海道・東北地区 3校
中部地区 2校
近畿地区 6校(大阪本校を含む)
中国・四国地区 5校
九州地区 6校

それぞれの校舎によって受講できるコースが異なるため、希望するコースを受講できる校舎かどうか、事前の確認が必須です。

デジタルハリウッド専門スクールの受講料

デジタルハリウッド専門スクールは、受講料の設定がかなり細かく分かれています。

学習期間も異なりますね。

たとえば、同じWebデザイナー専攻でも次のような違いがあります。

Webデザイナー専攻 6ヶ月 495,000円(税込)
フリーランススタートアップパック 6ヶ月 528,000円(税込)
グラフィック経験者プラン 6ヶ月 407,000円(税込)
Web担当者プラン 6ヶ月 407,000円(税込)
副業スタートアップパック 3ヶ月 308,000円(税込)
超実践型 就職・転職プラン 6ヶ月 591,800円(税込)

また、本科と専科でも受講料が異なります。

本科CG/VFX専攻 1年 1,163,300円(税込)
~1,350,000円(税込)
※学び方によって受講料が異なります
専科3DCGデザイナーコース 1年 957,000円(税込)

本科の方がより専門性の高いカリキュラムになるため、それに合わせて受講料も高く設定されているのでしょう。

詳しくはデジタルハリウッド専門スクールのホームページを確認してください。

受講料の支払いについては、分割払いなどのサポート体制も整っています。

教育ローンなどの契約も可能で、受講料が割り引きになる特待生制度も。

特待生制度は選抜試験に申し込む必要があるので、日程などの確認をしましょう。

デジタルハリウッド専門スクールは就職できない?

デジタルハリウッド専門スクールについて調べていると、「就職できない」というキーワードが出てくるのが気になる、という方もいるのではないでしょうか。

実際のところどうなのか、就職サポートがどうなっているのか、調べてみました。

就職サポート

デジタルハリウッド専門スクールの就職サポートとして、次のような内容が紹介されています。

就職サポートは複数ありますし、しっかりしていると感じました。

クリエイターズオーディション

デジタルハリウッド伝統のイベント、と呼ばれるほど、就職・転職には欠かせない存在なのが「クリエイターズオーディション」。

各コースの中から優秀作品を選出し、企業の採用者に向けてプレゼンを行うことができます。

参加者によっては数社~数10社と、声がかかる数には差があるようですが、就職・転職するならまずは「クリエイターズオーディション」を目指せ!と言われるほど。

業界関係者からも注目されているイベントとのことです。

xWORKS Job Style Search(JSS)

在校生・卒業生専用の仕事情報サイト。

求人の内容は、フリーランス、業務委託、正社員、派遣社員、アルバイトと幅広く、様々な働き方に対応しています。

企業ゼミ

在校生限定のインターンシップで、学内でインターンシップと同じ就業体験ができる就業サポート。

企業から講師を招き、実践的な知識や経験を得ることができるワークショップ型のセミナーです。

キャリアセンター

就職・転職の個別相談や、採用セミナーの開催など、個別にサポート。

限定求人の紹介や、ポートフォリオ指導もしてもらえます。

なぜ「就職できない」と言われるのか

「就職できない」と言われる原因について調べてみたところ、次のような点が理由のようでした。

  • デジタルハリウッドに通ってさえいれば、必ず就職(転職)できると思っていた
  • 仕事をしながらだと、転職に十分な知識やスキルを身につけるところまでいかなかった

仕事をしながら通うという方にとって、時間のやりくりが難しく、思うように進まない…ということも少なくないでしょう。

その結果、転職に結びつかなかったという口コミがありました。

他にも、「デジタルハリウッドに通ったのに就職(転職)できなかった」という口コミもありましたが、デジタルハリウッドに限らず、最終的には自分がどれだけ頑張ったかが結果を左右します。

デジタルハリウッドだから就職(転職)できなかった、ということではないのではないかと感じた口コミです。

デジタルハリウッド専門スクールの評判・口コミ

「就職できない」という口コミ以外に、デジタルハリウッド専門スクールにはどんな評判・口コミがあるかも気になりますよね。

実際に通っていた、という方の評判・口コミを整理してみました。

悪い評判・口コミ

  • 講師の当たり外れが大きい
  • 社会人だと作業時間がとれない
  • 事務の対応が遅い
  • 学費が高い

講師や授業の当たり外れについて触れている口コミが多い印象でした。

良い口コミとして、「授業がおもしろい」というものがある分、余計に当たり外れの大きさが感じられますね。

良い評判・口コミ

  • サポート体制が充実している
  • 課題の質が高い
  • プロから適切なアドバイスを受けられる
  • 授業がおもしろい
  • 講師に直接質問ができる

プロからの適切なアドバイスを受けられる、直接質問ができるという環境は、独学では難しいものです。

費用はかかるものの、通って良かったと感じている方もいました。

おすすめの専門学校

いろいろ学校・スクールを見たけども、結局どこがいいんだよー!!

ばこ
ばこ

そんなあなたに当サイトおすすめの専門学校を3つご紹介します!

ヒューマンアカデミー

  • 数多くの企業と連携している
  • リアルタイムの業界の最先端教育を受けられる
  • 現場で求められている技術の習得が可能
  • 校舎が多い
  • プロによる授業を受けられる

ヒューマンアカデミーは、全国19カ所に校舎があるので通いやすいのがポイント。

どこの校舎にもプロの講師がいるので質の高い授業を受けられます。

業界セミナーや企業課題への協力やインターンシップなど現場の知識や経験を積む環境が整っているので即戦力となることができます。

また、業界からの評価や知名度も高いので大企業・有名企業からの求人も多く、全国に校舎があるので、地方にいても大都市情報を常に共有し、希望の企業に就職できるチャンスが多いです。

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント

社会人おすすめ夜間・週末コース

週1からプロになる!
忙しい中でも現場の技術をマスターするなら
ヒューマンアカデミー夜間・週末講座の詳細を見てみる

無料で資料請求!

プロゲーマーを目指すかたはこちらeスポーツカレッジをチェック!

最短1年でプロになれる!
世界で活躍するプロゲーマーから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジの詳細を見てみる

無料で資料請求して夢を叶える

代々木アニメーション学院

  • 講師は全員プロ
  • 全国に学校がある
  • 業界の企業やプロダクションと提携しているのでインターンシップが盛ん
  • 地方から大都市への就職も有利

代々木アニメーション学院と言えば聞いたことがない人のほうが少ないぐらい知名度が高い学校です。

講師は全員プロで、全国に学校があるので上京や一人暮らしをする必要がありません。

全国的にネットワークがあり、有名企業とも連携しているので地方に住んでいても大都市への就職が有利なのもポイント。

インターンシップも盛んに行われているので、そのまま就職というチャンスもつかめるかもしれません。

卒業生12万人以上!
デビューサポートでプロになる
代々木アニメーション学院を見てみる

今だけ限定の入学案内書配布中

アミューズメントメディア総合学院

  • インターンシップに行かなくても現場実習が受けられる
  • 授業で制作した作品を自分の経歴として使える
  • 企業と協力しプロを目指せる
  • 現役プロによる参加型講義

アミューズメントメディア総合学院は、卒業までの間に全部で6回、チームでゲーム制作実習を行います。

知識ゼロからの状態でも、実際にゲームを制作するという現場実習や受業を受けることで最先端の知識を短期間でスキルを身につけることができます。

机に向かって勉強するよりも、まずはゲーム作りに携わることが重要だと考えているので習得が早いです。

ゲーム業界への就職率も高く、内定先の職種は全てクリエイターなのもポイントです。

\トップクリエイターが直接指導/
専任スタッフがあなたをサポート
アミューズメントメディア総合学院を見てみる

カンタン2分で資料請求

まとめ

  • デジタルハリウッド専門スクールは、社会人向けのスクールとしてサポート体制や学習方法に配慮されている
  • 「就職できない」と言われるが、就職サポートはしっかりしている

どのスクールに通っても、どんな勉強方法を選んでも、必ず就職(転職)できる!というものではありません。

そのスクールならではの長所を存分に活かすことで、就職(転職)に繋げることができるはず。

自分にとって通いやすいスクールを選び学びましょう。



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
8種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました