名古屋工学院専門学校の口コミ 学費や就職先はどう?いじめはある?

名古屋工学院専門学校の口コミ 学費や就職先はどう?いじめはある? Unityスクール・ゲーム専門学校おすすめ一覧


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

名古屋工学院専門学校は、1952年に設立された中部地区最大級の規模を誇る専門学校

資格支援や就職サポートが充実しているので様々な分野で活躍している卒業生も多くいます。

専門学校選びの際にどんな学校かを事前にリサーチしておくことは重要ですよね。

今回は、名古屋工学院専門学校の口コミや、学費、就職先について紹介します。

また、学校生活においていじめがあるのかどうかについても見ていきましょう。

オススメ!高評価の専門学校をチェックしよう!

オススメNo1:総合学園ヒューマンアカデミー

担任制・少人数制で丁寧な指導。社会人も通いやすい夜間・休日コースもあり!ゲーム業界への近道はココ!

オススメNo2:代々木アニメーション学院

幅広い学科が魅力!40年以上の歴史あり!

オススメNo3:アミューズメントメディア総合学院

実践主義でプロを目指す!現場のスキルを学ぶなら!

名古屋工学院専門学校はどんな学校?

名古屋工学院専門学校は、愛知県名古屋市にある70年の歴史を誇るゲーム制作に関するクリエイターを育成する学校です。

電気工学やIT、映像分やなど、様々な業界で活躍できるスキルや知識を学ぶことができます。

全学科担任制で、常駐の選任教職員は80人、講師は57人という体制で、生徒20名に対して選任教職員1名という割合でサポートしてもらえるのが特長。

分からないことがあってもすぐに質問できる環境です。

また、担任の先生とはいつでも連絡をとることができるので下宿して通うという場合も安心できる環境と言えるでしょう。

名古屋工学院専門学校の基本情報

専攻
  • ゲーム総合学科
  • ゲームサイエンス学科
  • ゲームCG学科
  • ゲーム研究科   他
特徴 専任教職員80名、講師57名。担任制導入。
学習期間 1〜4年間
受講料金 999,000円~1,229,000円
教科書・副教材代別
入学金・・・230,000円
卒業経費・・・約30,000円
校友会費・・・7,000円
分割払い 前期・後期
校舎 名古屋
就職斡旋サポートの有無 有り
無料説明会・体験授業 有り
所在地

名古屋工学院専門学校の口コミ

名古屋工学院専門学校の口コミをまとめました。

良い口コミ

  • 先生たちがとても良い人たちで信頼できる
  • 構内がきれいで過ごしやすい
  • 将来役立つ資格がとれる
  • 企業との連携も強く、就職率も高い
  • 卒業後は即戦力になれるぐらいの知識や技術が身に着く

少人数制を導入しているので先生と生徒の仲がいいのが特徴的です。

設備も充実していて、構内がキレイだという口コミが多くありました。

創立70年ということで実績も多い学校です。

企業との繋がりも強いので就職率が高いことも特長のひとつです。

悪い口コミ

  • 何号館がどこにあるのかよく分からない
  • インターネット回線が遅い
  • 希望の企業に就職できない

公共交通機関から徒歩で行ける好立地ですが、何号館がどこにあるのか分かりづらいという口コミが見られました。

また、IT系の学校なのにインターネット回線が遅くネットが使いにくいという声もあります。

就職率は高いですが、学科や専攻によっては希望の企業に就職できないということもあるようです。

名古屋工学院専門学校の学費

名古屋工学院専門学校の学費はどのぐらいなのでしょうか。

学科別にご説明します。

ゲーム総合学科(4年)

学年別 1年次 2年次 3年次 4年次
入学金 230,000円
授業料 前期:375,000円
後期:375,000円
前期:375,000円
後期:375,000円
前期:387,000円
後期:387,000円
前期:387,000円
後期:387,000円
実習費 前期:123,000円
後期:123,000円
前期:123,000円
後期:123,000円
前期:123,000円
後期:123,000円
前期:123,000円
後期:123,000円
学生会費 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
年次合計 1,229,000円 999,000円 1,023,000円 1,023,000円

ゲームサイエンス学科/ゲームCG学科(2年)

学年別 1年次 2年次
入学金 230,000円
授業料 前期:375,000円
後期:375,000円
前期:375,000円
後期:375,000円
実習費 前期:123,000円
後期:123,000円
前期:123,000円
後期:123,000円
学生会費 3,000円 3,000円
年次合計 1,229,000円 999,000円

ゲーム研究科(1年)

  1年次
入学金
授業料 前期:375,000円
後期:375,000円
実習費 前期:123,000円
後期:123,000円
学生会費 3,000円
年次合計 1,023,000円

ゲーム研究科進学コース志望者は、2年課程卒業後にゲーム研究科へ進学する仕組みになっているので実質3年です。

4年間で約440万円、3年間で約330万程度の学費がかかります。

納入時期は前期と後期それぞれに分かれており、支払い方法は口座振替です。

名古屋工学院専門学校の就職先

名古屋工学院専門学校は就職率が高いという口コミが多くありました。

就職先の例としては次のようなものがあります。

  • アイレムソフトウェアエンジニアリング(株)
  • (株)アグニ・フレア/アソビモ(株)
  • イースマイル(株)
  • exsa(株)
  • (株)イリンクス
  • (株)イルカ
  • (株)インティ・クリエイツ
  • (株)ヴァンガード
  • (株)エイチーム
  • (株)コロプラ      他

などが挙げられます。

就職サポートは手厚く、

  • 担任・副担任が、一人ひとりをサポート
  • 年4回、合同企業説明会を開催
  • 就職活動支援セミナーで試験対策
  • 卒業生による特別講演を開催
  • インターンシップで在学中に職場体験
  • 全国12ブロックで県人会を設置
  • 300社超の地元優良企業が就職をバックアップ

 

など、万全の就職支援体制が整っています。

名古屋工学院専門学校にいじめはある?

学校生活では楽しく過ごせることが大前提です。

不安からか、いじめがあるかということを事前に知りたいという方も少なくありません。

結論として名古屋工学院専門学校にはいじめは確認できません。

もし何かあった場合でも教職員と密接に関わり合っているためすぐに相談できる環境が整っています。

少人数制のため、教職員が常に生徒の変化に敏感にキャッチできる配慮もあり安心です。

おすすめの専門学校

おすすめのゲーム専門学校を紹介します。

ヒューマンアカデミー

  • 数多くの企業と連携している
  • リアルタイムの業界の最先端教育を受けられる
  • 現場で求められている技術の習得が可能
  • 校舎が多い
  • プロによる授業を受けられる

ヒューマンアカデミーは、全国19カ所に校舎があるので通いやすいのがポイント。

どこの校舎にもプロの講師がいるので質の高い授業を受けられます。

業界セミナーや企業課題への協力やインターンシップなど現場の知識や経験を積む環境が整っているので即戦力となることができます。

また、業界からの評価や知名度も高いので大企業・有名企業からの求人も多く、全国に校舎があるので、地方にいても大都市情報を常に共有し、希望の企業に就職できるチャンスが多いです。

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント

代々木アニメーション学院

  • 講師は全員プロ
  • 全国に学校がある
  • 業界の企業やプロダクションと提携しているのでインターンシップが盛ん
  • 地方から大都市への就職も有利

代々木アニメーション学院と言えば聞いたことがない人のほうが少ないぐらい知名度が高い学校です。

講師は全員プロで、全国に学校があるので上京や一人暮らしをする必要がありません。

全国的にネットワークがあり、有名企業とも連携しているので地方に住んでいても大都市への就職が有利なのもポイント。

インターンシップも盛んに行われているので、そのまま就職というチャンスもつかめるかもしれません。

卒業生12万人以上!
デビューサポートでプロになる
代々木アニメーション学院を見てみる

今だけ限定の入学案内書配布中

アミューズメントメディア総合学院

  • インターンシップに行かなくても現場実習が受けられる
  • 授業で制作した作品を自分の経歴として使える
  • 企業と協力しプロを目指せる
  • 現役プロによる参加型講義

アミューズメントメディア総合学院は、卒業までの間に全部で6回、チームでゲーム制作実習を行います。

知識ゼロからの状態でも、実際にゲームを制作するという現場実習や受業を受けることで最先端の知識を短期間でスキルを身につけることができます。

机に向かって勉強するよりも、まずはゲーム作りに携わることが重要だと考えているので習得が早いです。

ゲーム業界への就職率も高く、内定先の職種は全てクリエイターなのもポイントです。

\トップクリエイターが直接指導/
専任スタッフがあなたをサポート
アミューズメントメディア総合学院を見てみる

カンタン2分で資料請求

まとめ

名古屋工学院専門学校について紹介しました。

名古屋工学院専門学校は歴史が古く、実績の多い学校であるという事が分かりました。

資格もたくさん取ることができるので将来のためにも役立ちます。

就職率も高く、就職後は即戦力として活躍できるように学ぶことができると評価も高い学校です。

他の専門学校と合わせて資料請求してみてはいかがでしょうか。



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました