横浜システム工学院専門学校の評判 IT・ゲームソフト科の偏差値・学費・口コミ | Unity入門の森 ゲームの作り方

横浜システム工学院専門学校の評判 IT・ゲームソフト科の偏差値・学費・口コミ

Unityスクール・ゲーム専門学校おすすめ一覧


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

「横浜システム工学院専門学校ってどんなところ?」

「ゲームプログラミングについて学びたいけど、学費は高いのかな?」

ITの技術を身につけるために学校選びはとても大切ですね。

ただし高いイメージの学費が理由で進学をためらってしまうかもしれません。

横浜システム工学院専門学校は、数あるITの専門学校の中でも学費が安く設定されており、奨学サポートが充実しています。

この記事では、横浜システム工学院専門学校 IT・ゲームソフト科の特徴と口コミ・評判、偏差値などを紹介していきます。

ひつりん
ひつりん

入学を検討するにあたって不安や疑問を解決していきましょう!

オススメ!高評価のゲーム専門学校・オンラインスクールをチェックしよう!

オススメNo1:総合学園ヒューマンアカデミー

担任制・少人数制で丁寧な指導!ゲーム業界への近道はココ!

詳細はこちら

オススメNo2:代々木アニメーション学院

幅広い学科が魅力!40年以上の歴史あり!

詳細はこちら

オススメNo3:テックアカデミーUnityコース

完全オンラインでゲーム制作スキルを習得!パーソナルメンター付きでオリジナルアプリをリリース!

詳細はこちら

 

横浜システム工学院専門学校の3つの特徴

まずは横浜システム工学院専門学校の特徴を解説します。

特徴は次のとおり。

  • 文部科学大臣認定「職業実践専門課程」が受けられる
  • リーズナブルな学費と充実した奨学サポート制度
  • 4学期制で習熟度アップ、少人数クラス制の授業

詳しく解説します。

文部科学大臣認定「職業実践専門課程」が受けられる

横浜システム工学院専門学校は基本となるスキルをしっかり身につけ、その知識を応用して色々な課題に取り組む授業がなされます。

地元の神奈川の企業と連携することによって学校にいながら実践経験を積むことが可能。

それによって就職した際の即戦力を身につけることができるでしょう。

リーズナブルな学費と充実した奨学サポート制度

横浜システム工学院専門学校は数あるIT専門学校の中でも学費が安く設定されています。

また「高等教育の修学支援新制度」の適応対象校ですので、授業料の免除か減免、返済不要の奨学金を受けられるかもしれません。

他にも奨学サポート制度は次のものがあります。

  • IT分野での活躍を目指す女子学生を対象とした「IT女子特別奨学制度」
  • アパートで一人暮らししている方などを対象にした「自宅外通学サポート」

4学期制で習熟度アップ、少人数クラス制の授業

横浜システム工学院専門学校は各学期、9週間のクォーター制を採用。

短期間で集中して学ぶことができます。

対面授業に加えてオンライン授業もありバランスの良い「ハイブリッド型教育」によってより柔軟な授業を受けることができます。


ゲームクリエイター専門学校の資料請求はこちら
【学歴不問・高卒、元ニートでも挑戦できる】

横浜システム工学院専門学校の学科・学費

次に学費をチェックしていきましょう。

学科別に分けて紹介します。

学科・学費

学科

学費(初年度納入金)

全日 / 通信

IT・ゲームソフト科

108万

全日制/2年

AI・データサイエンス科

108万

全日制/2年

デジタルビジネスデザイン科

108万

全日制/2年

グローバルITシステム科

108万

全日制/2年

グローバルITビジネス科

77万

午前・午後/2年

ITライセンス科

40万

通信制/2年

※表は入学金、授業料の目安です。

専門学校の初年度納入金の平均額は127.6万円。比較的安い学費設定の学校と言えます。

(出典:東京都専修学校各種学校協会「令和2年度 学生・生徒納付金調査」https://tsk.or.jp/image/pdf/ds/dw-toukeiR03no2c2.pdf?より)

ただし教材費や学生諸費・修学旅行積立金などのその他の出費は別なので、全部でいくらかかるのかを前もって確認しておくことをお勧めします。

学費分納制度や奨学制度などもあるので説明会で詳しく聞いてみましょう。

IT・ゲームソフト科で取得できる資格

IT・ゲームソフト科ではどんな資格が取得できるのでしょうか。

ピックアップしてご紹介します。

  • ITパスポート試験(国家資格)
  • 基本情報技術者試験(国家資格)
  • Python3エンジニア認定基礎試験(公的資格)
  • 情報処理技術者能力認定試験(民間資格)

横浜システム工学院専門学校は資格所得支援に力を入れており、放課後や長期休暇に「資格対策講座」を受けることもできます。

全学科合わせて資格取得率は98%(2021年卒業生実績)。

初心者でも基礎からしっかり学べ、先生からのサポートも充実しています。

資格取得は自分のスキルをしっかりアピールできるので就職にとても有利ですね。

IT・ゲームソフト科の偏差値は?

IT・ゲームソフト科の偏差値はありません。

 

以下の入学方法があるのですが、入試方法としては書類選考となります。

  • AO入学
  • 指定校推薦入学
  • 学校推薦入学
  • 商業教育振興会 特別推薦入学
  • 資格推薦入学
  • 一般入学

一般入試は、書類選考と面接になります。

横浜システム工学院専門学校のAO入試は6月から随時募集が行われ、先着順で決まります。

募集定員に達するとそこで募集打ち切りになるので、入学希望の方は早めに行動しましょう。

合格するのに大切なのは、自分の志望動機をはっきりと伝えることです。

横浜システム工学院専門学校になぜ入学したいのか、入学したら何をしたいのか伝えるためによく準備して挑みましょう。

横浜システム工学院専門学校の就職支援について

横浜システム工学院専門学校では技術だけではなく、就職にむけてのさまざまな支援が用意されています。

在校中の支援の一部として・・

  • 1年次の4月からビジネスマナーなどの就職活動の基礎力を身につける
  • 個人面談による特性アドバイス
  • 業界セミナーで現場の生の声が聴ける
  • キャリアセンターと担任が連携し生徒の就職をフォロー
  • インターンシップ参加でより業界のことを理解できる

といった就職に向けて学校側がしっかりサポートしてくれる体制が整っています。

そのサポートもあり、IT・ゲームソフト科の就職率は100%(公式サイトより令和3年度)。

また卒業後にも就職支援があります。

仮に就職が決まらなくても1年間は在校中と同じ支援が受けられるのも嬉しいポイント。

卒業しても学力をつけたい生徒に対しては、大学編入もあり。

将来の不安を学校が全力サポートしてくれます。

体験入学・相談会の申し込み方

入学前に実際に体験して情報を得ることはとても良い方法です。

横浜システム工学院専門学校では3つのコースが用意されています。

  • オープンキャンパス
  • オンライン個別相談会
  • ネット体験実習

実際に授業を体験できるオープンキャンパスやオンラインで気軽にできる個別相談会、インターネット上で実習が体験できるコースも用意されています。

申し込みは公式サイトの専用申し込みフォームから可能。

気になったら気軽に参加してみましょう。

参加する際はパンフレットを請求して前もって学校のことを調べ、質問を用意しておくとなお良いでしょう。

横浜システム工学院専門学校の口コミ

横浜システム工学院専門学校の口コミはどんなものがあるのでしょうか。

インターネット上に上がっていた口コミをチェックしてみましょう。

パソコンをよく触っていて、プログラミングを生かした仕事がしたいのならオススメできる学校。パソコン初心者でもある程度は出来るが、授業の内容的に差が生まれてしまう事もあるので初心者はかなり努力しないといけないと思う。

        (IT・ゲームソフト科  在校生 / https://www.minkou.jp/vcollege/school/review/22008/gk=41804/)

プログラミングをしっかり学びたい人に向いている学校のようです。

ただパソコン初心者の方は相当の努力が必要そうですね。

規模が小さいゆえに面倒見が良く、授業や検定対策、就職対策、コンテスト、卒業制作と多岐にわたって、きめ細かくサポートしてもらえました。

授業の科目に資格対策講座があるくらい、資格対策にはとても力を入れています。

        (IT・ゲームソフト科  卒業生 / https://www.minkou.jp/vcollege/school/review/22008/gk=41804/)

スキルを得るためにきめ細かいサポートが受けられる学校のようです。資格を取得したいと思っている人には良い学校ですね。

学費が他のIT系の学校より安くて親としては助かります。体験入学で見た先生も熱心な感じで信頼できそうでした。就職についても就職担当の先生とクラスの先生でみてくれるということなので安心して任せられそうです。

(入学を決めた保護者 / https://www.best-shingaku.net/senmon/school255/review.html)

学費の面で心配されている保護者の方にも評価の高い学校のようです。就職をしっかりサポートしてくれるのはとても安心ですね。

「サポートがしっかりしている」「価格が他の学校と比べて安い」といった口コミがあるのがわかりました。

規模が小さいながらもしっかりサポートをしてくれるのはありがたいですよね。

ただ入学するまでにPCスキルは必要で完全初心者は学習が難しそうです。

未経験からゲームクリエイターになれるおすすめ専門学校・オンラインスクール3選

ゲームクリエイター・ストリーマーになるためのゲームの学校・スクールはたくさんあるけど、結局どこがいいんだよー!!

ばこ
ばこ

そんなあなたに当サイトおすすめのゲーム専門学校を3つご紹介します!

ヒューマンアカデミー【ゲーム企業と連携多数!有名ゲーム会社に就職実績あり】

  • スクエニなどゲーム関連協力企業数はなんと300以上!
  • リアルタイムの業界の最先端教育を受けられる
  • 現場で求められている技術の習得が可能
  • プロによる授業を受けられる
  • 専門校には珍しい2年・3年の選択制可能

ヒューマンアカデミーは、全国19カ所に校舎があるので通いやすいのがポイント。

どこの校舎にもプロの講師がいるので質の高い授業を受けられます。

業界セミナーや企業課題への協力やインターンシップなど現場の知識や経験を積む環境が整っているので即戦力となることができます。

また、業界からの評価や知名度も高いので大企業・有名企業からの求人も多く、全国に校舎があるので、地方にいても大都市情報を常に共有し、希望の企業に就職できるチャンスが多いです。

2024年から3年制が開講。

もっとゲームについて学びたい!という方におすすめです。

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント

プロゲーマーを目指すかたはこちらeスポーツカレッジをチェック!

最短1年でプロになれる!
世界で活躍するプロゲーマーから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジの詳細を見てみる

無料で資料請求して夢を叶える

代々木アニメーション学院【知名度抜群!40年以上の実績は間違いなし!】

  • 未経験からゲームクリエイターになれるカリキュラム
  • ゲーム企画・Unity開発・CG制作などクリエイターになるためのスキルを習得
  • CyGame・サイバーエージェント・グリー・バンダイナムコなどゲーム会社への就職実績多数
  • 全国に学校があり、地方から大都市への就職も有利

代々木アニメーション学院は数多くのゲーム開発者を輩出してきた学校です。

全国に学校があるので上京や一人暮らしをする必要がありません。

全国的にネットワークがあり、有名企業とも連携しているので地方に住んでいても大都市への就職が有利なのもポイント。

講師は全員プロのゲームクリエイター。開発力を身に付けた2年目からはインターンシップも盛んに行われており有名ゲーム会社への就職チャンス多数。

ゲーム会社に就職できる実践力を身に付けて
未経験からプロのゲームクリエイターに
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ資料請求してゲームクリエイターへの一歩を踏み出そう

テックアカデミー【講師の質が高い】

テックアカデミー

  • 現役エンジニアから現場を学ぶ
  • 挫折せずやる気が続く
  • メンタリングは1回30分程度ビデオチャットでなんでも相談OK
  • メンターの通過率はたった10%なので講師の質は高め

TechAcademy(テックアカデミー)は、確かな指導力を持つ現役エンジニアから学べる、オンライン型のプログラミングスクール。

決まった時間にレッスンがあるわけではなく、メンター(講師)のフォローのもとまずは自主学習→疑問点はすぐメンターに質問という流れ。レッスンがない代わりにメンタリングがあるのが特徴です。

ほかのスクールとの違いは、講師の「質」。
メンターになるための選考は、通過率なんと10%の狭き門

ITスキルのみならず「講師」としての適性を持つエンジニアが指導にあたってくれるため安心です。

\専属メンターが徹底サポート/
オンラインでプロになる
テックアカデミーUnityコースを見てみる

気軽にメンターに相談

まとめ

  • 学費が安めなのでプログラミングについて学びたいけど、学費が理由で進学をためらっているという方にはおすすめ
  • クォーター制の授業で短期集中してしっかり学べる
  • 資格取得のサポート体制が充実している

横浜システム工学院専門学校は夢を諦めたくない人にぴったりの学校です。

気になったら、まずはパンフレットの請求をしてみましょう。

また、いくつかの学校を比較検討することもオススメです。

いろんな観点で見比べるとあなたにぴったりの学校を選ぶことができるでしょう。

ほかにも気になる学校があったらパンフレットを請求してみましょう。

必ず将来のためのスキルが身につけられますよ。



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました