大人になってゲームに飽きた・・・虚無 だったら作るしかないよな?

40代になってゲームに飽きた・・・だったら作るしかないよな? ゲームクリエイターになりたい


Unityの本格ゲーム制作講座はこちら
【30日間の全額返金保証付き】

家庭用ハードやスマートフォンなど、さまざまな分野で展開されているゲーム。

食べることも寝ることも忘れ、ひたすらゲームをやった方もいるのではないでしょうか?

しかし、あれだけハマっていたゲーム。

大人、それも30代や40代になると、いつの間にかゲームをやらなくなっていくことも珍しくありません。

忙しい・・・時間がない・・・。

要因はいろいろあると思いますが、「飽きた」という方が多いのでは?

ゲームは好きだけど飽きてしまった方へ。

だったら今度はゲーム作ってみませんか?

実は今、ゲーム作成のハードルも低くなっており何歳からでも1人でもゲームを作ることができるのです!

ひつりん
ひつりん

思ったときがはじめどき!

「でもゲームは企画や音楽、プログラミングも必要だからゲームなんて作れないよ・・・」

「いまからゲーム会社に就職なんてできない・・・」

と思っている興味はあるけど一歩踏み出せないあなた!

今は少しの知識があればカンタンにゲームを作れちゃうんです!

しかも個人でもゲーム作成できちゃいます!

*この記事はこんな方におすすめ*

  • 歳をとってからゲーム開発をした人の例を知りたい
  • 個人でゲーム開発した例を知りたい
  • ゲーム開発するための流れやツールなどを知りたい

この記事では、さまざまなゲーム開発の形やゲーム開発の流れとヒントについて解説します。


【Unity入門の森の最新ゲーム開発講座もお届け】

40代なんて関係ない!様々なゲームクリエイターの形

40代なんて関係ない!様々なゲームクリエイターの形

ゲームクリエイターといえば、大半の方は、企業に所属し、開発チーム一丸となって、ゲーム開発をしている様子が思い浮かぶのではないでしょうか?

もちろん企業でゲーム開発も1つの形です。

実はほかにもゲーム開発の形があります。

一例として

  • 同人ゲームサークルを結成してゲームを開発、コミックマーケット(通称コミケ)などで販売
  • 個人で制作したゲームをフリーで公開

などさまざまな形でゲームを開発、展開しています。

なので、ゲーム会社に入らなくてもゲーム開発はできるのです。

小規模開発や年齢の例を何点かピックアップして解説しますね。

UNDERTALEをほぼ1人で開発したtoby fox氏

インディーゲームである「UNDERTALE(アンダーテール)」。

PC版発売以降、SwitchやPS4、XBoxなどマルチプラットフォームで展開。

日本ゲーム大賞2018の最優秀賞も受賞したこのゲーム。

作者であるtoby fox氏は、20代の若さながらすべての制作をほぼ1人で行って開発しました。

2年7ヶ月の開発期間でゲームデザインや音楽までほとんど1人で開発。

個人でも大ヒット作が生み出せる可能性があるという事例です。

世界累計100万本の大ヒットの天穂のサクナヒメを作成したえーでるわいす

日本においても、世界累計100万本の大ヒットとなった「天穂のサクナヒメ」。

制作した同人ゲームサークルの「えーでるわいす」は、2人のみで活動しているサークルです。

インディーゲームイベントにBitSummit(ビットサミット)でマーベラスから話を持ちかけられたことがきっかけで開発がスタートしたサクナヒメ。

リリース前は人員が投入されたということですが、はじめの3年間は2人のみでの開発していました。

80代からのiOS向けゲームをリリースした若宮正子さん

年齢も40代からのゲーム開発は遅いというわけではありません。

なんと80代でプログラミング言語「Swift」を使用し、iOS向けのゲームをリリースした若宮正子さん。

定年近くまでコンピューターを触ったことがなかった若宮さんですが、コンピューターを導入後Excelアートなど実践。

82歳でプログラミングを学び、2017年に「hinadan」を開発、配信されました。

このようにゲーム制作は、人数や年齢など関係なくできるのが魅力といえます。

40代からでも遅くないゲーム開発の工程解説!

今からでも遅くないゲーム開発の工程解説!

上記で80代でゲーム開発をした例を紹介した通り、40代からでも遅くありません。

むしろ何歳からでも開発ができるのがゲーム作成の魅力です。

だんだん作りたくなってきましたか?

思ったときがはじめどきですので、やっていきましょう!

ここからは、個人でゲーム開発をする場合の流れと作業について解説します。

今回は、開発と共同開発者がいる場合も想定。

大まかな流れは以下通り。

ゲーム開発をする場合の流れ
  • STEP1
    ゲーム企画

    どんなゲームを作成するのか、ツールは何を使うのかなど方針決める大事なポイント。

  • STEP2
    ゲーム仕様書作成

    ゲームの方針が決まったら仕様書を作成します。

    ここでゲームの詳細を詰めていきます。

  • STEP3
    ゲーム開発

    実際にプログラミングやグラフィック作成をして行きます。

  • STEP4
    デバッグを行い完成へ

    作成したゲームにおかしなところがないかをチェックします。

  • STEP5
    販売や公開

    完成したゲームをいろいろな形態で販売、公開していきます。

また開発に必要な素材やツールなどもご紹介!

ぜひ、参考にしてくださいね。

ゲーム企画

最初の工程にしてとても大事なポイントです

こんなゲームが作りたいという構想を言語化して明確にします。

こうすることで、開発するゲームのおおまかな姿がわかるようになり、迷走することをある程度予防できます。

ここで、ゲーム制作ツールでの開発かプログラミングで開発するかを決めます。

ゲームのジャンルなども決定。

また、共同開発者がいる場合は、この構想をプレゼンテーションし、自分が考えるゲームの魅力を共感してもらうことが大切です。

このプレゼンで考えたゲームの魅力的な部分や悪いと思う部分を意見交換。

より良い意見を取り入れることで、開発するゲームの質をあげていきます。

ひつりん
ひつりん

ここで手を抜くと本当に作りたいものがぶれていきます。

 

なおゲームを作りたいけどどんなゲームがいいか、どんなゲームが作れるのかお悩みの方。

当サイトにも初心者でもUnityでゲームを作れる講座を公開しています。

そちらを参考にして、アイディアを膨らませてくださいね。

Unity ゲームの作り方【初心者向けUnity入門チュートリアル講座】

Unity ゲームの作り方 初心者向けUnity入門チュートリアル
このページでは、Unity初心者でも0から作れるゲーム開発講座を用意しています^^ 完全無料で当サイトで作ったオリジナルゲームをあなたも作れるようになるチュートリアル型のUnity入門講座です。

ゲーム仕様書作成

ゲームの企画ができあがれば、次は仕様書を作成します。

いわゆるゲームの設計図です。

ゲームのジャンルや音楽から演出までほぼすべての要素を言語化し、仕様書に記していきます。

個人の場合作らない場合も少なくはないです。

しかし、無駄な作業や工程が生まれる他、本来の企画と食い違ったゲームになる可能性があります

また共同開発者がいる場合は、イメージの共有として必要です。

必ず作成しておきましょう。

【職種別】ゲームクリエイターになりたい人におすすめの書籍まとめ7選
ゲームクリエイターになりたい場合、どんな本を読めばいいのか悩みますよね?この記事ではゲームクリエイターになりたい人、目指している人向けにおすすめの書籍を紹介します。業種別にでも紹介しています。

ゲーム開発

仕様書ができ上がれば、いよいよゲーム開発がスタート!

ゲーム制作ツールを使用する場合は、それを用いて開発。

プログラミングを行う場合は、ゲームエンジンやプログラミング言語を用いてゲームを開発します。

ゲーム開発ツールは「インディゲームクリエイター」と「RPGツクール」など。

ゲームエンジンには「Unity」と「Unreal Engine」などがあります。

ゲーム開発ツールを使うとプログラミングは不要なので、プログラミングがどうしても苦手!という方はこちらでの開発がオススメです。

複雑なことがやりたい場合Unityなどのゲームエンジンがおすすめですよ。

ゲームエンジン

共同開発者がいる場合は、役割を決めていきましょう。

BGMの作曲担当、ゲームのグラフィック担当など、それぞれ分けることでスムーズに開発が進行できます。

音楽やグラフィックで技術に自信がない場合はフリーの素材を提供しているサイトなどの利用や、SNSなどで、作曲やグラフィックデザインの依頼などを行う方法があります。

おすすめのフリー素材サイトをご紹介します。

フリーBGMサイト

ゲームフリー素材サイト

うまく活用してゲーム開発していきましょう。

デバッグを行い完成へ

ある程度、ゲームの開発が終盤に入ったところでデバッグします。

デバッグとは、リリース前のゲームを実際にプレイして、バグや致命的な欠陥などがないかをチェックする作業です。

ここで何かしらのバグなどが発覚した場合は、プログラムの修整。

ツールの場合は作り直しなどで修正します。

そして無事にデバッグや調整が完了すれば、晴れてゲームが完成です。

販売や公開

完成後はゲームの宣伝や販売を行う企業であるパブリッシャーや同人イベントで販売。

スマホ用ゲームならApp StoreやGoogleストアに登録してゲームを配信します。

自分のサイトで公開する場合もあります。

でき上がったゲームを世の中に発信していくのは、なんとも言えない達成感があります。

まとめ

まとめ

  • ゲームクリエイターになるのに遅いも早いもない
  • ゲームクリエイターには様々な形がある
  • プログラミングなどの知識がなくても、ゲーム開発は可能

今回は、ゲーム開発の形やおおまかなゲーム開発の工程について紹介しました。

近年、ゲームクリエイターはゲーム制作ツールなどの登場で非常に開発のハードルが下がっています。

すこし勉強すればだれでもゲーム作成できるようになるこの時代。

ゲームに飽きてしまった方、ぜひご自分で面白いゲームを開発して世の中に発信していきましょう!


【Unity入門の森の最新ゲーム開発講座もお届け】

コメント

タイトルとURLをコピーしました