ゲーム業界のアートディレクターとはどんな仕事?デザイナーとの違いとは

ゲーム業界のアートディレクターとはどんな仕事?デザイナーとの違いとは ゲームクリエイターになりたい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
8種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

ビジュアル面で重要な役割である『アートディレクター』。

ゲーム業界でもこのアートディレクターがいるんです。

しかし・・・

アートディレクターはどんな仕事しているの?イラストを描くの?

と、実際アートディレクター仕事内容を詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?

今回はゲーム業界におけるアートディレクターについて詳しく解説。

仕事内容やデザイナーとの違い、なるためにはどうしたらいいかを詳しくお伝えします。

\忙しい人でも通いやすい/
週1からプロになろう!
ヒューマンアカデミー週末・夜間講座を見てみる

今すぐ無料資料請求


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

アートディレクターの仕事内容

アートディレクターの仕事内容はどういったものなのでしょうか。

ここからはアートディレクターの仕事内容について詳しく説明します。

ゲーム業界のアートディレクターの業務内容

ゲーム業界のアートディレクターの仕事内容は大まかに言えば『認識のすれ違いを正す職業』

社内の経営陣とクリエイターとの間に認識の相違があれば思い描いている作品を作り上げることはできません。

そのためお互いに内容のすり合わせを行い、制作を進めていきます

また、キャラクターやアイテムの考案をして指示書を作成したり、イベントの考案を行ったりすることもアートディレクターの業務に含まれることも。

進捗管理や役割分担もアートディレクターが行うため、スムーズに作業を進める為にもデザインだけではない幅広い知識やビジネス視点を持つことも必要です。

業界ごとのアートディレクターの違い

また、業界によってアートディレクターの仕事内容は変わります。

今回はゲーム業界のアートディレクターについて詳しくお伝えしましたが、他の業界にもアートディレクターという職業は存在します。

例えば、広告業界だと社内ではなく外部のクライアントとの認識をすり合わせてデザインを作り上げていく必要があります。

最近の広告はチラシやWeb広告といった様々な種類の魅せ方があるため、クライアントと認識のすり合わせを行いつつ、それぞれの種類に合う広告を作り上げなければなりません。

デザイナーとアートディレクターの違い

では、デザイナーとアートディレクターの違いはなんなのでしょうか。

先ほど詳しく説明した通りアートディレクターはクライアントや経営陣とデザインのイメージをかため、作品制作の役割分担や納期などを計画・指示する職業です。

そして、デザイナーとはアートディレクターからの指示を受けた後に実際に作業を行うことが仕事となります。

つまり、アートディレクターは『計画や指示を行う人』であり、デザイナーは『実際に作品を作り上げていく人』ということです。

\忙しい人でも通いやすい/
週1からプロになろう!
ヒューマンアカデミー週末・夜間講座を見てみる

今すぐ無料資料請求

ゲーム業界のアートディレクターになるには

ここからはアートディレクターになるために行うことをお伝えします。

アートディレクターを目指したい方はこちらを確認して今からできることを1つずつこなしていきましょう。

今からできることもたくさんあるので今からでもコツコツ進めていきましょう。

デザインの経験を積む

アートディレクターになるにはデザイナーとしての経験を詰む必要があります。

アートディレクターとして最低限持っておかないといけない知識は『グラフィックデザイン』に関する知識です。

デザインの知識が豊富でないとクライアントとのイメージをうまくすり合わせをすることはできません。

また、知識があってもそれを引き出すことができなければ意味がありません。

そのため、グラフィックデザイナーなどのデザイナーとしての経験が必要となります。

コミュニケーション能力を鍛える

次に必要なのがコミュニケーション能力です。

打ち合わせをする際に相手が何を重視しているか、どんなことを伝えたいのかをしっかりと読み取る必要があります。

また、社内や社外の様々なスタッフ、クライアントと打ち合わせを行ったり連携をとったりして作品を完成させなければなりません

そのため、アートディレクターになりたい人はコミュニケーション能力を鍛える必要があります。

成長意欲を持つ

最後に成長意欲を常に持っておくこともかなり重要になります。

デザインやイラストという業界は常に新しいことが流行します。

様々なことに興味をもって、常にトレンドをインプットし続けることで素晴らしい作品を生み出すことができるのです。

そのため、デザインにすることはもちろん、そのほかのトレンドまで全て把握するつもりでいる必要があります。

ひつりん
ひつりん

その他資格取得などもおすすめ!

ゲーム業界のアートディレクターになりたい方は専門学校で勉強しよう

ヒューマンアカデミー

アートディレクターになりたいけど、自分でどうやって勉強すればいいの・・?

自分で勉強がうまくいかない、時間がないけどゲームアートディレクターを目指したい!をという方は専門学校に通うのがおすすめ。

当サイトでもヒューマンアカデミーなどの専門学校を紹介。

徹底的に解説していますので、まずは自分にあうかチェック!

気になるようでしたらぜひ資料請求してみてくださいね。

ひつりん
ひつりん

忙しい人は夜間・週末講座がおすすめ!

\忙しい人でも通いやすい/
週1からプロになろう!
ヒューマンアカデミー週末・夜間講座を見てみる

今すぐ無料資料請求

まとめ

今回はアートディレクターの仕事内容やなり方、デザイナーとの違いについてご紹介しました。

アートディレクターの仕事内容は『イメージのすり合わせ、制作物の進捗予定を組み指示する』ことでデザイナーとの違いは『計画を立て指示を出すか実際に作業を行うか』ということでした。

なるためには

  • デザインの経験をつむ
  • コミュニケーション能力を鍛える
  • 成長意欲を持つ

という3点であることもお伝えしています。

今から始められることを1つずつ初めて、アートディレクターの道を目指していきましょう!

\忙しい人でも通いやすい/
週1からプロになろう!
ヒューマンアカデミー週末・夜間講座を見てみる

今すぐ無料資料請求



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
8種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました