ゲームコンセプトアーティストとは?仕事内容や求められるスキル | Unity入門の森 ゲームの作り方

ゲームコンセプトアーティストとは?仕事内容や求められるスキル

ゲームクリエイターになりたい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

ゲーム開発にはさまざまな仕事があり、その中にゲームコンセプトアーティストと呼ばれる人がいます。
一体どんな仕事をしているのでしょうか。

ゲームコンセプトアーティストは、企画として上がった文字上のアイデアをイラストを使ってビジュアル化する人たちです。
想像力、コミュニケーション能力、画力、デジ タルツールを扱う能力が必要で、ゲーム開発には欠かせないポジションといえます。

この記事はこんな方におすすめです。

  • 「想像をふくらませてイラストを描くのが好き」
  • 「ゲーム業界で働きたい」
  • 「ゲームコンセプトアーティストに必要なスキルが知りたい」

この記事では、ゲームコンセプトアーティストの仕事の内容と必要なスキル、コンセプトアーティストになる方法について詳しく取り上げます。

オススメ!高評価のゲーム専門学校・オンラインスクールをチェックしよう!

オススメNo1:総合学園ヒューマンアカデミー

担任制・少人数制で丁寧な指導!ゲーム業界への近道はココ!

詳細はこちら

オススメNo2:代々木アニメーション学院

幅広い学科が魅力!40年以上の歴史あり!

詳細はこちら

オススメNo3:テックアカデミーUnityコース

完全オンラインでゲーム制作スキルを習得!パーソナルメンター付きでオリジナルアプリをリリース!

詳細はこちら

 


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

ゲームコンセプトアーティストとは?

すでに述べたとおりゲームコンセプトアーティストとは、アイデア段階のコンセプトをイラストを使ってビジュアル化する仕事を行う人のことです。

開発初期の段階ではアイデアやデザインはまだ固まっておらず、イメージがバラバラです。
このようなとき、イラストで表現すれば方向性がはっきり見えてくるでしょう。

そこでゲームコンセプトアーティストの出番。
監督やディレクターたちのアイデアをイラストに起こしてビジュアル化していきます。
こうしてできたイラスト、コンセプトアートを用いて企画は進行していくのです。

ゲームコンセプトアーティストの仕事内容

ゲームコンセプトアーティストは主に

  • ゲームのストーリーや世界観をイメージ化
  • キャラクター、小物などのデザイン

を行います。

仕事の流れは以下のとおりです。

制作者と打ち合わせ

まずはどんなゲームを作る企画なのか理解しなければなりません。
それで企画の初期段階から打ち合わせに参加し、監督やディレクターと話し合いを重ねてイメージを膨らませていきます。

コンセプトアートを制作、提案

制作者側の文字だけでは伝わらないイメージをイラスト化、話し合いを繰り返しコンセプトアートを制作、提案していきます。

しかし相手の意見をただ単に聞くだけというわけではありません。
自らも新しいアイデアを提案して企画に参加し、世界観をより魅力的なものにしていきます。

コンセプトアートを共有

出来上がったコンセプトアートを制作スタッフに共有。
ストーリーや世界観だけではなく、キャラクターイメージ・性格、背景、小物、乗り物などの細かな部分まで共有することによって、方向がブレることなく企画が進んでいきます。

このようにゲームコンセプトアーティストは、ゲーム開発の根幹に関わる非常に重要なポジションと言えるでしょう。


ゲームクリエイター専門学校の資料請求はこちら
【学歴不問・高卒、元ニートでも挑戦できる】

ゲームコンセプトアーティストに必要なスキル

続いて、ゲームコンセプトアーティストに必要なスキルを取り上げます。
以下のスキルが大切です。

  • 想像力
  • コミュニケーション能力
  • 画力
  • デジタルツールを扱う能力

詳しくみてみましょう。

想像力

ゲームコンセプトアーティストにとって「想像力」はとても重要です。
相手が話したことや文章から内容を正しく理解し、イメージをイラストにする必要があるからです。

一つの言葉から具体的なイメージを膨らませるスキルを育む必要があるでしょう。
想像力を育む方法は後ほど取り上げます。

コミュニケーション能力

ゲーム開発はチームで作り上げるものです。
それには「コミュニケーション能力」は欠かせません。

それには相手の話をよく聞く、自分の意見を明確に伝える、相手からの意見を柔軟に受け入れる、相手の立場に共感し理解を示す、などが挙げられるでしょう。
これらは普段から必要なスキルかもしれませんね。

画力

基本となる「デッサン力」はとても重要ですからスキルアップに励みましょう。
また、レイアウト、配色についての知識も大切です。

ただ単に高い画力が求められているのではなく、ゲームコンセプトアーティストの場合はイメージをイラストに落とし込む能力が必要です。

デジタルツールを扱う能力

今はデジタルツールでゲームを制作することが一般的です。
それで基本的なデジタルソフトを使用できるようになりましょう。

例えば・・・

  • Photoshop
  • Illustrator
  • Maya
  • ZBrush
  • After Effects

特にPhotoshopとIllustratorはイラストを描く人にとって不可欠なソフトです。
詳しくは後述しますが、この二つには能力認定試験があり資格を持っておいて損はないでしょう。

現場によって、どのソフトを使うかは異なりますが、共通の基本的な知識を持っておくことはとても重要です。

ゲームコンセプトアーティストになる方法

では最後に、ゲームコンセプトアーティストになる方法を考えましょう。

  • 普段から想像力を鍛える
  • 資格を取得する
  • 美術系大学、専門学校で学ぶ
  • ゲーム会社で実績を積む

詳しくみていきましょう。

普段から想像力を鍛える

何度も触れているとおり、想像力がとても大切な仕事です。
スキルを上げるために普段から想像力を豊かにすることを意識しましょう。

例えば・・・・

  • 異文化に触れる・旅行をする
  • 新しい趣味にチャレンジする
  • 日常の人物や物事をよく観察する
  • 日記や物語やを書いてアイデアを可視化する
  • イラストを描いたりデザインする
  • 音楽を聴いたり、映画を鑑賞する

このように、日常の中で行えることはたくさんあります。
日ごろから想像をふくらませる練習をしてイメージをストックしておきましょう。

資格を取得する

資格取得は必須ではありませんが、以下の資格は仕事をする上で役立ちます。

  • CGクリエイター検定
  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • Photoshop®クリエイター能力試験
  • 色彩検定

CGやデザインに関連した資格を取得することで、スキルの高さをアピールできます。

ゲームのキャラクターデザイナーに必要・役立つ資格はある?

美術系大学、専門学校で学ぶ

独学も可能ではありますが、効果的に学びたいなら美術系大学、専門学校で学ぶことをおすすめします。
学校では、イラスト・デザインの知識やツールの使い方などゲーム業界で働くのに必要なスキルを学ぶことができます。
就職のサポートもしてくれるので、総合的にみて学校に行く方が効率的でしょう。

実際に、ゲームコンセプトアーティストとして働いている方は、美大や専門学校でCGやデザインについて学んだという経歴の方が多くいらっしゃいます。

ゲーム会社で実績を積む

ゲーム業界で数年間デザインやコンセプトデザインの経験を積み、その後ゲームコンセプトアーティストになるのが一般的。

また、別の業界でCGやデザインの仕事をしていた人がゲームコンセプトアーティストに転向するというケースもあります。

未経験でもスキルがあり、やる気があるのなら応募することは可能でしょう。
しかし未経験歓迎の企業は多くはありません。

ゲームコンセプトアーティストになりたいのなら、専門的な知識と実務経験が必要であることを覚えておきましょう。

未経験からゲームクリエイターになれるおすすめ専門学校・オンラインスクール3選

ゲームクリエイター・ストリーマーになるためのゲームの学校・スクールはたくさんあるけど、結局どこがいいんだよー!!

ばこ
ばこ

そんなあなたに当サイトおすすめのゲーム専門学校を3つご紹介します!

ヒューマンアカデミー【ゲーム企業と連携多数!有名ゲーム会社に就職実績あり】

  • スクエニなどゲーム関連協力企業数はなんと300以上!
  • リアルタイムの業界の最先端教育を受けられる
  • 現場で求められている技術の習得が可能
  • プロによる授業を受けられる
  • 専門校には珍しい2年・3年の選択制可能

ヒューマンアカデミーは、全国19カ所に校舎があるので通いやすいのがポイント。

どこの校舎にもプロの講師がいるので質の高い授業を受けられます。

業界セミナーや企業課題への協力やインターンシップなど現場の知識や経験を積む環境が整っているので即戦力となることができます。

また、業界からの評価や知名度も高いので大企業・有名企業からの求人も多く、全国に校舎があるので、地方にいても大都市情報を常に共有し、希望の企業に就職できるチャンスが多いです。

2024年から3年制が開講。

もっとゲームについて学びたい!という方におすすめです。

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント

プロゲーマーを目指すかたはこちらeスポーツカレッジをチェック!

最短1年でプロになれる!
世界で活躍するプロゲーマーから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジの詳細を見てみる

無料で資料請求して夢を叶える

代々木アニメーション学院【知名度抜群!40年以上の実績は間違いなし!】

  • 未経験からゲームクリエイターになれるカリキュラム
  • ゲーム企画・Unity開発・CG制作などクリエイターになるためのスキルを習得
  • CyGame・サイバーエージェント・グリー・バンダイナムコなどゲーム会社への就職実績多数
  • 全国に学校があり、地方から大都市への就職も有利

代々木アニメーション学院は数多くのゲーム開発者を輩出してきた学校です。

全国に学校があるので上京や一人暮らしをする必要がありません。

全国的にネットワークがあり、有名企業とも連携しているので地方に住んでいても大都市への就職が有利なのもポイント。

講師は全員プロのゲームクリエイター。開発力を身に付けた2年目からはインターンシップも盛んに行われており有名ゲーム会社への就職チャンス多数。

ゲーム会社に就職できる実践力を身に付けて
未経験からプロのゲームクリエイターに
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ資料請求してゲームクリエイターへの一歩を踏み出そう

テックアカデミー【講師の質が高い】

テックアカデミー

  • 現役エンジニアから現場を学ぶ
  • 挫折せずやる気が続く
  • メンタリングは1回30分程度ビデオチャットでなんでも相談OK
  • メンターの通過率はたった10%なので講師の質は高め

TechAcademy(テックアカデミー)は、確かな指導力を持つ現役エンジニアから学べる、オンライン型のプログラミングスクール。

決まった時間にレッスンがあるわけではなく、メンター(講師)のフォローのもとまずは自主学習→疑問点はすぐメンターに質問という流れ。レッスンがない代わりにメンタリングがあるのが特徴です。

ほかのスクールとの違いは、講師の「質」。
メンターになるための選考は、通過率なんと10%の狭き門

ITスキルのみならず「講師」としての適性を持つエンジニアが指導にあたってくれるため安心です。

\専属メンターが徹底サポート/
オンラインでプロになる
テックアカデミーUnityコースを見てみる

気軽にメンターに相談

まとめ

ゲームコンセプトアーティストとは企画として上がった文字上のアイデアをイラストを使ってビジュアル化する人のことです。
制作者と綿密にコミュニケーションを取り、イメージを膨らませてコンセプトアートを作り上げていきます。

そのためには想像力、コミュニケーション能力、画力、デジタルツールを扱う能力が求められます。
日ごろから表現力を高める意識をしてみましょう。

ゲームコンセプトアーティストは総合的なスキルが求められますが、ゲーム開発の中でとてもやりがいのある仕事と言えます。
ゲームの世界観を一から作る仕事をしてみたい!という方はゲームコンセプトアーティストをぜひ目指してみてくださいね。



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました