ゲームクリエイターとプログラマーの道の違いとは 必要スキルや資格をまとめ | Unity入門の森 ゲームの作り方

ゲームクリエイターとプログラマーの違いとは?必要スキルや資格をまとめ

ゲームクリエイターになりたい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

ゲームクリエイターとゲームプログラマーはどちらもゲーム制作に関わる人を表す呼び方ですが、その役割は異なります。

必須となる資格はありませんが、それぞれの分野での技術力が重視される仕事ばかり。

「ゲームクリエイター」といってもさまざまな職種の人々がおり、業務内容も違うのです。

簡単なわかりやすい説明として「ゲームクリエイター」という大きな職種があって、クリエイターの職種をさらに細かく分けていった際に、その一つとして「ゲームプログラマー」がいると考えるといいでしょう。

オススメ!高評価のゲーム専門学校・オンラインスクールをチェックしよう!

オススメNo1:総合学園ヒューマンアカデミー

担任制・少人数制で丁寧な指導!ゲーム業界への近道はココ!

詳細はこちら

オススメNo2:代々木アニメーション学院

幅広い学科が魅力!40年以上の歴史あり!

詳細はこちら

オススメNo3:テックアカデミーUnityコース

完全オンラインでゲーム制作スキルを習得!パーソナルメンター付きでオリジナルアプリをリリース!

詳細はこちら

 


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

ゲームクリエイターとは

一般的に、ゲームクリエイターとは「ゲームを作る人」のことをまとめて表す呼び方です。

ゲームクリエイターと呼ばれることが多いのは

企画

  • プロデューサー
  • ディレクター
  • ゲームデザイナー

開発

  • プランナー
  • プログラマー
  • グラフィック
  • 3DCG
  • 2Dアーティスト
  • サウンド
  • シナリオライター

などがあります。

上記で挙げた通り、多くの担当に分かれていて、目指す職種によって必要スキルが違うことが分かりますね。

これからゲーム制作に就きたいという人はゲームのどの部分を担いたいかによって、なるための方法や身につけるべきスキルが変わってくることに気を付けましょう。


ゲームクリエイター専門学校の資料請求はこちら
【学歴不問・高卒、元ニートでも挑戦できる】

ゲームプログラマーとは

ゲーム開発のプログラミングを担当する「ゲームプログラマー」は、プログラミング言語を使いこなして作品を形にしていく職人的な仕事。

ゲームの企画書や仕様書に沿ってプログラミングを行い、ゲームが意図した通りに動作するようにします。

完成間際のプログラムのテストやエラー修正も。

正常にゲームが作動するようにするのが仕事がメインです。

ゲームプログラマーに必要なスキル

先ほど「ゲームクリエイターに必要なスキルは目指す職種によって変わる」と説明しました。

希望する職種がゲームプログラマーであるなら必要なスキルは明確になってきます。

  • プログラミングスキル
  • 英語・数学・物理の知識
  • ネットワークの知識
  • コミュニケーションスキル
  • 論理的思考力
  • 情報収集力

6つのスキルを詳しく紹介していきましょう。

1.プログラミングスキル

プログラミングをするための「言語」には様々な種類があります。

  • Java
  • C++
  • C#
  • JavaScript
  • Swift
  • Kotlin

対応するプラットフォームやメーカーによって言語を変える必要があり、覚えている種類が多いほど、対応できる作業の幅も広がります。

「ゲームプログラマー」という名の通りプログラミング言語は最重要といえるスキルになるでしょう。

2.英語・数学・物理の知識

プログラミングに関係ないように見えますが、英語・数学・物理の知識は必須です。

  • 英語:実際のコーディングや、制作ソフトを理解するため
  • 数学:リアルな動きを出すための三角関数や力学の計算
  • 物理:物理演算やベクトル、力学の知識

など、昔よりゲームの表現の幅が広がったため、必要な知識も幅広く要求されるようになりました。

良いゲームを作るために知識の幅を広げることは欠かせないですね。

3.ネットワークの知識

ゲーミングPCが普及して、対人や協力などのオンラインゲームが主流になっていますよね。

そんなオンラインゲームでも、ネットに繋いだ状態で問題なく動くように

  • プロトコルや帯域の知識
  • パケットに関する仕組み
  • サーバーの負荷を分散させる技術

などを勉強しておかなければなりません。

4.コミュニケーションスキル

ゲームを作り、リリースするにはチームメンバーと情報を共有し、意見交換していくことが大切です。

ゲーム開発に関わらず、コミュニケーション能力は大事ですが、それぞれの知識量や専門性も違うので

  • 相手の意図をくみ取る
  • それぞれのアイデアを形にする
  • お互いの分野の説明を聞いて理解する
  • 作業内容についての交渉、相談をする

など多くの場面、たくさんの人とコミュニケーションを取る必要があります。

5.論理的思考力

プログラマーに必要なスキルとしてよく挙がるのが「倫理的な考えを持つこと」。

物事を根拠から考え、数量化することや、手順を考える必要があります

視点を変えて物事を考えること、相関を把握することや経緯を見ること、どれもプログラミングの本質に関わる大事な要素です。

6.情報収集力

ゲームに関する知識だけでなくゲーム以外のことにも興味を持ち視野を広げましょう。

  • 新しいソフトやゲームエンジンのリリース
  • プログラミングの効率化
  • 最新のトレンド

など、ITの進化に置いて行かれないように、勉強や情報を知っておくのは大事なこと。

仕事の時間以外でも、情報を収集したり、勉強を続けることで複雑な企画、仕様に直面しても仕事をこなせるようになるでしょう。

ゲームプログラマーに必要な資格

ゲームプログラマーに資格は必須ではないですが、技術力を証明する手段になります。

転職や、新しいチームに参加するときに資格を持っておくことで、チームとのやりとりもスムーズになるでしょう。

技術力を表す代表的な資格は

  • 情報処理技術者試験:IT技術の基礎的な知識と技術を証明
  • Java™プログラミング能力認定試験:Java言語の能力を証明
  • C言語プログラミング能力検定試験:C言語の知識とスキルを証明
  • Unity認定資格:Unityエンジンに関する知識と技術を証明

などがあります。

未経験からゲームクリエイターになれるおすすめ専門学校・オンラインスクール3選

ゲームクリエイター・ストリーマーになるためのゲームの学校・スクールはたくさんあるけど、結局どこがいいんだよー!!

ばこ
ばこ

そんなあなたに当サイトおすすめのゲーム専門学校を3つご紹介します!

ヒューマンアカデミー【ゲーム企業と連携多数!有名ゲーム会社に就職実績あり】

  • スクエニなどゲーム関連協力企業数はなんと300以上!
  • リアルタイムの業界の最先端教育を受けられる
  • 現場で求められている技術の習得が可能
  • プロによる授業を受けられる
  • 専門校には珍しい2年・3年の選択制可能

ヒューマンアカデミーは、全国19カ所に校舎があるので通いやすいのがポイント。

どこの校舎にもプロの講師がいるので質の高い授業を受けられます。

業界セミナーや企業課題への協力やインターンシップなど現場の知識や経験を積む環境が整っているので即戦力となることができます。

また、業界からの評価や知名度も高いので大企業・有名企業からの求人も多く、全国に校舎があるので、地方にいても大都市情報を常に共有し、希望の企業に就職できるチャンスが多いです。

2024年から3年制が開講。

もっとゲームについて学びたい!という方におすすめです。

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント

プロゲーマーを目指すかたはこちらeスポーツカレッジをチェック!

最短1年でプロになれる!
世界で活躍するプロゲーマーから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジの詳細を見てみる

無料で資料請求して夢を叶える

代々木アニメーション学院【知名度抜群!40年以上の実績は間違いなし!】

  • 未経験からゲームクリエイターになれるカリキュラム
  • ゲーム企画・Unity開発・CG制作などクリエイターになるためのスキルを習得
  • CyGame・サイバーエージェント・グリー・バンダイナムコなどゲーム会社への就職実績多数
  • 全国に学校があり、地方から大都市への就職も有利

代々木アニメーション学院は数多くのゲーム開発者を輩出してきた学校です。

全国に学校があるので上京や一人暮らしをする必要がありません。

全国的にネットワークがあり、有名企業とも連携しているので地方に住んでいても大都市への就職が有利なのもポイント。

講師は全員プロのゲームクリエイター。開発力を身に付けた2年目からはインターンシップも盛んに行われており有名ゲーム会社への就職チャンス多数。

ゲーム会社に就職できる実践力を身に付けて
未経験からプロのゲームクリエイターに
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ資料請求してゲームクリエイターへの一歩を踏み出そう

テックアカデミー【講師の質が高い】

テックアカデミー

  • 現役エンジニアから現場を学ぶ
  • 挫折せずやる気が続く
  • メンタリングは1回30分程度ビデオチャットでなんでも相談OK
  • メンターの通過率はたった10%なので講師の質は高め

TechAcademy(テックアカデミー)は、確かな指導力を持つ現役エンジニアから学べる、オンライン型のプログラミングスクール。

決まった時間にレッスンがあるわけではなく、メンター(講師)のフォローのもとまずは自主学習→疑問点はすぐメンターに質問という流れ。レッスンがない代わりにメンタリングがあるのが特徴です。

ほかのスクールとの違いは、講師の「質」。
メンターになるための選考は、通過率なんと10%の狭き門

ITスキルのみならず「講師」としての適性を持つエンジニアが指導にあたってくれるため安心です。

\専属メンターが徹底サポート/
オンラインでプロになる
テックアカデミーUnityコースを見てみる

気軽にメンターに相談

まとめ

「ゲームクリエイター」という大きな職種の中の、ゲーム開発のプログラミングを担当する「ゲームプログラマー」。

クリエイター業で要求されがちな「クリエイティブなアイデア」は必要とせず、

  • プログラミングスキル
  • 英語・数学・物理の知識
  • ネットワークの知識
  • コミュニケーションスキル
  • 論理的思考力
  • 情報収集力

などのスキルを使いこなして作品を形にしていく職人のような立ち位置になります。

必須ではありませんが、自身の技術力を表す指標として

  • 情報処理技術者試験:IT技術の基礎的な知識と技術を証明
  • Java™プログラミング能力認定試験:Java言語の能力を証明
  • C言語プログラミング能力検定試験:C言語の知識とスキルを証明
  • Unity認定資格:Unityエンジンに関する知識と技術を証明

などの資格を取得することで就職する際のアピールに繋がることを覚えておきましょう。



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました