ゲームクリエイターってどんな仕事?どんな内容で働いてるの?

ゲームクリエイターってどんな仕事?どんな内容で働いてるの? ゲームクリエイターになりたい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

ゲームクリエイターと言うと、ゲームを作る人というのは分かっていても、どんな仕事内容なのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか?

ゲームを作るためには、家庭用のゲームからゲームセンターのゲーム、スマホゲームまで全てのゲームに関して多くのスタッフが制作に携わっています。

ゲームクリエイターを目指している人は、どんな仕事内容なのか知っておいた方がいいですよね。

今回は、ゲームクリエイターはどんな仕事なのか、仕事内容についても紹介します。


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

ゲームクリエイターとは?

ゲームクリエイターとは?

ゲームは、1人だけで最初から最後まで作るのはとても難しいです。

ゲームの企画、シナリオ、キャラクターデザイン、音楽、プログラミングなど、色々な分野で専門家が必要になります。

ゲームクリエイターというのは、ゲームの制作に携わっている人全てを指します。

それぞれの行程において各クリエイターが役割を分担してゲームを作り上げていくのです。

一日のスケジュールをまとめた記事も合わせてチェック!
ゲームクリエイターってどんな生活なの?一日のスケジュールは?

ゲームクリエイターの仕事内容

ゲームクリエイターの仕事内容

では、ゲームクリエイターにはどんな仕事があるのでしょうか?

ゲームクリエイターの仕事内容を紹介します。

プロデューサー

ゲームプロデューサーというのは、ゲーム開発におけるプロジェクトの総責任者のことです。

  • ゲーム内容を決める
  • 予算を立てる
  • チーム編成をする
  • スケジュールを組む
  • スケジュール管理
  • 販売戦略を決める

などなど、ゲームを完成させるために指揮をとってプロジェクトを進めていく役割を担います。

断片的な知識だけでなく、幅広い知識が必要。

また、知識だけでなく調整、交渉、問題解決など総合的な力量も求められます。

ゲーム制作において中心となる人物です。

ディレクター

ゲームディレクターは、その名の通りゲーム制作における「監督」の役割を担います。

  • 企画
  • 指示出し
  • 進捗・スケジュール管理

などを行い、制作に係る全工程に携わります。

ディレクターによってゲームの質が大きく変わるとも言われるほど重要な立ち位置。

制作スタッフをまとめてゲームを完成まで導くのでとてもやりがいのある仕事です。

ゲームプランナー

ゲームプランナーは、ゲームの企画をする仕事です。

  • ゲームマーケットの調査・分析
  • どんなジャンルのゲームを作るのか
  • どんな年齢・性別の人にゲームを売りたいのか
  • 企画書の作成

などなど、ゲームの設計図を作成し、プランナーの企画をもとにゲーム制作は進められます。

企画力、発想力、マーケティング力が必要な職種で、企画書を作成するスキルや、企画を伝えるコミュニケーション力も必須です。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、ゲームのデザインをする仕事です。

  • キャラクター
  • 背景
  • アイテム

などをデザインします。

グラフィックデザイナーの中でも細かく分けられていて

  • 2D/3D
  • キャラクター
  • モーション
  • エフェクト
  • UI

などなど、役割が異なる部分もあります。

魅力的なデザインはゲームにおいてとても重要なポイント。

発想力、描画力、illustratorやPhotoshopなどのソフトを扱うスキルなども求められます。

エフェクトデザイナーは今人気!

シナリオライター

シナリオライターは、ゲームのストーリーを考える仕事です。

最近のゲームではかなり凝ったシナリオのものが多く、ゲームの評価にも大きく影響してくる部分です。

  • 物語の構成・展開
  • シーン設定
  • キャラクターのセリフ
  • キャラクターの性格

文章力、シナリオ作成の知識などが必要な職種です。

サウンドクリエイター

サウンドクリエイターは、ゲーム内の音楽の作成をする仕事です。

  • メインテーマ
  • BGM
  • 効果音

など、ゲームに使われる全ての音に関するものを作成します。

人気のあるゲームは音楽も人気がある者が多いです。

音楽はゲームを印象付ける重要な要素のひとつ。

成功すれば、ゲーム音楽の作曲家として幅広く認知され、人気が出るようになることもあります。

パソコンで作曲やアレンジをするスキルが必要で、音楽のジャンルや楽器の種類も色々と知っていなければいけません。

プログラマー

プログラマーは、企画書や仕様に合わせながら実際にゲームを動かすプログラムを組む仕事です。

ゲームが本当に企画書通りに作成できるのか、ということを判断する重要な役割を担います。

作業は細かく、プログラムに不具合があると動かなくなったりしてしまうので丁寧さや正確さが必要になります。

人員が多く必要な場所であり、専門学校などで勉強した知識のある人が活躍する場所です。

デバッガー

デバッカーは、ソフトウェアを検証し、バグと呼ばれる不具合を解消する仕事です。

デバッカーが不具合を見つけ、プログラマーによって修正し、さらに修正が正しく行われたかどうかを確認します。

確認→修正→確認

この作業を繰り返し行うことによってサービスの品質が向上します。

ゲームクリエイターになる方法

ゲームクリエイターになる方法

ゲームクリエイターになるために必ず必要となる資格などは特にありません。

ゲーム制作会社などに就職してスタッフとして経験を積んでいくことになります。

特に、プログラマーやグラフィックデザイナーなどは高い専門性が求められるので、専門学校などに通って学んでおくと有利です。

独学で学ぶことも不可能ではありませんが全くの未経験の場合には何から始めたらいいのか分からないことも多いです。

専門学校なら、基礎からまんべんなくしっかり教えてくれるので幅広い知識やスキルの習得が可能。

また、就職サポートも充実している学校も多く、推薦やインターンシップなどで就職に繋がりやすい環境でもあります。

効率的にゲームクリエイターを目指すのであれば、専門学校に通うことをおすすめします。

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント

まとめ

まとめ

ゲームクリエイターはどんな仕事なのか、仕事内容について紹介しました。

ゲームクリエイターというのは、

  • プロデューサー
  • ディレクター
  • ゲームプランナー
  • グラフィックデザイナー
  • シナリオデザイナー
  • サウンドクリエイター
  • プログラマー
  • デバッカー

などの職種の総称です。

ゲームは様々な職種の人たちが連携し合って作られています。

ゲームクリエイターになりたい!と漠然と思っている人は、まずはゲームの制作にあたってどんなことをしたいのか方向性を決める必要があります。

そして、ゲームクリエイターを目指すのであれば専門的な知識を身につけておくほうが有利なので、専門学校に通うことをおすすめします。

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました