ゲームイラストを独学で描きたい方におすすめの参考書5選

ゲームイラストを独学で描きたい方におすすめの参考書5選 ゲームクリエイターになりたい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

  • 「ゲームイラストを描いてみたい」
  • 「絵がうまくなりたい」

ゲームが好きな方やイラストを描いている方であれば一度は思い浮かべますよね。

「絵が描きたくても何を参考にしたらいいかわからない…。」「どうやって絵を描けばいいか知りたい。」と悩んでいる方も多いでしょう。

この記事はこんな方におすすめ

  • イラストがもっとうまく描けるようになりたい
  • イラストの描き方がわからないため参考書が欲しい
  • イラストを描く方法が知りたい
  • 独学でイラストを上手く描けるようになりたい

今回はイラストを独学で描きたい方のためにイラストの参考書を5冊紹介します。

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

独学でゲームイラストを描きたい人の参考書の選び方

まずはイラストの参考書の選び方。

参考書選びはとても大切。

イラストも勉強と同じで参考書を選び間違うとやる気がなくなってしまう原因となってしまいます。

ここではそんな思いをしないためにも良い参考書の選び方をお伝えします。

描きたいジャンルに合わせて選ぶ

まずは『描きたいジャンルに合わせて選ぶ』ことです。

描きたいものと全然違う内容の参考書を買ってもなんの役にも立ちません。

本屋などでは立ち読みができるところも多いため、しっかりと見比べて自分の描きたいジャンルやイラストに合わせて買いましょう。

自分の現在の実力に合ったものを選ぶ

次に『自分の今の実力に合った参考書を選ぶ』ことです。

これはかなり大切です。

実力に見合わないものを選んでしまうと参考書の内容が難しすぎてついていけない原因となってしまいます。

例えば、線画もまともに描けない時にかなり難しい上級向けのイラストの解説本を買っても理解できないですよね。

自分の今の実力を知ることはかなり難しいですが、実力を知ることができればより良いイラストを描けるように

自分の今の実力を知り、自分に合った参考書を選びましょう。

ゲームイラストを独学で描きたい人におすすめの参考書5選

いよいよおすすめの参考書を紹介していきます。

今回は初心者さんから中級者さんまでにおすすめの参考書を5冊ほど厳選してまとめました。

【初心者向け】マンガキャラデッサン入門

こちらはイラスト描きたての方や基礎からイラストを学びたい人向けの参考書になります。

本のタイトルに『キャラ』とある通り、こちらは人体について基礎から学べる参考書です。

体の構造やアタリの取り方などの基礎的なところからしっかり学ぶことができます。

アタリとはイラストを描く前にだいたいのバランスをとるために書く下書きのようなものです。

「イラストを描きたいけど描き方がわからない…」という方にぜひ一冊持っていてほしい参考書なので初心者向けの参考書として紹介しました。

【中級者向け】肌塗りの秘訣

こちらは「肌の塗り方」を中心に解説してくれている参考書になります。

魅力的な肌やおなかを描きたい方にはすごくおすすめの本です。

また、こちらはPhotoshopというソフトを使用して解説されているため、魅力的な肌の塗り方だけでなくPhotoshopでのイラストの描き方も学ぶことができます。

Mignonさんが出版しているほかの本もかなり参考になりますので気になる方はぜひ他の参考書もチェックしてください。

【中級者向け】「塗り」辞典

こちらは『CLIP STUDIO PAINT』というイラスト制作用のソフトを使用したイラストの色の塗り方も参考書です。

CLIP STUDIO PAINTを使ってイラストを描いている方は描き方だけでなくソフトの使い方も学ぶことができる一冊になっています。

また、CLIP STUDIO PAINTを使っていない方も塗り方や考え方を学ぶことができます。

実はこの「塗り」辞典、一冊だけではなく様々な塗り方、シチュエーションで3種類ほど出版されています。

購入を検討している方は自分の好きな塗り方、なりたい絵柄に合わせて購入してくださいね。

【中級者向け】キャラ塗り上達術

こちらもCLIP STUDIO PAINTを使用したイラストの塗り方を解説している参考書となっています。

プロの絵師10名が様々なジャンルの塗り方を解説してくれているので自分に合った塗り方を見つけることができること間違いなしです。

自分に合った塗り方がわからないという人や色々な塗り方を勉強したいといった方は一冊持っておくとよいでしょう。

【全般向け】モルフォ人体デッサン

こちらは初心者さんから上級者さんまで全員におすすめしたい人体デッサンについての参考書になります。

今回リンクを貼っているのは『箱と円筒で描く』という初心者にもおすすめの一冊です。

人体を箱や円筒に見立てて描きやすいように解説してある本となっています。

この参考書で模写やデッサンを練習すれば人体についての理解を深めることができること間違いなしです。

イラスト独学者必見!スキルアップ術

ここでは「スキルアップのコツ」をお伝えしていきます。

スキルアップのコツは『とにかく描く』ことです。

イラストは一朝一夕で上達するものではありません。とにかく描いて、練習して努力することが一番大切です。

イラストは描けば描くほど上達します。

逆に描かないとある程度描けていた人でも描き方を忘れてしまったり、思うように描けなくなったりしてしまいます。

とにかく描き続けましょう。

ただし、好きなように描いていてももちろん上達しません。

独学でイラストを描いている方にありがちなのが同じ構図で描くことです。

同じ構図同じシチュエーションで描き続けてもその構図は上手くなってもその他が成長することはありません。

デッサンや模写、スケッチなどを定期的に繰り返し、基礎画力を上げることで様々な構図が描けるようになります。

基礎画力をつけておくことは後々自分の為にもなります。

時間が無い方も週一くらいのペースで軽いスケッチをするだけでも身になるので定期的にデッサンやスケッチを繰り返しましょう。

 

初心者で本を読んでも上達する気がしない・・という方は専門学校に通うのもいいですね。

当サイトでもヒューマンアカデミーなどイラストが学べる専門学校を紹介。

徹底的に解説していますので、まずは自分にあうかチェック!

自分にあいそうと思ったらぜひ資料請求してみてくださいね。

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント

まとめ

今回はイラストの参考書の選び方、ゲームイラストを独学で描きたい方におすすめの参考書、イラストのスキルアップのコツの三点について解説しました。

イラストの参考書の選び方は

  • 描きたいジャンルに合った参考書を選ぶ
  • 自分の今のレベルを理解してそのレベルに合った参考書を選ぶ

の二点でした。

そして、スキルアップのコツは

  • とにかく描き続ける
  • 適度にデッサンやスケッチ、模写などを行い観察する目を養う

でしたね。

また、今回おすすめの参考書を5冊ほど紹介しました。

もちろん参考書はこれだけではなくもっとたくさんあります。

色々な参考書を見比べてぜひあなたに合った参考書を見つけてください!



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました