インディーゲーム開発者の収入や年収は?生計が成り立つための目安

ゲームクリエイターになりたい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
5種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

近年の日本では、インディーゲームが流行中。

流行しているのは、ゲームのプレイヤーだけではなく、制作するクリエイターも増加しています。

その理由は、「低コストで自由なゲームを作れる」から。

また、開発エンジンなどを使うことで、プログラミング作業をすることなく、簡単に作ることができます。

専門知識がない素人でもできることから、ゲームを作る人が増え続けています。

ヒットすれば、一流ゲームクリエイターとして暮らしていける!

という期待もあるのでしょう。

たしかに、大ヒットを記録するようなゲームを開発できれば、お金が入ってきます。

しかし、ヒットするゲームはほんのひと握り。

インディーゲームで食べていけるほど、この世界は甘くありません。

この記事では、

  • 実際のインディーゲームクリエイターはどれほど儲けているのか
  • どれほど売れたら生計が成り立つのか

を解説していきます。

ひつりん
ひつりん

インディーゲームで生計を立てたいと思う方はぜひチェックしてください。


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

インディーゲームの収入は?開発者をチェック!

インディーゲームの代表的な作品として、マインクラフトがあります。

その開発者は、マルクス・ペルソンさん。

同人でマインクラフトを開発し、大ヒットを記録しました。

彼の純資産は2007年分でUS$15億。

日本円にして約1,700億!

まさにインディーゲームドリーム!

しかし、これは特例です。

誰もが大ヒットを記録できる世界ではない、ということを覚えておきましょう。

現在インディーゲームを開発している人の年収は?

現在インディーゲームを開発している人は、増え続けています。

インディーゲーム制作しているふりふらさんは、個人開発で年収は15万円。

こちらの記事にあるように、現実は厳しいものです。

では、インディーゲームクリエイターで生計を立てるのは、諦めたほうがいいのでしょうか?

はたしてインディーゲームで生計は立てられるのか?

インディーゲームで生計が成り立つための目安は?

ここで生計を立てるための目安を見ていきましょう。

一人暮らしの生活費の平均額は、150,506円

※出典:総務省統計局|家計調査年報(家計収支編)2020年(令和2年)

税金などの支払いを考えると、インディーゲームで生計を立てるためには、20万円ほどの稼ぎが必要です。

例えば、スマホなどのアプリでプレイする脱出ゲームを開発したとしましょう。

無料広告で収益が得られるアプリゲームは、ジャンルによって金額が変わります。

脱出ゲームは、1DL(ダウンロード)あたり10円です

そのため、20万円を稼ごうと考えると、2万DLが必要になります

アプリゲームの勢いは凄まじく、iOSで500ゲーム、Androidで250ゲームが毎日新たに配信されています。

つまり、750(ゲーム数)×30(月)となり、約22,500のゲームから選ばれなくてはいけません

さらに継続的に売れ続けないと行けないため、どんどん宣伝、開発をする必要があります。

インディーゲームの収入は限りなくゼロに近い

インディーゲームは、低コストで自由に制作が可能だからといっても、売れなければ収入はゼロです。

まず、配信と同時に売れるということはないと考えましょう。

目に付く確率の低いインディーゲームは、すぐ売れることはなく、収入は得られません。

また、注目を浴びても、利益になるのは別の話。

インディーゲームで生計を立てるのは、クオリティーの高いものでも難しいです。

インディーゲームの開発を考えているのであれば、こちらの体験談をぜひ参考にしてみてください。

インディーゲームが売れるには注目される必要がある

収入を得て、生計を立てるためには、世間から注目されなければいけません。

認知してもらえなければ、遊んでもらえることもないため、当然収入はゼロ

遊んでもらうには、ゲームをプロデュースする努力が必要です。

SNSや広告などで、自分のゲームを積極的に発信していくことが、売れるためのカギになります。

近年では、SNSで一度注目を浴びると、テレビなどのメディアでも取り扱ってもらえることが多いです。

そのような宣伝効果も狙っていけるように、知識をつけておくといいでしょう。

そうすることによって、認知してもらえるチャンスに繋がります。

インディーゲームで生計を建てる前に別の仕事で稼ぐ

インディーゲームを制作するには、数十万〜数百万円が必要だとされています

理由は、ゲーム制作自体よりキャラクターデザインやゲーム内BGM製作などに出費する方が多いため。

全て自分で制作できるのであれば問題はありませんが、ほとんどの方が外注依頼すると思います

そのため、依頼費を払うためにもインディーゲーム開発とは別の仕事で稼ぐ必要があります

趣味や副業としてインディーゲームを開発する人が多いため、会社を辞めてインディーゲーム開発者になる!というのは、無謀な賭けになるかもしれません

後悔しないようにしっかり考えるようにしましょう。

まとめ

この記事で伝えたかったことをまとめると・・・

  • インディーゲームでの収入はゼロに近い
  • 売れるためには認知してもらう必要がある
  • ゲーム開発で生計を立てるのは難しい
  • 別の仕事で開発資金を稼ぐ

インディーゲームで一儲けしよう!と考えている人には、少し残念な現実かもしれません

インディーゲームを開発すればすぐに利益を得られると、期待していた人もいるのではないでしょうか。

売れるゲームを作るためには、より良いものを追求し続けなければいけません。

自分の作りたいゲームを低コストで作れるインディーゲームには夢があります

自分の理想を形にするために、アイデアを練り続けてください。



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
5種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました