インディーゲーム個人開発って儲かるの?開発費はどのくらい? | Unity入門の森 ゲームの作り方

インディーゲーム個人開発って儲かるの?開発費はどのくらい?

インディーゲーム個人開発って儲かるの?開発費はどのくらい? ゲームクリエイターになりたい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

インディーゲームとは、個人など小規模で開発したゲームのこと。

「自分が作りたいゲーム」を作るため、低予算・少人数で行う小規模なもの。

有名なインディーゲームとして、「Minecraft(マインクラフト)」があります。

インディーゲームは日本でも徐々に浸透しつつあります。

最近ではUnityなどの開発エンジンも手軽に利用できるようになりました。

それにより初心者でも思ったときにすぐにゲーム作成できるのです。

しかし、実際作ろうと思ったときに気になるのはお金の話

どうせ作るなら儲けたい。

個人開発でインディーゲームを作ったらはたして儲かるのでしょうか?

そして、特に気になるのが開発費

どれぐらいかかるのか気になりますよね?

そこで今回は、インディーゲームを個人開発して儲かるのか?開発費について解説していきましょう。

また売れるための方法もまとめています。

ひつりん
ひつりん

インディーゲームの開発費が気になる方はチェック!

オススメ!高評価のゲーム専門学校・オンラインスクールをチェックしよう!

オススメNo1:総合学園ヒューマンアカデミー

担任制・少人数制で丁寧な指導!ゲーム業界への近道はココ!

詳細はこちら

オススメNo2:代々木アニメーション学院

幅広い学科が魅力!40年以上の歴史あり!

詳細はこちら

オススメNo3:テックアカデミーUnityコース

完全オンラインでゲーム制作スキルを習得!パーソナルメンター付きでオリジナルアプリをリリース!

詳細はこちら

 


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

インディーゲームは儲かる?日本のゲーム事情

インディーゲームは儲かる?日本のゲーム事情

日本でも最近はゲームを個人開発するクリエイターが増えてきています。

そのため、たくさんのゲームが世に出回っている状態。

海外で開発されたものも合わせると、数え切れないほどのゲームがあります。

そのため、ゲームを作っても認知されないというのが現実

つまり、儲かる確率は少ないと考えるのが妥当です。

いくら面白くて楽しいゲームを作ったとしても、認知されなければ遊んでもらえることはありません。

そのため、個人開発にはそれなりのリスクがあります。

ゲーム市場では、新しいゲームがダウンロードされていない現実が確かにあるのです。

ここまでは、ゲームを作るだけで売れるような努力をしない場合。

では、儲かるためにはどうすればいいのでしょうか?


ゲームクリエイター専門学校の資料請求はこちら
【学歴不問・高卒、元ニートでも挑戦できる】

自作のゲームを売れるようにするためには宣伝が必要

自作のゲームを売れるようにするためには

自作でゲームを開発し、とてもクオリティーの高いものに仕上がっても、知ってもらわなければ売れることはありません。

そのため売れるためには、宣伝活動する必要があります。

主な方法は以下の5つ。

  • 広告などを利用する
  • SNSで宣伝をする
  • 大会などを利用する
  • イベントを利用する
  • プレスリリースを利用する

詳しくみていきます。

広告などを利用する

この方法は、「簡単だけどコストがかかる・ハイリスク」です。

アプリやサイトを開くと、広告が流れることを見かけることがあるはず。

その広告に自分の作ったゲームの宣伝をしてもらうというものです。

しかし、自作のゲームには、相当なクオリティーの高さが求められます。

目に付く確率は高いので、ヒットすれば儲かる確率も上がる方法です。

SNSで宣伝をする

自作のゲームを宣伝する力があればこの方法はおすすめ。

SNSでは話題になれば一気に拡散されるので、運が良ければすぐにヒット作品になります。

しかし、話題にされなければ難しい現状です。

そのため、自分で自作ゲームをプロデュースできる人におすすめの方法になります。

大会などを利用する

ゲームには制作の大会やコンテストがあります。

数多くのクリエイターと戦う必要がありますが話題性は抜群です。

大会は企業が開催しているものから、ユーザー主催のものまでさまざま。

そのコンテストに参加し、自作のゲームを宣伝するという方法もあります。

イベントを利用する

インディーゲームをピックアップしているイベントに、自作ゲームを出すのも話題性が抜群。

必ず当たるというわけではなく落選などの結果もありうるので、何度も参加していく根気が必要です。

イベントはこのようなものがあります。

イベント名 概要
BitSummit 京都で1年に1度、開催されている日本で最大級のイベント。
TokyoIndies 東京で月に1度、開催されているイベント。

イベントをうまく活用することで認知度を上げられます。

プレスリリースを利用する

インディーゲームなどの話題をピックアップしているサイトに、載せてもらうことで宣伝することもできます。

クオリティーが高ければ高いほど、載せてもらえる確率が上がり、目に付くことも多くなるでしょう。

インディーゲームを作るための開発費や期間はどのくらい?

インディーゲームを作るための開発費や期間はどのくらい?
インディーゲームを売れるものにするためには、さまざまな努力が必要なことがわかりました。

では、クオリティーの高いゲームを作るにあたって、開発費や期間はどれほど必要なのでしょうか。

開発費はどれぐらい?

開発費に関しても、クオリティーによって差があります。

低予算で作ることができるというのが、インディーゲームの売りです。

しかし、キャラクターや音楽などが自作できない場合、外注する必要があります。

そのため数十万〜数百万円は必要だと考えましょう。

開発期間はどれぐらい?

開発期間は、プレイ時間やクオリティーによって変わってきます。

よりクオリティーの高いものにすると、期間は延びていきます。

クリアにかかる時間が1時間だとすると「×100時間」は必要だと考えるのが妥当です。

気軽に始められるインディーゲーム作成ですが、作り込もうと思うとお金と時間がかかってきます。

ダラダラ作成するとさらにかかってきます。

ゲームを開発する際にはスケジュール管理、コスト管理を意識していきましょう。

未経験からゲームクリエイターになれるおすすめ専門学校・オンラインスクール3選

ゲームクリエイター・ストリーマーになるためのゲームの学校・スクールはたくさんあるけど、結局どこがいいんだよー!!

ばこ
ばこ

そんなあなたに当サイトおすすめのゲーム専門学校を3つご紹介します!

ヒューマンアカデミー【ゲーム企業と連携多数!有名ゲーム会社に就職実績あり】

  • スクエニなどゲーム関連協力企業数はなんと300以上!
  • リアルタイムの業界の最先端教育を受けられる
  • 現場で求められている技術の習得が可能
  • プロによる授業を受けられる
  • 専門校には珍しい2年・3年の選択制可能

ヒューマンアカデミーは、全国19カ所に校舎があるので通いやすいのがポイント。

どこの校舎にもプロの講師がいるので質の高い授業を受けられます。

業界セミナーや企業課題への協力やインターンシップなど現場の知識や経験を積む環境が整っているので即戦力となることができます。

また、業界からの評価や知名度も高いので大企業・有名企業からの求人も多く、全国に校舎があるので、地方にいても大都市情報を常に共有し、希望の企業に就職できるチャンスが多いです。

2024年から3年制が開講。

もっとゲームについて学びたい!という方におすすめです。

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント

プロゲーマーを目指すかたはこちらeスポーツカレッジをチェック!

最短1年でプロになれる!
世界で活躍するプロゲーマーから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジの詳細を見てみる

無料で資料請求して夢を叶える

代々木アニメーション学院【知名度抜群!40年以上の実績は間違いなし!】

  • 未経験からゲームクリエイターになれるカリキュラム
  • ゲーム企画・Unity開発・CG制作などクリエイターになるためのスキルを習得
  • CyGame・サイバーエージェント・グリー・バンダイナムコなどゲーム会社への就職実績多数
  • 全国に学校があり、地方から大都市への就職も有利

代々木アニメーション学院は数多くのゲーム開発者を輩出してきた学校です。

全国に学校があるので上京や一人暮らしをする必要がありません。

全国的にネットワークがあり、有名企業とも連携しているので地方に住んでいても大都市への就職が有利なのもポイント。

講師は全員プロのゲームクリエイター。開発力を身に付けた2年目からはインターンシップも盛んに行われており有名ゲーム会社への就職チャンス多数。

ゲーム会社に就職できる実践力を身に付けて
未経験からプロのゲームクリエイターに
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ資料請求してゲームクリエイターへの一歩を踏み出そう

テックアカデミー【講師の質が高い】

テックアカデミー

  • 現役エンジニアから現場を学ぶ
  • 挫折せずやる気が続く
  • メンタリングは1回30分程度ビデオチャットでなんでも相談OK
  • メンターの通過率はたった10%なので講師の質は高め

TechAcademy(テックアカデミー)は、確かな指導力を持つ現役エンジニアから学べる、オンライン型のプログラミングスクール。

決まった時間にレッスンがあるわけではなく、メンター(講師)のフォローのもとまずは自主学習→疑問点はすぐメンターに質問という流れ。レッスンがない代わりにメンタリングがあるのが特徴です。

ほかのスクールとの違いは、講師の「質」。
メンターになるための選考は、通過率なんと10%の狭き門

ITスキルのみならず「講師」としての適性を持つエンジニアが指導にあたってくれるため安心です。

\専属メンターが徹底サポート/
オンラインでプロになる
テックアカデミーUnityコースを見てみる

気軽にメンターに相談

まとめ

  • インディーゲームが儲かる確率は少ない
  • 売れるためにはプロデュースしていく必要がある
  • 費用は数十万〜数百万円以上
  • 期間はクリアまでにかかる時間×100時間が妥当

インディーゲームは、人気になれば儲かりますが、認知されない場合もあります。

そのため「自分でどれだけ売り出していけるか」が、キーになるのでしょう。

なにもせずに売れることはほぼありません。

しっかりと自分の作品をPRしていきましょう。

しかし、売り出していくには、自作ゲームのクオリティーをあげるのが最優先ですよ。

当サイトでもUnityゲーム講座を紹介しています。

コチラの記事をヒントに面白いゲームを作成していきましょう!



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました