インディーゲーム開発がレッドオーシャンと呼ばれる理由

ゲームクリエイターになりたい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
5種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

インディーゲーム開発のレッドオーシャン化

レッドオーシャンとは、競争が激しいという意味する言葉です。

近年では、この言葉を耳にする機会も増えてきました。

これはつまり、インディーゲームの開発を行う人が多くなっているということです。

そのような現象から、インディーゲーム開発がレッドオーシャンと呼ばれています。

*この記事はこんな方におすすめ*

  • インディーゲームの開発をするときに気を付けたいポイントを知りたい
  • インディーゲーム開発がレッドオーシャンと言われる理由を知りたい

この記事では、インディーゲームの開発がレッドオーシャンだと呼ばれている理由を解説していきます。

また、レッドオーシャンに挑むメリットやデメリット、開発に欠かせないポイントもチェックしていきましょう。

レッドオーシャンでもインディーゲームを作るメリットはありますよ!


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

インディーゲーム開発がレッドオーシャンといわれる理由

日本のみならず、世界中で、ゲームの数は年々増え続けています。

その中でも特に勢いがあるのが、インディーゲームです。

インディーゲームは、個人開発のため、気軽に作れるというのが魅力。

そして、スマホなどが普及したこともあり、誰でも簡単に遊べる「アプリゲーム」も盛んです。

プレイをする側からすれば、たくさんのゲームを遊べるので、嬉しいと思う方も多いでしょう。

しかし、開発者側からすれば『ゲームの数が多くて、自分が開発したゲームが注目されない』という事態に。

また、大規模な企業の参入もあり、爆発的にゲームの数が増えているのが現状です。

大規模な企業が加わることで、インディーゲームとはいえど、クオリティーも宣伝力も相当な力があります。

そのため、余計に個人で行う自分の作品が目立たなくなります

このような事態により、インディーゲーム市場はレッドオーシャンと呼ばれているのです。

レッドオーシャン化で挑むメリット・デメリット

さて、レッドオーシャン化しているインディーゲーム開発ですが、そのおかげで市場が安定しているといえます。

そのため、少し注目されると大ヒットまで望めることも。

ひつりん
ひつりん

レッドオーシャン化が一概に悪いものとはいえませんね。

では、レッドオーシャンのなかインディーゲームを作るメリット・デメリットは、どのようなものがあるのでしょうか。

メリット

市場が安定(大きくなっている)しているため、ヒットすれば確実に売上を得られます

また、流行りを知れるので、軌道に乗れば利益に繋がりやすいです。

デメリット

目に留めてもらえる機会が少ないため、新規での参入が難しいです。

ユーザーが面白いと感じるアイデアとインパクトがなければ、売上どころかプレイすらされません

競争は激しいのですが、市場が拡大しているのでヒットすれば売上がすごい!という特徴がいまのインディーゲーム開発です。

インディーゲームを開発するのに必要なこと

レッドオーシャン化しているからといっても、ゲーム開発をしたいですよね。

「今からインディーゲームを作るのはやめたほうがいい!」というわけではありません。

また、インディーゲームで生計を立てられるほど、売り上げている方がいるのも事実です。

そのため、夢を追いかけることが悪いわけではありませんよ。

しかし、生計を立てられるヒット作を生み出すのは、ごく一部だけ。

インディーゲームを開発し儲けようとするには、それなりの覚悟が必要です

また、覚悟だけでなく、売れるインディーゲームを開発するには必要なことがあります。

新たな世界観で挑む

誰も挑戦したことないような世界観で挑むと、注目を浴びやすいです

「どんなものだろう?」という興味が、消費者を惹きつけます。

そのため、新しいアイデアを生み出せる人が、インディーゲームで成功を掴みやすいです。

世界中で大ヒットを記録した『マインクラフト』も、あら目のドット風で世界を表現するという今までなかった世界観で注目を浴びました。

「こんなゲームが欲しかった!」という願いを叶えやすいため、自分が描く自由なゲームを考えるのもおすすめです。

そもそも、インディーゲームは「こんなゲームを作りたい」という自由な発想から生まれたもの。

そのため、新たな世界観はインディーゲームにとって忘れてはいけない重要なポイントです。

トレンドをチェックする

新たな世界観で挑むのが大切だと上記で述べましたが、トレンドを抑えておくことも大切です。

「今、求められているものは何なのか?」これを知っているだけで、ヒット作を生み出すヒントになるでしょう。

トレンドと関連するワードから、ゲームのアイデアを出すのもおすすめ。

2020年に任天堂から『あつまれどうぶつの森』が発売されましたよね。

この年は「どうぶつ」というワードの検索数が多かったです。

その検索数の多いワード「どうぶつ」から連想された『どうぶつタワーバトル』が、爆発的にヒットしました。

このような小さな発見で、ヒット作を生み出したクリエイターも多いです。

そのため、トレンドのチェックは、インディーゲーム開発に欠かせません

まとめ

この記事では、インディーゲームがレッドオーシャンだと呼ばれている理由を解説しました。

レッドオーシャン化していても、ゲーム開発を諦める必要はありません。

しかし、戦略を立てればチャンスはありますが、厳しい世界なのも現実です。

挑む前にしっかり考えて、自由なゲーム開発を楽しみましょう。

インディーゲームを作りたいらインディーゲームスタジオに入りたい!と考えている方はコチラもチェック!



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
5種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました