ゲームクリエイターのインターンシップの体験方法。専門学校からが確実! | Unity入門の森 ゲームの作り方

ゲームクリエイターのインターンシップの体験方法 専門学校からが確実!

ゲームクリエイターになりたい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

ゲームクリエイターは、ここ数年で「なりたい職業ランキング」で上位に名前が挙がる職業となりました。

競争の激しいゲーム業界では、たくさんの経験が武器になります。

「業界の理解を深めること」「実践的なスキルの獲得」など、プロへの一歩として、インターンシップが若いクリエイターに与える可能性は無限大です。

この記事では、ゲームクリエイターを目指す人々にとって、インターンシップがクリエイターを目指す人にどんな影響を与え、どんな武器になるかを紹介します。

オススメ!高評価のゲーム専門学校・オンラインスクールをチェックしよう!

オススメNo1:総合学園ヒューマンアカデミー

担任制・少人数制で丁寧な指導!ゲーム業界への近道はココ!

詳細はこちら

オススメNo2:代々木アニメーション学院

幅広い学科が魅力!40年以上の歴史あり!

詳細はこちら

オススメNo3:テックアカデミーUnityコース

完全オンラインでゲーム制作スキルを習得!パーソナルメンター付きでオリジナルアプリをリリース!

詳細はこちら

 


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

ゲーム業界のインターンシップのメリット

「就職に有利」とされているインターンシップですが、クリエイター分野であるゲーム業界では、少し特別な意味を持ちます。

それぞれの会社が同じゲームを作らないように、作業への取り組み方やチームとしての方針も会社によって違うものです。

実際にインターンシップに行くことで、得られるメリット

  • 目指している職種に関する疑問が解決しやすい
  • 社会人とコミュニケーションができる
  • 実際にゲーム業界で働いている人から仕事に関する話が聞ける
  • 専門的なスキル・経験値を獲得できる
  • ゲーム開発現場の雰囲気を肌で感じられる

5つを詳しく紹介します。

目指している職種に関する疑問が解決しやすい

まずは言葉より行動あるのみ。
インターンシップで現場体験をすることで、

  • 「ゲーム業界が本当に自分に適しているのか?」
  • 「実際に現場ではどのような仕事をするのか?」

などの不安や疑問を解決できます。

就活をする際には、ゲーム業界に限らず、企業や職種に関する情報や知識を得ることが非常に重要です。

業界や企業の理解が深まると、未来の自分が働くイメージを膨らませやすくなります

今までの漠然としたイメージがより具体的なものとなりますし、自分に合った職業かどうかを判断する1つの材料に。

不安のなくなった、明確な「目標」はモチベーションにも繋がるでしょう。

社会人とコミュニケーションができる

インターンシップで社会人との会話に慣れておくことで、就職後も同僚や上司とスムーズなコミュニケーションを取ることができます。

特にチームで制作するゲーム業界では他の職種より「チームで働ける」ことは重要な要素です。

他にも

  • 人事担当者をはじめ、会社の関係者たちと顔を覚え合うことができる
  • コネクションが広がる
  • 先輩社員と距離が縮まる

といったメリットもあります。

実際にゲーム業界で働いている人から仕事に関する話が聞ける

ゲーム業界のインターンシップは業界で働くリアルな声を聞く貴重な機会です

先輩社員と話をする中で、

  • ゲーム業界の就活でやっておくべきこと
  • ゲーム業界の面接で実際に聞かれる質問
  • ゲーム業界で働くやりがい
  • ゲーム業界で働いていて楽しいこと・辛いこと

などを教えてもらえるケースも少なくありません。

スキル・経験値を得られる

インターンシップ期間中は、必要なスキルや社会人としての経験をする絶好のチャンスです。

それぞれの職種の作業での、スキルや経験値が得られる上に、今の自分に足りない部分を勉強するきっかけになります。

また、プロのクリエイターと話すことで

  • どんな言語やソフトを使えるようになると有利なのか
  • 社会に出てうまくやっていくにはどんなことに気を付けるべきか

と、直接質問できる、いい機会でもあります。

現役のプロから直接フィードバックを得られる貴重な機会を活かしましょう。

ゲーム開発現場の雰囲気を肌で感じられる

ゲームは長い時間をかけて、様々な工程を経て完成します。

それぞれのスキルとアイデアを掛け合わせる開発現場では、その日の予定や作業によって雰囲気も変わっていくでしょう。

プロの開発現場の雰囲気を肌で感じることで、自分のクリエイターとしてのレベルアップにつなげることができます。


ゲームクリエイター専門学校の資料請求はこちら
【学歴不問・高卒、元ニートでも挑戦できる】

インターンシップを受けるべき人は?

では、どんな人がインターンシップを受けるべきなのか。

  • 将来ゲームクリエイターになろうとしている人
  • スキルや経験に不安がある人
  • 自分のスキルが通用するか試したい人

上記の3つに当てはまる人はぜひインターンシップへの参加を検討してみてください。

以下で詳しく紹介します。

将来ゲームクリエイターになろうとしている人

将来ゲームクリエイターになろうとしている人はぜひとも受けるべきです。

自身の制作などのこともあるでしょうが、クリエイターにとって「経験は武器」です。

インターンシップ中なら

  • 業界や企業の雰囲気
  • 自分に合った環境なのか
  • 実際の作業のレベル

などを判断できます。

インターンシップの成果次第では、就職活動をスムーズに進めることができるかもしれません。

スキルや経験に不安がある人

ゲーム業界…。気になるけど、今のスキル・経験で大丈夫かな…

不安な方も、インターンシップに参加してみることをおすすめします。

企業や担当の作業ごとに求められるスキルや経験は変わってくるため

自分のスキルじゃ、できないかも…

なんて、不安な人もいるかもしれません。

でどんな作業をするのか、どのくらいのレベルなのか、確認するためにもチャレンジしてみましょう。

どのくらいのスキルが必要なのかを体感しておけば、ゲーム業界を希望したいとおもった時に、自信をもって動きだすことができます。

スキルが通用するか試したい人

プログラミングやデザインなどを学んだスキルを、ゲーム制作の現場で活用したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

職人のようなスキル重視の職種を志望するのであれば、必要とされるスキルが身についているかどうか確認し、足りない部分を補う、いい機会になるでしょう

ゲーム業界のインターンシップ情報の探し方

ここからはインターンシップ情報の探し方を

  • 専門学校の就職サポートを利用する
  • 企業のホームページを確認する
  • 就活情報サイトを利用する

3つ紹介します。

専門学校の就職サポートを利用する

専門学校では多くの企業との連携があるのでスムーズに話を進めることができます

より実際の業務に近い形で「長期インターン」に応募もできるでしょう。

自分だけでなく、講師や卒業生からのアドバイスを参考に検討していくことも可能で、様々な視点の意見を取り入れられます。

企業のホームページを確認する

目当ての企業のホームページで確実な情報を得られるのが利点。

定期的にチェックしておかないと情報を見逃す可能性があるため注意。

プログラマーやイラストレーター、モデレーターなどの募集もしているので自分のスキルに合ったものを選ぶようにしましょう。

 

就活情報サイトを利用する

就活情報サイトでは掲載されている多くの企業の募集を見ることができます。

しかし業務内容がゲーム関係だけでなく、幅が広いため

自分の思い描いたインターン内容とは違った…

という声もあがっています。

しっかりと問い合わせなどをしてから応募するのが良さそうですね。

未経験からゲームクリエイターになれるおすすめ専門学校・オンラインスクール3選

ゲームクリエイター・ストリーマーになるためのゲームの学校・スクールはたくさんあるけど、結局どこがいいんだよー!!

ばこ
ばこ

そんなあなたに当サイトおすすめのゲーム専門学校を3つご紹介します!

ヒューマンアカデミー【ゲーム企業と連携多数!有名ゲーム会社に就職実績あり】

  • スクエニなどゲーム関連協力企業数はなんと300以上!
  • リアルタイムの業界の最先端教育を受けられる
  • 現場で求められている技術の習得が可能
  • プロによる授業を受けられる
  • 専門校には珍しい2年・3年の選択制可能

ヒューマンアカデミーは、全国19カ所に校舎があるので通いやすいのがポイント。

どこの校舎にもプロの講師がいるので質の高い授業を受けられます。

業界セミナーや企業課題への協力やインターンシップなど現場の知識や経験を積む環境が整っているので即戦力となることができます。

また、業界からの評価や知名度も高いので大企業・有名企業からの求人も多く、全国に校舎があるので、地方にいても大都市情報を常に共有し、希望の企業に就職できるチャンスが多いです。

2024年から3年制が開講。

もっとゲームについて学びたい!という方におすすめです。

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント

プロゲーマーを目指すかたはこちらeスポーツカレッジをチェック!

最短1年でプロになれる!
世界で活躍するプロゲーマーから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジの詳細を見てみる

無料で資料請求して夢を叶える

代々木アニメーション学院【知名度抜群!40年以上の実績は間違いなし!】

  • 未経験からゲームクリエイターになれるカリキュラム
  • ゲーム企画・Unity開発・CG制作などクリエイターになるためのスキルを習得
  • CyGame・サイバーエージェント・グリー・バンダイナムコなどゲーム会社への就職実績多数
  • 全国に学校があり、地方から大都市への就職も有利

代々木アニメーション学院は数多くのゲーム開発者を輩出してきた学校です。

全国に学校があるので上京や一人暮らしをする必要がありません。

全国的にネットワークがあり、有名企業とも連携しているので地方に住んでいても大都市への就職が有利なのもポイント。

講師は全員プロのゲームクリエイター。開発力を身に付けた2年目からはインターンシップも盛んに行われており有名ゲーム会社への就職チャンス多数。

ゲーム会社に就職できる実践力を身に付けて
未経験からプロのゲームクリエイターに
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ資料請求してゲームクリエイターへの一歩を踏み出そう

テックアカデミー【講師の質が高い】

テックアカデミー

  • 現役エンジニアから現場を学ぶ
  • 挫折せずやる気が続く
  • メンタリングは1回30分程度ビデオチャットでなんでも相談OK
  • メンターの通過率はたった10%なので講師の質は高め

TechAcademy(テックアカデミー)は、確かな指導力を持つ現役エンジニアから学べる、オンライン型のプログラミングスクール。

決まった時間にレッスンがあるわけではなく、メンター(講師)のフォローのもとまずは自主学習→疑問点はすぐメンターに質問という流れ。レッスンがない代わりにメンタリングがあるのが特徴です。

ほかのスクールとの違いは、講師の「質」。
メンターになるための選考は、通過率なんと10%の狭き門

ITスキルのみならず「講師」としての適性を持つエンジニアが指導にあたってくれるため安心です。

\専属メンターが徹底サポート/
オンラインでプロになる
テックアカデミーUnityコースを見てみる

気軽にメンターに相談

まとめ

結論として”ゲームクリエイター”としてインターンに参加するのであれば充実したサポート体制の、専門学校から参加するのが確実です。

実際の現場で学べる知識、得られる経験、そして築ける人脈は、どの教室やオンラインコースでも提供されないものです。

特に、専門学校を通じたインターンシップは、業界との強いつながりを持ち、より実践的な形で参加するため、ゲームクリエイターを目指す学生にとって、非常に有効な1ステップとなります。

 

例えば、ヒューマンアカデミーゲームカレッジなら長期インターンシップ制度があります。

習得したスキルを最大限に活かすことができるだけでなく、実際の職場で働く人々を近くで観察できるため、非常に貴重な経験が得られます。

ひつりん
ひつりん

ヒューマンアカデミーに興味がある方は、学校で詳しい話を聞いてみましょう!

進路決定率は95.6%
未経験からプロになる
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを見てみる

無料の資料請求でスクエニ開発陣からの特別動画プレゼント



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
11種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

コメント

タイトルとURLをコピーしました