Unityを使ったゲーム開発に必要なパソコンのスペックを解説

Unityを使ったゲーム開発に必要なパソコンのスペックを解説 ゲームクリエイターになりたい


Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き

Unityでゲームを開発したい。

開発したいと言っても、AppStoreで公開するのか、またはSteamで公開するのかで必要なOSが変わったりします。

具体的にはPC・Android・VR向けゲームを開発する場合はWindows OSでいいのですが、AppStoreで公開したい場合はApple製のMacパソコンが必要になります。

その他にも、

  • CPUやGPUはどれくらいのものを積めばいいのか
  • 2Dゲームと3Dゲームの開発で必要なスペックは違うのか

といったところで疑問を持つ方も多いでしょう。

どのパーツを性能がいいものにすればいいのか、どのパーツは気にしなくていいのかなど、スペック決めは知識が無いと難しいですよね。

そこで今回は、Unityを使ったゲーム開発に必要なパソコンのスペックを解説していきます。


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

Unityでゲーム開発するために必要なPCスペック

Unity開発するための開発スペック

まずは、Unityで開発するにあたって最低限必要になるスペックを紹介します。

最低要件

Windows

macOS

Linux

OSバージョン

Windows 7, 10, 11 64bit

High Sierra 10.13 以降

Ubuntu 20.04、Ubuntu 18.04、CentOS 7

CPU

SSE2命令セットをサポートするX64

グラフィックスAPI

DX10、DX11、DX12 対応のGPU

Metal 対応の Intel と AMD GPU

OpenGL 3.2 以降か Vulkan 対応の NVIDIA と AMD GPU

※実際のパフォーマンスとレンダリング品質は、プロジェクトの複雑さによって異なります。(Unity 2020 LTSのシステム要件より引用)

また、開発したゲームを公開する場合の各プラットフォームと必要OSは以下の通り。

公開プラットフォーム名

必要OS

AppStore

Mac
iPhone or iPad(iOS)

WindowsStore

Windows

Google Play Store
Steam
AmazonAppStore など

Windows
Mac
Linux

最低スペックを見ても何のことかわからない、という方もいるかもしれませんが、基本的にはよっぽど古いPCで無い限り要件を満たしていると考えてよいです。

マシンパワーがあるのでデスクトップPCの方がおすすめではありますが、最近のPCであればノートパソコンでも通常のスマホゲーム開発であれば問題なく行えます。

まず大前提としてiPhoneやiPad用のゲームを開発したいかどうかですね。apple製の端末で遊べるゲームを作るためには必ずMacのXcodeと呼ばれる開発ツールが必要になります。これはWindowsでは使えません。

そのため、iPhoneアプリを作りたい場合はMac一択となります。

ですが、Androidアプリ、Steamやブラウザゲーム用途のPCゲーム、VRゲームを開発することが目的ならMacでなくても大丈夫です。

Macは最近出たMacBook Air M1シリーズ以外の価格がお高めなのでお財布と相談しながら選びましょう。ノート型PCでパワフルなMacBookでおすすめです。

Macを使ってのWindows向けの開発は可能なので、金銭的に余裕のある方はMacの購入を検討してみるのがおススメです。

そこそこのスペックで軽くて使いやすいノートPCを使ってUnity開発する場合はSurfaceシリーズも候補になってきます。

当サイトUnity入門の森の管理人ばこもモバイルゲーム開発などで軽量ノートPCを使いたい時はSurfaceシリーズを利用しています(重たい3DゲームやVRゲーム開発を行う場合はデスクトップPCを利用しています)。

また、VRゲームを開発する場合はPCとは別にVR端末を用意しておく必要が出てきます。Oculus Quest2を手に入れておきましょう。

ゲーム開発時には色々なソフトを起動しながら開発することが多いので、メモリを多く積んでおく(16G以上)ことが重要です。

積んでいるメモリが少ないと、保存ができていないのにソフトが急に終了してしまう、ということも起こりうるので、こまめな保存を心がけましょう。

ただし、例外として海外向けのモバイルゲームを開発する場合はそこまで高スペックなPCは必要なかったりします。

東南アジア圏や南米圏ではまだまだ最新のスマホが行き渡っていない地域も多く、低スペックでも動くゲームとして完成させることが要求されます。

処理が重たくて落ちてしまうゲームを作っても誰もプレイしてくれませんからね。

2Dゲーム開発向けPC

2Dゲーム開発向けPC

2Dゲームの開発にはあまり高スペックなPCは必要ありません。

派手なエフェクトなどを多く付けたい場合は処理が重くなるので、3Dゲーム開発向けPCを買った方がいいので、そちらをご覧ください。

GALLERIA RL5C-G50

GALLERIA RL5C-G50

引用:GALLERIA RL5C-G50特設サイト

OS

Windows 10 Home 64ビット

CPU

Core i5-11400H

GPU

GeForce GTX 1650 4GB

メモリ

16GB DDR4 SO-DIMM

HDD/SSD

512GB NVMe SSD

光学ドライブ

無し

こちらはゲーミングノートPCとなっているので、モニターなどを持っていない方や、あまりスペースに余裕のない方にオススメ

ゲーミングPCの中でもかなり安いので、低予算で開発環境を揃えたいと考えている方も要チェックです。

ゲーミングノートPC パソコン GALLERIA ガレリア RL5C-G50 Core i5-11400H/GTX1650/16GBメモリ/512GB SSD/15.6フルHD/Windows 10 Home 10284-3115

LEVEL-M05M-114-RFX-L

LEVEL-M05M-114-RFX-L

OS

Windows 10 Home 64ビット

CPU

Core i5-11400

GPU

GeForce GTX 1650 4GB GDDR6

メモリ

DDR4-2933 DIMM (PC4-23400) 8GB(8GB×1)

HDD/SSD

500GB NVMe対応 M.2 SSD

光学ドライブ

DVDスーパーマルチ

デスクトップPCはノートPCに比べて電源の電圧が高くなっているので、安定して動作します

10万ちょっとで購入できるのも魅力。

デスクトップPCを使う環境が整っている方、安定した動作を求める方はこちらがオススメ。

3D・VRゲーム開発向けPC

3Dゲームの中でもVRゲーム開発をするなら、グラフィックボードが高性能かつメモリが16GB以上のものが好ましいです。

GALLERIA RM5R-G60S

GALLERIA RM5R-G60S

引用:GALLERIA RM5R-G60S特設サイト

OS

Windows 10 Home 64ビット

CPU

Ryzen 5 3500

GPU

GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6

メモリ

16GB DDR4 SDRAM

HDD/SSD

500GB NVMe SSD

光学ドライブ

無し

CPUがAMDシリーズなので、少し玄人向けの構成となっています。

3Dゲームは必要な容量も大きくなるので、予算に余裕がある方はHDDを増設することをオススメします。

LEVEL-R969-127-VAX

LEVEL-R969-127-VAX

引用:LEVEL-R969-127-VAX特設サイト

OS

Windows 11 Home

CPU

Core i7-12700

GPU

GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X

メモリ

DDR4-3200 DIMM (PC4-25600) 16GB(8GB×2)

HDD/SSD

1TB NVMe対応 M.2 SSD

光学ドライブ

無し

VRゲームを開発する場合は、GPUがかなり高性能でないと難しいので、こちらのPCがオススメ。

また、フォトショップなども併用しながら開発を行う予定がある場合はメモリを8~16GB増設したほうが動作は安定します。

迷ったら‎NM-C711SHR6ZNがおすすめ

OS

Windows 10 Home 64bit

CPU

Core i7-11700 プロセッサー

GPU

GeForce RTX 3060 (ビデオメモリGDDR6 12GB)

メモリ

16GB PC4-25600 (8GB×2、DDR4-3200) スロット数:2 (空き 0)/ 最大32GB

HDD/SSD

SSD:256GB NVM Express SSD (M.2 PCI Express 接続) / HDD 1TB

光学ドライブ

DVDスーパーマルチドライブ

まよったら‎マウスコンピューターのNM-C711SHR6ZNがおすすめ。

CPU、GPU、メモリ、HDDとSSDの容量など、様々な面で高性能なパーツが揃っており、2D、3Dどちらの開発も行うことができるPCです。

もちろんVRを動かすことも可能なので、そちらの開発をしたい方にもオススメです。

またマウスコンピューターのサポートの良さも魅力。

開発だけではなく動画編集したい方もおすすめのPCとなっています。

Unity入門の森の管理人も日頃の開発はマウスコンピューターのPCを利用しています

まとめ

今回は、Unityを使ったゲーム開発に必要なパソコンのスペックを解説しました。

今回の記事についてまとめると、

  • iOSのアプリ開発にはMacが必須
  • 2Dの開発は低スペックでも可能
  • 迷ったらNM-C711SHR6ZNがオススメ

という3点です。

Unity自体の起動はあまりスペックを必要としないので、触りだけやってみたい方などは自分のPCに一度インストールしてみるのもいいでしょう。

管理人ばこのおすすめのUnity開発PCはデスクトップならマウスコンピューター、軽量なノートPC開発ならSurface Pro、iphoneアプリをリリースしたい場合はMacBookです。

実際に管理人は3台のPCを使い分けて開発しています。もちろんいきなり3台用意する必要はありません。自分の開発スタイルに合った1台をまずは選んでみてください。



Unity入門の森オリジナル本格ゲーム制作講座はこちら
7種類の本格ゲームの全ソースコード公開・画像&動画による解説付き


【Line登録者限定のプレゼントもあるよ!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました