プロゲーマーの専門学校に進学したその後の末路とは?

プロゲーマーになりたい

プロゲーマーの専門学校に入学すれば、プロの講師にアドバイスをもらいながらゲームに打ち込めます。

大学進学や高卒で就職をするよりは、早く確実にプロゲーマーになれるでしょう。

ですが、専門学校に入学したいけど

もしプロになれなかったら将来どうなるんだろう…

実はプロになれる自信があんまりないんだよなぁ…

と不安になってしまうことはありませんか?

そこで今回は、プロゲーマーになれなかった人の末路をご紹介します。
プロゲーマーをあきらめた後、どんな職種に就けるのかも解説しますね。

プロゲーマーになれなかった人の悲しい未来

もしプロゲーマーになれなければ、ほとんどの人には厳しい生活が待っています。

というのも、一部の専門学校は、国から「学校」として認められていません。

いくら「俺は専門学校を卒業したんだ!」と言い張っても、学歴は高卒のままなんです。

 

そのため、多くの人が

  • 20歳
  • 高卒
  • 2年間職歴なし
  • スキルもゼロ

という、どこの企業も雇いにくい履歴書になっています。

面接を受けるときも毎回「この2年間何してたの?」と質問され、「ゲームをしてました!」と言うしかなくなるんです…。

 

さらに、ゲーム以外のスキルを身につけることができないため、就職するのにも一苦労。

他の人が自分のなりたい職業に就いていく中、自分ひとりが取り残されていきます。

 

最悪の場合は生活保護を受けることになって、友達どころか、家族とすら顔を合わせづらくなるでしょう…。

専門学校に入学してプロゲーマーになれなかった人の進路

プロゲーマーになれなかった人の進路は、以下の5つが代表的です。

  • esports関係の職業
  • 介護職
  • 肉体労働系
  • フリーター
  • フリーランス

esportsに関わる仕事もありますが、ゲームとはまったく関係のない仕事をする人が多いです。

esports関係の職業

プロゲーマーの専門学校のホームページを見ると、いろいろなesports関係の進路が書いてあります。

  • esportsのイベントスタッフ
  • イベント司会者
  • esportsライター
  • ゲーム実況者
  • ゲームイベントの企画運営

ぱっと見だと、「え、普通にいいじゃん!」と思う人も多いですよね。

 

ですが、ホームページのどこを見ても、どの職業に何人進んだかが書いてありません。

もしesports関係の仕事をしている人が多いなら、積極的にアピールしているはずなので、実際はかなり厳しい状況というわけです。

 

月収数十万円をもらいながらゲーム関係の仕事ができるものの、あまり期待は持てませんね。

介護職

介護職は、老人ホームなどで高齢者の身の回りのお世話をするお仕事。

無資格、未経験でもなれるため、プロゲーマーをあきらめた人がなることも多いです。

(実はプロゲーマーのウメハラさんも元介護職。)

 

ただ、介護職は常に人手不足なので、少ないスタッフで毎日残業をしながら回しています。

介護士をしている僕の母は、朝8時から夜8時過ぎまで働くことがほとんどです。

肉体労働系

引越し業や土木作業員なども、プロゲーマーの専門学校を卒業してから就ける職種。

重い荷物を運んだり道路工事をしたりと、自分の肉体を駆使して働きます。

 

僕の友人は中卒で30万円近くもらっていましたし、給料面はかなりいいですね。

 

ですが、体を鍛えないといけないのと、外作業ばかりというデメリットもあります。

日頃から運動をしているなら問題ありませんが、インドア派の人には少しきつい職業です。

フリーター

専門学校卒業後は、コンビニやネットカフェのアルバイトとして働く人もいます。

  • 接客
  • 商品の棚だし
  • 清掃

など、高度なスキルがいらないのはありがたいですね。

さらに、働きぶりによっては、アルバイトからそのまま正社員になることもできます。

 

ただ、フリーターはかなり給料が低く、週6日働いたのに手取り15万以下ということも…。

給料が上がっていくこともほとんどないので、基本的にはおすすめしません。

フリーランス

プログラマーやwebライターなどは、パソコン一台で好きなときに好きな場所で働けます。

納期さえ守ればいつどこで何をしていても良いので、魅力の多い仕事です。

 

会社員と違って保証が少ないというデメリットはあるものの、人によっては月収100万円以上を稼ぐ人も。

もしプロゲーマーになれなくても若ければ生きていける

プロゲーマーになれなければ、つらく厳しい現実が待っているのは事実。

しかし、プロゲーマーになれなかったからといって、働き口がまったくないわけではありません!

 

お年寄りの世話が好きなら介護職がありますし、やる気さえあれば肉体労働でたっぷり稼ぐこともできます。

さすがに「30代・無職・スキルなし」になると難しいですが、若ければいくらでも就ける職種はあるんです。

 

また、これからはIT産業が伸びていくので、パソコンに強い人はかなり有利。

専門学校に行ってプロゲーマーを目指すことが、すべてムダになることはありませんよ。

本気でプロゲーマーになりたい人は専門学校に行って夢をつかもう!

プロゲーマーを目指した経験は、必ず仕事を始めてからも役に立ちます。

 

大会で勝つための努力や対戦相手の分析など、本気でゲームを頑張ったからこそ身につくものだってありますよね。

プロゲーマーになれなくても就ける職種はいろいろありますし、周りの意見に流されて自分の夢を捨てることはないんです!

 

もしここでプロゲーマーの夢をあきらめれば、これから先ずっと後悔して生きていくことになります。

あのときプロゲーマーを目指していれば…

やっぱりプロゲーマーになりたいけど、この歳じゃもう無理だよな…

そうやって一生悔やみ続けるなんて、僕なら耐えられません..。

 

やらない後悔よりも、やる後悔。

本気でプロゲーマーになりたいと思った人は、専門学校に行ってあと2年だけ頑張ってみませんか?

まとめ

  • プロゲーマーになれなければ悲しい結末が待っている
  • 専門学校を卒業してもesports関係の仕事をするのは難しい
  • 介護職や肉体労働、フリーターになる人が大半
  • ただ、若ければいくらでもやり直せる
  • 一生後悔しないためにもあと2年だけ本気でプロを目指そう

プロゲーマーになれなければ、2年間を棒に振るだけでなく、夢まで失ってしまいます。

周りの目を気にして、惨めな思いをすることもあるでしょう。

 

ですが、本当に成功する人は、どんな分野でも自分の信じた道をとことん突き進みます。

若ければ可能性はいくらでもありますし、たった2年間の専門学校をためらうことなんてありません。

考えても分からない将来におびえる前に、いま目の前にある「プロゲーマー」という夢を追いかけてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました