eスポーツインストラクターのなり方 年収や必要な資格もチェック

プロゲーマーになりたい

eスポーツに携わる仕事として、「eスポーツインストラクター」という職業が注目されています。

2020年のeスポーツ業界の市場規模は66.8億円で、今後ますますニーズが高まることが予想されます。

eスポーツインストラクターは、世界で活躍するプロゲーマーを影から支えるやりがいのある仕事です。

また、知識やスキルを身に付けておけば、eスポーツ専門のスクールで、講師として学生を指導することも可能です。

こちらでは、eスポーツインストラクターのなり方・年収・必要な資格について徹底解説します。

eスポーツインストラクターに興味がある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

最短1年!短期間でプロ!
世界で活躍するプロから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジ公式を確認する

無料で資料請求!

eスポーツインストラクターとは?

eスポーツインストラクターは、プロチームが目標や課題を達成するために、戦略に関するアドバイスをしながら指導を行う人のことです。

プロゲーマーの練習や試合に同行し、対戦チームの情報収集・分析をしながら、大会で良い結果を残せるようにサポートします。

自分が携わったプロチームが、見事、勝利を収めることができた際には、喜びや達成感を味わうことができます。

また、eスポーツインストラクターの中には、eスポーツの専門スクールで働く方もいます。

これからeスポーツ業界での活躍を目指す方に、eスポーツの知識や技術を教える仕事で、eスポーツの普及や認知拡大に貢献することができます。

最近では、eスポーツを通して、子どもたちを教育する「eスポーツキッズインストラクター」の活躍も目立っています。

eスポーツを学べるキッズスクールの数も、年々増加しているため、今後eスポーツインストラクターへの需要がますます増えていくことでしょう。

eスポーツキッズインストラクターを育成するスクールもありますよ。

e2アカデミーの詳細はこちら
【まずは無料カウンセリング】

eスポーツインストラクターの年収

推定年収 300〜500万円
主な収入源 所属するプロチームからの給与・スポンサー企業からの支援など

現在のところ、eスポーツインストラクターの年収は高給という訳ではありません

しかし、eスポーツの発展に伴い、スポンサー企業が増えてくることから、今後年収が上がっていくことが予想されます。

eスポーツインストラクターは、業界の情報収集を積極的に行い、選手のコンディショニングに気を配りながら、効率の良い練習ができるようサポートします。

チームのレベルが向上すれば、世界に進出する選手も増えてくるため、eスポーツインストラクターとしてのキャリアアップを実現することができるでしょう。

eスポーツインストラクターに必要な資格

eスポーツインストラクターになるために、特に必要な資格はありません

そのため、企業に採用されれば、直ぐにeスポーツインストラクターを名乗ることが可能です。

ただし、eスポーツインストラクターは、プロチームや専門スクールの学生を指導をするのが仕事ですから、eスポーツの専門知識やスキルは必須となります。

スポーツ選手などと同様、資格よりもeスポーツの実力が求められる世界なので、努力次第でキャリアの幅を広げられる職種であると言えます。

しかし、全く資格を取得しない!というよりは取得しておいたほうが何かと有利。

当サイトでは、ゲームクリエイターにおすすめの資格を紹介しています。

資格取得でお悩みの方はぜひチェックしてください。

 

最短1年!短期間でプロ!
世界で活躍するプロから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジ公式を確認する

無料で資料請求!

eスポーツインストラクターのなり方

eスポーツインストラクターになるためには、2つの方法があります。

ここからは、

  • すぐにeスポーツインストラクターとして仕事をしたい方
  • スキルアップをしてからeスポーツインストラクターを目指す方

のために、2つの方法について詳しく解説します。

すぐにeスポーツインストラクターとして仕事をしたい方

すぐにeスポーツインストラクターになりたい方は、ゲーム業界に特化した転職エージェントを利用してみましょう。

求人数が多く、eスポーツ業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍している転職エージェントに登録をすれば、あなたにぴったりの企業を紹介してもらうことができます。

また、履歴書添削や面接アドバイスなどの就職サポートが充実していれば、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。

ただし、最近のeスポーツインストラクターの求人を確認してみたところ、

  • eスポーツの深い知識がある
  • 国内外問わず大会に出場した経験がある
  • 大会での実績がある

といった人材を求めている企業が多いことが分かります。

元プロゲーマーや元インストラクターなどの、経験者に絞って募集を行っています。

そのため、未経験の方やeスポーツの知識に自信がない方は、プロ講師からeスポーツを学べるスクールを探し、eスポーツのスキルを習得しておくことをおすすめします。

eスポーツを学んだ実績をアピールすることにより、企業に内定をもらいやすくなります。

ゲーム業界の強い転職エージェントに登録しておき、求人が来たら紹介してもらうようにしましょう。

そうすればいち早くeスポーツの世界に飛び込めますよ。

テックスターエージェント公式サイトはこちら
【無料カウンセリング実施中】

スキルアップしてからeスポーツインストラクターを目指す方

スキルアップをしてからeスポーツインストラクターを目指す方は、eスポーツが学べる専門スクールに入学し、eスポーツを基礎から学びます。

eスポーツのカリキュラムを提供している専門スクールは多々存在しますが、最近ではプロチームを運営している専門スクールが話題となっています。

ヒューマンアカデミーの「eスポーツカレッジ」では、1年間を通してプロチーム「Crest Gaming」が監修した教育プログラムのもと、eスポーツの戦略・スキル・心構えなどを学習します。

現役のプロゲーマーが直接指導をしてくれるため、独学では学べない実践的なノウハウも習得できます。

また、eスポーツ関連企業へのインターンシップや、eスポーツチームへ加入チャンスも用意されているので、在学中からeスポーツ業界での活躍が実現できます。

eスポーツインストラクターとして指導を行うためには、やはりある程度の実務経験が必要です。

そのため、スキルアップをしたい方はeスポーツが学べる専門スクールに通うことをおすすめします。

ひつりん
ひつりん

おすすめはヒューマンアカデミーのeスポーツカレッジ。

次は資料請求や学校見学の方法を詳しく説明します。

ヒューマンアカデミー「eスポーツカレッジ」の資料請求・学校見学の方法

ヒューマンアカデミー「eスポーツカレッジ」の公式サイトでは、無料の資料請求サービスの申込みが可能です。

また、学校見学の申込みも受け付けています。

eスポーツインストラクターとして活躍したい方は、ぜひeスポーツカレッジの資料を取り寄せてみてください。

ひつりん
ひつりん
 
 
 
 

カリキュラムや学校生活、プロチームの詳細を知ることができ、自分に合っているかどうかを確認することができますよ♪

最短1年!短期間でプロ!
世界で活躍するプロから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジ公式を確認する

無料で資料請求!

まとめ

こちらでは、eスポーツインストラクターのなり方・年収・必要な資格について徹底解説しました。

eスポーツインストラクターになるためには、特に必要な資格はありませんが、eスポーツに関する深い知識や熱意が必須となります。

eスポーツのスキルに自信がある方であれば、転職エージェントに登録をすることにより、すぐにeスポーツインストラクターとしての働き先を探すことが可能です。

一方で、まずはeスポーツの実力を高めてから、eスポーツインストラクターを目指す道もあります。

eスポーツの専門スクールでは、プロ講師からeスポーツの実践的なスキルを学ぶことができ、eスポーツのプロチームに属して、実際の現場で経験を積むチャンスも用意されています。

はやり実力や経験がある方の方が、企業に採用されやすいのは確かです。

eスポーツの市場規模は年々拡大しているため、知識や技術が十分にあれば、年収アップも実現できます!

1年間でeスポーツのプロを目指せるヒューマンアカデミー「eスポーツカレッジ」では、無料の資料請求サービスが利用できます。

まずは気軽に申し込みをしてみてはいかがでしょうか♪

最短1年!短期間でプロ!
世界で活躍するプロから直接指導!
ヒューマンアカデミーeスポーツカレッジ公式を確認する

無料で資料請求!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました