「プロゲーマーになるために必要なことは勉強」は本当? プロゲーマーを目指すために必要な学力とは

プロゲーマーになりたい

地元の小さな大会に出て経験を積んだり、ネット対戦で全国のプレイヤーと競ってみたり。

親に怒られても1日中やってしまうくらい、ゲームって楽しくて仕方ないですよね。

 

でも、周りの人に

ゲームばかりやっていないで勉強しなさい!

プロゲーマーって頭良くないとなれないんじゃない?

と言われると、「プロゲーマーになるには勉強しないとダメなの?」と疑問に思ってしまいませんか?

そこで今回は、プロゲーマーになるために勉強は必要なのか、について解説します。

プロゲーマーになるためには勉強が必要?

結論、プロゲーマーになるには勉強が必要です。

というのも、勉強をすれば、ゲーマーとして活躍するためのスキルが手に入ります。

  • 相手の考えを瞬時に見抜く力
  • ピンチを乗り越える作戦力
  • 相性最悪でも試合に勝つ発想力

どれもプロゲーマーになるには必要なことばかりですよね。

 

ただ、プロゲーマーになるには、学校の勉強だけがすべてではありません。

そもそも、プロゲーマーに必要な能力とテストで高得点を取る能力は、似ているようでまったく違います。

たとえ学校の成績が悪かったとしても、誰よりもゲームの勉強をやり続けることができれば大丈夫ですよ!

 

勉強をしないとプロゲーマーになれない?

ゲームの才能や人気、圧倒的な実績があれば、学校の勉強をしなくてもプロゲーマーになれます。

 

実際、人気プロゲーマーの「ウメハラ」さんは、高卒ながら日本の賞金ランキングで第3位。

「ももち」さんも高卒で日本ランキング4位の実力です。

高学歴ゲーマーの方が多いのは事実ですが、学校の成績が良くないとプロになれないわけではありません!

ただ、ほとんどのトッププレイヤーは、学校とゲームのどちらも熱心に勉強しています。

  • feakerさん:学年で上位10%の成績
  • Ninjaさん:大学の勉強と部活、ゲームの両立
  • ときどさん:東大卒

彼らのようなトッププレイヤーを目指すなら、学校の勉強で分析力や忍耐力をきたえることも大切ですね。

プロゲーマーになるために必要なこと

ただゲームが上手いだけでは、プロゲーマーになることはできません。

ゲームスキル以外にも、戦略を立てる能力や、人気を獲得する人間力も必要です。

 

ここからは、プロゲーマーになるために必要な6つのポイントをご紹介します。

  1. ゲームスキルを磨く
  2. 仮説検証能力
  3. 大会で結果を残す
  4. 語学力
  5. 人気を獲得する
  6. 忍耐力や覚悟

ゲームスキルを磨く

実力がないと大会に出場しても勝てませんし、そもそも予選落ちして本戦にすら進めません。

そうなれば賞金も獲得できなくなるので、プロゲーマーとして活動するのが難しくなります。

 

プロゲーマーになるには、とにかく死にものぐるいでゲームスキルを磨きましょう。

仮説検証能力

仮説検証能力とは、「なんでうまくいかなかったんだろう?」「どうすれば上手くいくのかな?」と考える力のこと。

仮説検証能力が高い人は、すぐに相手のプレイスタイルを見抜いたり、相手を出し抜く作戦を立てられたりするので勝率も上がります。

 

ちなみに、人気プロゲーマーに高学歴が多いのは、この仮説検証能力が高いからです。

僕も昔は「勉強なんかしても意味ねーだろ」と思っていましたが、実はプロゲーマーになるためには重要なことだったんですね。

大会で結果を残す

大会で結果を残せば賞金がもらえるため、プロゲーマーとしての第一歩を踏み出せます。

賞金額の高いタイトルか、自分が得意なゲームの大会に出場するのがオススメです。

  • Dota
  • Fortnite
  • LOL
  • Shadowverse
  • 荒野行動

 

もし日本の大会で結果を残し続けることができれば、世界大会への出場も視野に入ってきます。

世界大会は賞金額が桁違いですし、一気に人気も上がっていきますよ。

語学力

プロゲーマーになるには英語力が重要です。

という話をすると、「え、プロゲーマーと英語って関係なくない?」と思うかもしれませんね。

 

しかし、日本の大会は賞金額が低く、大きく稼ぐには世界大会での活躍が必須。

そして、世界大会に出場するためには、英語でコミュニケーションを取れるようになっておかなければならないんです。

 

最近は翻訳アプリで会話できるようになりましたが、ゲーム中に使う暇はありませんからね。

人気を獲得する

大会で実績を残していけば、少しづつ知名度や人気も出てきます。

人によってはYoutubeで広告収入をもらえたり、スポンサーがついて活動を補助してくれるようになったりするでしょう。

 

ただ、プロゲーマーとしての人気を集めるには、

  • 親しみやすいキャラクター
  • 圧倒的なカリスマ性
  • 視聴者を楽しませるトーク力
  • 企画力

といった、いろいろな能力が求められます。

あなたの好きなプロゲーマーも、このようなスキルを持っているんじゃないでしょうか?

忍耐力や覚悟

プロゲーマーは、一日のほとんどの時間を練習に費やします。

どんなに疲れていようと、飽きようと、ただひたすらゲームをし続けなければいけないのです。

飽きても同じゲームをしないといけないって、僕なら耐えられないかもしれません…。

 

さらに、大会で結果が出なければ賞金を獲得できないため、生活のためにゲームをするようになります。

気づいたらゲームが趣味からお金を稼ぐ道具に代わり、「勉強せずに好きなことを楽しみたい」という目的を忘れてしまうことも…。

 

プロゲーマーになるには、長時間の練習に耐える忍耐力や、すべてを犠牲にしてでもゲームに打ち込む覚悟が必要です。

学校の勉強をしないでプロゲーマーになる方法は1つだけ

いっさい勉強せずプロゲーマーになる方法は、大会に出て結果を残し、自分でお金を稼ぐことです。

 

そもそも、家族が「勉強しろ!」と言ってくるのは、子どもの将来が不安だから。

プロゲーマーになれる確率は決して高くないので、できれば危ない橋を渡ってほしくないんですよね。

 

ですが、確実にプロゲーマーになれる実績を残して、自分でお金を稼ぐことができれば、誰にも反対されることはなくなります。

実際に、フォートナイトの世界大会に出場した15歳のMaufin選手も

「世界大会が決まってからは親からほとんど怒られなくなった。Youtubeの収益が大卒の2倍くらいはある。」

と言っていました。

 

つまり、日本の大会で上位入賞する実力と、生活費をすべて自分で稼ぐ力ががあれば、勉強しなくてもプロになれるということです。

 

もしあなたが本気でプロゲーマーになりたいなら、まずは大きなesportsの大会に出場してみるところから始めてみませんか?

そこで結果を出すことができれば、家族もあなたの夢を応援してくれるようになりますよ。

まとめ

  • プロゲーマーになるには勉強が必要
  • 上位ランカーはみんな勉強している
  • ゲームスキルの上達や大会での実績作り
  • 人気や語学力もあった方がいい
  • 自分でお金を稼ぐ

もしテストでいい点数を取れなかったとしても、誰よりゲームの勉強をしていれば、プロゲーマーになることはできます。

 

ただ、プロゲーマーには、ゲームスキルはもちろんのこと、大会での実績や人気、自分でお金を稼ぐことも必要。

もし本当にプロになれたとしても、たったの数年でクビになってしまう人もいる世界です。

「30歳・独身・無職」なんてことにならないためにも、学校の勉強だけはちゃんとやっておくことをオススメします。

 

それに、勉強をすればプロゲーマーに必要なスキルも手に入りますからね!

【必見】無料資料請求でスクエアエニックスのゲーム開発の企画動画が見れる学校アリ
令和時代のゲームクリエイターになるための必須スキルがUnity。未経験からでもUnityを学んでオリジナルゲーム制作&ゲーム会社就職が可能なゲーム専門学校・プログラミングスクールの情報をオンライン&対面形式に分けてまとめました。 無料資料請求でスクエアエニックスのゲーム開発企画の動画もらえるので見てみるといいですよ。
プロゲーマーになりたい
unity入門の森 ゲームの作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました