ビリヤードゲームの作り方4 スマホタップに対応させてモバイルゲームを作る

Unity C# ビリヤードの作り方


Unityの本格ゲーム制作講座はこちら
【30日間の全額返金保証付き】

前回まででビリヤードゲームの基本部分が出来上がりました。

前回の記事 : 

ビリヤードゲームの作り方3 ビリヤードを打つ・穴に入ったら消す処理を作る
前回に引き続きビリヤードゲームを作っていきます。前回はビリヤードボールの当たり判定・移動処理を作りました。 前回の記事 :  第3回の今回は「マウスクリックによってボールを打つ、ボールが穴に入ったら消える、リセット」などゲー...


第4回の今回は「スマホタップに対応させてモバイルゲームを作る」です。
では始めていきましょう。 


【Unity入門の森の最新ゲーム開発講座もお届け】

スマホへの対応方法 BuildingSettingの設定方法

スマホへの対応ですが、まずプラットフォームの変更が必要になります。

Unityの上部のメニューから「File→BuildSetting」を開きます。

対応したいスマホのOSによって「IOS」か「Android」を選択して下さい。そして右下の「SwitchPlatform」をおします。

そしてビルドするシーンを登録していきます。

現在開いているシーンを登録する場合は「Add Open Scenes」をクリックすると登録されます。

もしくはエディター「ProjectView」にあるシーンファイルを「Scenes In Build」にドラック&ドロップすることでも登録できます。

登録ができると画像のようにシーンのパスが表示されます。左のチェックマークを外せばビルドから外すことができますが、今回は変更しないで下さい。

ビルドする際は、スマホを接続し下にあるボタン「Build」もしくは「Build And Run」を押してビルドします。

「Build」はビルドしファイルの作成を行い、「Build And Run」は作成終了後自動的に起動しゲームが始まります。

(IOSの場合UnityのビルドのあとにXCodeが開きXcodeでのビルドが始まります。このときに設定次第ではエラーになりますが、Xcodeの詳細はここでは解説しませんので「Unity Xcode ビルド」などで検索してみましょう)

 

タッチ操作への対応

では、ここまで作成したゲームをスマホで操作できるように変更していきます。

まず、もしすでにビルドしてみた方はお気づきかと思いますが、今のままのスクリプトでもスマホで操作できます。

今回使用している

という処理が、スマホでのタップをちゃんと取得しているので今回のゲームの操作では問題なく動きます。

しかし、スマホにはピンチイン・アウトなど2本指以上の指を使用して行う操作も有るため、そのときにこの方法では対応できなくなります。

そのためスマホ専用の方法をつかって今回のゲームのスクリプトを書き換えていきましょう。

 

これがタッチ操作の基本形になります。

 

が、タッチされている指の数を取得しており、0より大きい、つまり1本でも画面に触れていると括弧内の処理を行います。

 

「Input.GetTouch」でタッチしている指の「Touch」クラスを取得でき「( 0 )」でタッチしている中から一番はじめの指を選択しています。

 

そして、取得した指の状況による条件分岐を行い、各フェイズ(Phase)で処理を行います。

TouchPhaseには下記のようなものがあります。

Began 画面に指が触れ始めたとき、触れた瞬間
Moved 画面で指が動いているとき
Stationary 画面に指が触れているが動いてはいないとき
Ended 画面から指が離れたとき、離した瞬間
Canceled キャンセル時

これらを踏まえて、「BallController」を書き換えていきましょう。

全文です。

変更箇所としては、主にマウスクリックだったところをタッチに変更したところです。

と変数名を変更し、

を追加。

のように変更し、また位置の取得を

に変更しています。変数の名前も少し変わっていますが、これは自分のわかりやすい名前にしておけば問題ありません。

このタッチ処理は、複数のタッチを取得できますが、スマホ実機でしか動作しませんのでご注意下さい。

ただし、「UnityRemote5」というアプリを使えば、エディター上での再生をスマホで動作させることも可能です。

興味があれば、お手持ちのスマホで「UnityRemote5」をダウンロードしてみて使ってみてください。

以上で「ビリヤードゲーム」の完成です!お疲れ様でした!

次なるゲーム制作に入っていきましょう!

Unity C# ブロック崩しの作り方 Unity入門チュートリアル講座
この講座では初心者向けのUnity入門ゲームプログラミング講座として、「ブロック崩し」を制作していきます。制作の流れとしては、 1.ブロック・プレイヤーパドル・ゲームフィールドの作成、2.プレイヤーパドルを移動できるようにする、3.壁とプレイヤーパドルの当たり判定を作る、4.ボールの移動処理と当たり判定を作る、5.ブロックを崩す処理とボール反射処理を作る、6.クリア・リトライ・ゲームオーバー処理を作るという手順で進めていき、ブロック崩しゲームを完成させます。

Unity C# ビリヤードゲームの作り方に戻る>>


【Unity入門の森の最新ゲーム開発講座もお届け】

コメント

タイトルとURLをコピーしました